旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ビールを飲んだイスラム教徒女性、ムチ打ち刑は執行されるのか?
マレーシアでイスラム教徒の女性に対し、ムチ打ち6回と5000リンギ(約13万円)の罰金が言い渡された件で、罰金はともかく、肉体への刑罰であるムチ打ちが本当に執行されるのか、注目が集まっています。マレーシアはイスラム教の国ではありますが、比較的穏やかな国で、これまでイスラム法(シャリア)の下で女性に対してムチ打ち刑が執行されたことはなく、もし執行されれば初めてとなります。

宗教裁判所に有罪判決を言い渡されたのは、シンガポール在住の女性、カルティカ・サリ・デウィ・スカルノ(Kartika Sari Dewi Shukarno)さん(32)。正看護師で、時折モデルの仕事もこなす2児の母は、2年前、マレーシア東部パハン州を訪れた際に、ホテルのバーでビールを飲んだとして、イスラム法廷で5000リンギ(約13万円)の罰金とムチ打ち6回の刑を言い渡されました。マレーシアには、一般の司法制度とは別に、イスラム教徒のみを対象とするイスラム法廷が設置されていて、イスラム法(シャリア)はイスラム教徒であれば外国人であろうと適用されますが、そのイスラム法で飲酒は禁じられているのです。

カルティカさんは上告せず、刑を受け入れる方針で、既に罰金を支払っており、後はムチ打ちの執行を待つばかりなのですが、女性に対するムチ打ち刑には抵抗も根強く、、 シャリザット女性・家族・社会開発相も「一般の裁判(の判決)でムチ打ち刑が適用されることはない」と判決を批判。宗教裁判所と一般の裁判所が併存する現状を踏まえて「懲罰も公平であるべきだ」と指摘すると、別の野党議員の女性も「刑罰は教育的なものであるはずで、肉体を傷つけてはいけない」とコメント。 マレーシアのイスラム法学者協会も、「刑の目的は苦痛を与えることではなく、教訓を示すこと。」と説明し、執行者が腕を高く上げたり、受刑者の衣服を脱がせたりすることはなく、皮膚を傷つけないよう細い藤製のムチが使われることなどを強調しています。






しかしカルティカさんも、全く不服でないわけではありません。刑が執行される見通しとなった時、カルティカさんは「刑を恐れてはいない。長い間気がかりだったので、今はむしろほっとしている。見せしめとしての刑だというのなら、執行は堂々と公開してほしい」と主張。カルティカさんの父も、「法律は少しおかしいと思う。向こうが価値観を守る紳士だというのなら、ムチ打ちの刑がどれだけ紳士的なものか、公開して人々に判断してもらうべきだ」と、述べました。そして実際、宗教上の禁を犯しはしたものの、一般的な犯罪行為を行ったわけではないのに、厳しい罰を課すのはどうか…と、議論になったようです。

続きを読む
2009.08.26 | 16:17 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (0) Trackback (1)
ネズミも食べる?!世界最大級の新種の食虫植物が発見される
最後の秘境と呼ばれ、手付かずの自然の残されているリゾートの島、パラワン諸島(フィリピン)。パラワン島は長さ397km、幅約40kmの南北に細長い島で、その大半が熱帯雨林・密林に覆われた高い山岳地帯で占められています(最高峰は南部のマンタリンガハン山で、標高2086m)。貴重な自然が手付かずで残っていて、ダイビングスポットとして素晴らしいだけでなく、プエルト・プリンセサ地底河川国立公園やトゥバタハ岩礁海中公園といった、世界遺産に登録された公園もあります。

そんなパラワン島で、食虫植物の名称変更を迫るかのような発見がありました。なんと、直径30cm という、ネズミすら「消化」可能と見られる、世界最大級の新種の食虫植物が発見されたのです。


フィリピン、パラワン島でネズミも捕食する食虫植物を発見 by Thlegraph.co.uk発見されたのはウツボカズラの仲間で、イギリスを代表する動物・植物学者、デイビッド・アッテンボロー氏にちなみ、「ネペンテス・アッテンボロギ(Nepenthes attenboroughii)」と名付けられました。右の写真は、Stewart McPherson氏とAlastair Robinson氏が率いる植物学者チームがビクトリア山で発見したもの(撮影はSTEWART MCPHERSON氏 by Telegraph.co.uk)。彼らは2000年に、ラジオの中継地を設置しようとして道に迷った2人のキリスト教の宣教師から、山で「巨大な人食い水差し」を見たとの話を聞き、興味をそそられて調査、この発見に至ったとのことです。

ウツボカズラの仲間は、ツボのような形の捕虫器を持っていて、中は酵素を含んだ消化液で満ちていますが、その縁は大変滑りやすく出来ていて、、 通常は昆虫などをここにおびき寄せて、落とし込み、消化するわけです。しかしこの新種の食虫植物は、直径が30cmほどもあるそうで、  
…30cmもあったら、ネズミじゃなくても、小型犬や猫、はたまた人間の赤ちゃんまでも、入ってしまいますね。  いや、さすがにピッタリサイズの動物が消化液で溺れることは考えられませんので、やはり消化されるのは、ネズミなど小動物に限定されると思いますが、McPherson氏も言う通り、よくこんなものが絶滅せず、21世紀まで残っていたものです

それにしても、ウツボカズラの種類って多いんですね。彼らが島で探索したのは2007年の2ヶ月間ですが、その調査結果の詳細は3年掛かりで研究した120種と共に、近く専門誌で発表されるとのことです(そのうち約20種が、このパラワン島での発見のようです)。

…と、最後に。ここでアップした写真についてですが、これは「ネズミも入るサイズだ」と説明するために「入れて見せた」ものであって、発見時には何も入っていなかったとのことです。ただ、マックファーソン氏は、以前ボルネオ島でも巨大な食虫植物を発見しており、その際、それは今回発見したものの半分程度の大きさだったそうですが、中に死んだネズミ数匹が入っていたことから、それより大きいので、これもネズミなどの小動物を捕食しているのだろう、と推測したようです。なお、世界最大のウツボカズラとしては、今回発見したアッテンボロギ以上に大きい、「Nepenthes rajah」という種類があるとのことです。





参考にどうぞ :
パラワン島 Wikipedia
エルニド・リゾート  … パラワン島北部のリゾート地

ネズミも「消化」する食虫植物、世界最大級の新種を発見
食虫植物の中でも、ネズミも「消化」できると見られる世界最大級
の新種をフィリピン南西部のパラワン島で発見
www.cnn.co.jp
Rat-eating plant discovered in Philippines
A carnivorous pitcher plant that eats rats and insects
has been discovered in the Philippines.
www.telegraph.co.uk
Giant rat-eating nepenthes plant named after David Attenborough
Nepenthes attenboroughii, a previously unknown variety
of pitcher plant discovered on
www.timesonline.co.uk
2009.08.26 | 04:36 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (2) Trackback (0)
真夏のエジプト、ラマダンの過酷さに耐えかねて「冬時間」入り
今年もラマダンが始まりました

今日は涼しかったですが、まだまだ暑い日が続いています。当然ですよね、まだ8月なんですから。  しかしイスラム諸国では、イスラム暦の9月がやって来ました。神聖なラマダン(断食月)」です。断食と言っても、全く何も飲み食いしないのではなく、日の出 から日没までの飲食が禁じられるだけで、夜明け前や日没後の飲食は自由なのですが、そこは日本より更に暑い国がほとんどの、イスラム諸国。私も去年、ラマダン中にチュニジアを旅行しましたが、きつかったです~! 

これはその時のことですが、気温40度(首都チュニス)の中、イスラム教徒は、日中は水も飲めないんです。  水を売っているスタンドはありますし、人々も買っていきますが、それは吹き出る汗 を洗い流すため。口の渇きを紛らわせるために、口に水を含むこともありますが、うがいするように吐き出して終わり。決して飲み込みません。そして、どうせ日中は売れないし…ということからなのか、食料品店は開いてもいませんでした。  旅行者や病人、妊婦はラマダンを免除されるということですが、それでも…! ほぼ旧市街に籠もっていたせい(?)か、少なくとも私は、日中に開いているレストラン(旅行者向け含む)や食料品店は、ほぼ見つけられませんでした。スーク(市場)のスパイス屋さんと、お菓子屋さんくらい? …あ、乗り合いバスで移動中、道端に果物屋さんは出ていましたね。



チュニジア、ラマダン月の果物屋さん
道沿いで営業していた果物屋さん。ぶら下がったバナナは、ラマダンの時期しか並ばない。
遠く離れた、東南アジアからの輸入品であるバナナは、チュニジアでは贅沢品であるため。



そして、そう、乗り合いバスでの移動中! 私はイスラム教徒じゃないし、旅行者なので、ラマダンは免除されるはずなのですが、、それでも周りの空気は「ラマダンでしょ?」で… お菓子も食べられない。  水くらいは…と、周りに心の中で「ごめんね~」言いながら、こっそり、目に付きにくいところを選んで飲んでいました。私、汗かき&意識して飲むようにしないと、本当に飲まない性質のため、以前、本当に文字通り、干からびかけたことがあるんですよね~。  だから…なんですが、それでもちょっとしか飲んでいなかったので、ちょっと調子悪かったです。

…と、ラマダンはこういう感じだから、でしょうね。去年は9月の上旬に始まったラマダンは、太陽暦よりちょっと短い太陰暦では、ちょっとずれて、今年は8月22日頃始まりました(「頃」とハッキリしないのは、いつ始めるかは、イスラム各国が「それぞれで」月の満ち欠けを観測して決めるから、なんですね)。それはエジプトもそうなんですが、 …エジプトは、開始時期については真夏であろうと「仕方ない」としたようですが、暑さは「仕方ない」とは出来なかったようです。


エジプト、真夏の8月21日に冬時間入り~  





2007年のエジプトのラマダン風景



エジプトの夏時間は、通常は4月末~9月末とのことですが、これを冬時間にすることで、夜の時間(飲食して良い時間 )が1時間早く来るようにしたのです(と言うか、仕事が終わる時間を遅くすることで、食事できる時間が早く来るように“感じられる”ようにしただけなのですが)。  なお、私は知らなかったのですが、エジプトは去年と一昨年も、夏時間を前倒しで終了。冬時間を、繰り上げて実施していたそうです。と言うことは、来年も冬時間を繰り上げ実施するのでしょうか? 来年は、 …来年こそ、(11日ずれて)夏真っ盛りの8月11日頃にラマダンが始まることになるのですが(そして再来年は8月1日頃)。

ちなみに、シリアやイランでも夏時間を採用しているそうですが、エジプトのように「ラマダンを理由にした夏時間の前倒し終了は」していない、とのことです。確かにラマダンは大変ですが、これは意味あってのこと。満足に飲み食いすることもできない、貧しい者の気持ちを理解するため、と言うのが理由です。それを、「しんどいから」という気持ちはとても分かったのですが、でも、それを理由に冬時間の実施を早めるのはどうなのかな…と、ちょっと思いました。
いっそのこと、夏時間の実施なんて止めてしまえば?




真夏なのに「冬時間」! エジプト、断食月で前倒し
エジプト政府は、夏時間から標準時間(冬時間)に移行する時期を
今年は8月21日とすることを決めた。
www.47news.jp
イスラム諸国ラマダン入り 三日月観測で開始確認
エジプトやサウジアラビアなどイスラム諸国の多くで22日、イスラム教
で最も神聖な月、ラマダン(断食月)が始まった。
www.47news.jp
Ramadan begins Saturday in Egypt, summer cut short
Ramadan will begin on Saturday in Egypt, where authorities
are turning the clocks back a month early
www.google.com
2009.08.23 | 20:46 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
ロシア正教会、修道院長の地上げ行為と尼僧の喫煙をスッパ抜いた記者を破門
ロシア正教会教区が、尼僧を中傷した記者に呪いをかけた…??

びっくりなニュースを報じたのは、ロイター通信。それによると、

ロシア正教会のプスコフ(Pskov)の教区が、修道院長らに関する「悪魔のようなうそ」を書いた記者を破門にし、呪いをかけたことが分かった。この呪いは 帝政ロシア時代に敵に対する強力な武器として使われていたが、現代ではほとんど使われていない。

だそうで、

「悪魔のようなウソ」  「呪い」??

と、興味は尽きません。いったい、何があったというんでしょう?




タバコを吸う尼僧 by Père Ubu

Photo : Père Ubu
Creative Commons : by,nc 3.0


…と思ったら、「呪い」の中身は「破門」で、「悪魔のようなウソ」とは、「自宅を安値で売却するよう修道院長が地元住民らを脅迫しており、尼僧もたばこを吸ったり酒を飲んでいるという内容の記事を書いた。」ということなんですね。でもって、記事を書いたジャーナリスト、オレグ・デメンティエフ(Oleg Dementyev)氏を名誉毀損で訴えた(オレグ・デメンティエフ氏が敗訴)と。

(´-`) ンー
修道院長による強引な地上げ行為に、尼僧の喫煙と飲酒…。


上記の写真はイメージとしてお借りしただけのものなので、直接の関係はありませんが、それ、いいの…? いや、その前に「ホントかなぁ」ですが、もし写真や証言付きでスッパ抜かれたのであれば、言い逃れできませんよね。裁判で負けたということは、証拠写真とかは掴んでいなかった? だとしたら、それは記者さんの落ち度かなぁ…?
でも、ねぇ、Spaso-Yeleazarov修道院さん? ホントに、隠れてタバコ吸ってない?

それにしても、名誉毀損で有罪判決が出たことに対しては控訴する構えとのことですが、破門されたことについては、抗議しないつもりなんだとか。「あんな堕落し切ったところから破門にされても、痛くも痒くもない」というのが理由だそうですが、お墓はどうするんでしょうね? 日本みたいに、宗教を問わずに受け入れてくれる墓地が、ロシアにもあるんでしょうか? あるいは… 破門されちゃったことだし、土葬にこだわらず火葬にして、お骨だけ自宅に安置…?



関連エントリー :
ギリシャの修道女、事業に失敗して逃亡
アトスの修道士が修道院を破壊?!
キプロスの修道院、資産を巡って乱闘騒ぎ

ロシア正教会教区、尼僧を中傷した記者に呪いかける
ロシア正教会のプスコフの教区が、修道院長らに関する「悪魔の
ようなうそ」を書いた記者を破門
jp.reuters.com
Church Excommunicates Journalist for ‘Lies’
The Russian Orthodox Church has cursed and
excommunicated a journalist
www.themoscowtimes.com
Pskov Diocese pronounces anathema on journalist
The Diocesan Council of the Pskov Diocese has
decided to excommunicate
www.interfax-religion.com
2009.08.21 | 15:21 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
モーツァルトの死因に新説、連鎖球菌感染症由来の急性腎炎?
モーツァルトを巡っては、お墓の所在から死因まで、全て謎に包まれていますが、新たな説として、アムステルダム大の研究グループは、「連鎖球菌に感染して喉頭炎を発症し、合併症である急性腎炎によって死亡した可能性がある」と発表しました。

研究グループによると、当時のウィーン市民の死亡記録を調査した結果、若い世代の間で全身がむくむという、モーツァルト同様の症状を呈した死亡例が急増していたことを発見。この症状をもたらす連鎖球菌感染症の小規模流行があったと推論し、モーツァルトも犠牲になった恐れがあると指摘したとのことです。 



モーツァルトの墓標 シュテファン寺院にて by valvane


…が、連鎖球菌感染症  急性腎炎

モーツァルトの死因について、死亡証明書には「急性粟粒疹(ぞくりゅうしん)熱」との記載があるものの、1791年の死去以来、毒殺やリウマチ熱、調理不十分な豚肉による寄生虫感染症など様々な説が唱えられてきましたが、肝心の死体がない(墓が特定できない )ため、未だ解明に至っていません。ちなみに、今回の「連鎖球菌症による急性腎炎」説は、これまでの説と一部被り、一部否定され(?)状態のようです。まぁ、そんなものかもしれませんが。

被っているところ
        

リウマチ熱 :
リウマチ熱とは、A群溶連菌に感染して後1~3週間に生じる全身性の非化膿性疾患の一つである。

溶連菌 :
⇒化膿連鎖球菌

化膿連鎖球菌 :
化膿連鎖球菌とは、連鎖球菌属に属する真正細菌の一種。

by Wikipedia

続きを読む
2009.08.20 | 23:21 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
前ページ | ホーム | 次ページ

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。