旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
香港返還 1997/7/1
1997年7月1日、ちょうど10年前の今日は、香港返還の日でした。長い間、中国でありながらイギリスによって統治されてきた香港が、いよいよ中国に戻る時が来たのです。香港はこの時が初めてでしたし、10年経った今でも、この時に行ったきりなのでわからないのですが、香港と言うところは元々、普段から電飾看板とか、派手なところなんですよね? それでも普段より更に、飾られているんじゃないかと思いました。お祭りムードいっぱい、ってやつです。

1997/7/1香港返還

上の写真のような風景は普段でも見れそうと言えば見れそうですが、
さすがに下のものは、香港返還ならではでしょう。

1997/7/1香港返還

続きを読む
2007.07.01 | 23:49 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (0) Trackback (1)
水木しげる氏がフランス最優秀コミック賞受賞
目玉のおやじ汁私は「水木しげるさん」と言えば、「ゲゲゲの鬼太郎」しか思いつかない程度の人間ですが、その水木しげるさんの作品、「のんのんばあとオレ」が、フランスのアングレームで開催中のアングレーム国際マンガフェスティバルで、見事「最優秀コミック賞」を受賞しました。

世界でも日本に次ぐ漫画大国と言われるフランスですが、そのフランスで日本のコミックに相当するものは、「バンドデシネ」と呼ばれます。しかしこの「バンドデシネ」、非常に高い!! どれくらい高いかというと、ハードカバーの本と同じくらいの、千数百円くらいします。いや、実際、フランス語圏で大人気のマンガである「タンタン」(※ ベルギー生まれ♪)などは、本当にハードカバーなんですが。フランスで売られている日本のコミックは、装丁はほとんどそのままに、中身だけしっかり翻訳されたものです。そう、言語が違うだけで、まるっきり日本と同じ。でもお値段は、数倍 

そんな事情のためか、もうずっと何年も前、私がフランスの大型書店の片隅でマンガ(バンドデシネ)コーナーを見つけたときも、みんな座り込み! 買いそうな雰囲気ではありませんでした。

それから、…何年? 
「国際マンガフェスティバル」なんぞというものが開かれるようになり、世界から約50作品が集まり、その中で日本の作品が最優秀コミック賞に選ばれて…。
う~ん、時の流れを感じます。

※ タンタンを「フランス生まれ」としちゃっていましたが、正しくはベルギー生まれです。ご指摘ありがとうございました。


のんのんばあとオレ
水木 しげる
コミックス
売り上げランキング: 1601
おすすめ度の平均: 5.0
5 水木さんのルーツはここにあった
5 ふはっ!最高!
5 ☆五つじゃ足りないくらい!
昭和初期、著者が生まれ育った鳥取県境港ののどかな生活のなかでくりひろげられるさまざまな事件の数々……。そして、妖怪に魅せられるきっかけとなった“のんのんばあ”を通して描かれる著者の、原体験ともいえる少年時代のあまくせつない思い出と魔訶不思議な世界──。 



漫画家、水木しげる氏が仏最優秀コミック賞受賞
日本に次ぐ漫画大国といわれるフランスのアングレームで開催
中のアングレーム国際マンガ
www.worldtimes.co.jp
2007.02.05 | 04:26 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (2) Trackback (0)
「タイタン・アルム」 -臭くてでかい花-
タイタン・アルム by 時事「タイタン・アルム」って、知っていますか? 和名を「スマトラオオコンニャク」と言う、「世界一大きな花」です。ただ、この花、、更にもう1つ「世界一」のタイトルを持っていまして、

   「世界一臭い」

花でもあるんですよね。。
まぁ、そうは言っても毎年咲くような花ではなくて、数年に一度しか咲きません。だから物珍しさもあって、タイタン・アルムが開花すると突然、植物園は大賑わいとなります。

そんな「タイタン・アルム」が、開花したと言うニュースがありました。今回タイタン・アルムが開花したのは、オーストラリア、シドニーの植物園。
右の写真ですが、…なんだか、小ぶりですね

                                     タイタン・アルムが開花 by 時事

ところで、このでかくて臭い花、私も見たことがあります。
続きを読む
2006.11.04 | 10:30 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (0) Trackback (0)
旅のお役立ちアイテム プルーン
一人旅していて一番気になるのは「今日の宿が無事に見つかるかですが、その次くらいに気になるのが「食いっぱぐれ」問題です。日本と違って、海外のレストランやカフェは、さっさと閉まっちゃうんですよね~ よく海外を旅行される方ならご存知かと思いますが、だいたい8時から、遅くても9時には閉まってしまう。頼みの綱(と思える)パブでも、食事メニューを出すのは8時まで…とか、そんな風になっちゃっているんですよね。だから長距離移動した日には、食いっぱぐれてしまうこともしばしば…。  そんなわけで、私が旅行する時はいつも、少し食料持参で動いています。

そんな旅行中のお持ち歩き食料として便利なのが、プルーン

プルーン♪


旅行する季節にもよりますが、もし旅行中に市場やスーパーで見かけたら買っておきましょう。そう、ちょうど今の季節ですね、プルーンが出回るのは…。
プルーンの何が良いかと言うと、プルーンは軽く水洗いしておくだけで食べることが出来て、しかも手を汚さないことです。←これ、とっても大事。電車やバスの中では、なかなか手を洗えませんからね~! (※ 種はありますが、皮はそのまま食べれます。)
そして当然ですが、冷蔵庫に入れておく必要はないし、数日はもちます…と。

更に言えば、プルーン栄養的にもスバラシイ!!
なんとプルーンには、繊維質、ビタミンA、ビタミンC、鉄分、カリウム、葉酸、アントシアニン、ポリフェノールなどなど、たくさんの栄養が含まれているのです。となれば、これはお持ち歩き決定ですね♪
以上、私の旅テクニックでした~!

続きを読む
2006.10.04 | 17:57 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (6) Trackback (0)
スプーンなしでヨーグルトを「食べる」?
これからは、スプーンなしでヨーグルトを食べる時代です!
スプーンなしで「食べる」ヨーグルト
…と、いきなり言われても (・_・")? ですよね。。
この写真にあるヨーグルト、飲むヨーグルトではなく、ちゃんと「食べている」という食感があるもので、発売は2005年3月から…と、もう1年以上になるものらしいのですが、…買われた方、いらっしゃいますか?
私は「へぇ~ 」と、横目に眺めているだけですが、「スプーンなしでヨーグルトを食べる」とのExciteでのフレーズに、ちょびっと思い出すことがありました。

それはもちろん、旅の失敗談。

海外1人旅デビューの舞台となったのはギリシャでしたが、いろいろ学ぶことが多い旅でもありました。。 その中には、ヨーグルトについても…。

続きを読む
2006.09.15 | 12:58 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (5) Trackback (1)
前ページ | ホーム | 次ページ

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。