旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
修道女風のコスプレをしたイギリス人男性17人、Tバック姿を晒して逮捕
日本人には知名度イマイチでも、ヨーロッパ人であれば、日本人にとってのハワイ並みに、こぞって出掛ける場所…というのがあります。その1つがギリシャであり、特にイギリス人にとっては、クレタ島マリアというビーチリゾートなのですが、若いイギリス人観光客の態度が悪いと言うか、、 羽目を外しすぎと言うか、、 行動が問題視されています。2007年には、地元住民の抗議デモが行われたほどに。

今回、ニュースとして取り上げられたのは、18歳から65歳のイギリス人男性17人の所業。詳細は不明ですが、彼らは修道女風のミニ丈の衣装と十字架を身につけた姿で町を歩き、人々の目の前で服の裾をまくり上げ、みだらな下着(Tバックらしい)をはいたお尻を見せたということです(一部、ノーパンの方もいたとか)。


修道女風の服を着たイギリス人観光客17人が逮捕された by Telegraph.co.uk
17人のイギリス人観光客は、修道女風の衣装で酔い騒ぎ、通行人にお尻を見せたため、逮捕された。
これは、そのままの格好で一晩留置場に入れられ、翌日、法廷に向かった際のもの。by Telegraph.co.uk


彼らは、公然わいせつとカトリック教会を侮辱した罪に問われ、逮捕されました(動画はこちら)。ただし翌25日、起訴されはしたものの、「誰も被害者として名乗り出なかった」ため、イラクリオンの裁判所は「住民たちはそれほどショックを受けていない」として、無罪放免としました。けっこう、アバウトです。

まぁ、今回のことについてはこれだけですが、イギリス人観光客がよく訪れるマリアでは、泥酔した旅行者が公然と、性行為や暴力行為、破壊行為を行っていて、よくその様子が、テレビで報じられているとのことです。旅先で酔って騒ぐのも、ちょっとくらいなら良いですが、限度ってものがありますよね…。

なお、ギリシャ在住のlemonodasosさんが、バカンス中に逮捕されたイギリス人の数について書かれていますが、…イギリス人、逮捕されまくっているんですね  ギリシャで230人は多いのかと思ったら、スペインでは2032人! ケタが違っていました…。  世はバカンスシーズン真っ盛りと言うのに、同国人の逮捕者問題で忙殺される、各国の英国領事さんたち。なんだか、かわいそうです。。



クレタ島東部の地図


クレタ島東部の地図。写真の左端ギリギリの海岸沿いに、Malia(マリア)はあります。ちなみに、私はそのすぐ下、内陸部のLasithi(ラスィツィ)とDikteon Andron(ディクテオン洞窟)に行ったことがあります。ラスィツィは、たくさんの風車が見られるところとして、ちょっとした観光地だそうですが、私が訪れた頃は既に、ほとんどの風車が現役を退き、姿を見られなくなっていました。ディクテオン洞窟は、ギリシャ神話の主神ゼウスが、息子に神々の王の座を奪われることを恐れて、飲み込もうとした父、クロノスの目を逃れて、隠し育てられた場所と言われています。なぜか、ドイツ人だけ入場料が安いと言う、不思議なところです。



参照したサイト:
わざわざブリテン島の外に行ってまでやることないのに。(tnfuk[today's news from uk+])
夏休みの外国人旅行者で逮捕された人々(日刊ギリシャ檸檬の森)

クレタ島で英国人らがTバック露出、証人現れず無罪に
ギリシャのクレタ島で25日、修道女の服と十字架を身につけた
17人の英国人男性が
jp.reuters.com
クレタ島住民が猛抗議、英旅行者の暴走に我慢限界
ギリシャの観光地、クレタ島で25日、英国から来る若い観光客
の反社会的な行動に抗議
jp.reuters.com
修道女に扮した英男性17人に無罪=ギリシャ・クレタ島
ギリシャ・クレタ島のイラクリオンの裁判所は25日、修道女の
扮装とみだらな下着姿で
news.livedoor.com
2009.06.08 | 16:18 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (4) Trackback (0)
パリ、サンタンヌ通りで「日本食街」規制の動き
日本食レストランなど、アジア系店舗の集中が進む、パリ中心部…サンタンヌ通り一帯で、「馴染みのパン屋や肉屋が消えてしまう 」と懸念する住民約200人が、出店規制を求める嘆願書を市議会に提出。実態調査の実施が決まりました。

日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、フランスでは、1980年代にはパリ全体で50店ある程度だった「日本料理店」が、「Sushi(寿司)」ブームに乗って90年代後半から急増。今や約1000店に達しました。とは言え、その大半は寿司と焼き鳥を組み合わせた「中国・アジア系店」。いわゆる「ニセジャポ」なのですが、サンタンヌ通り(la rue Sainte Anne)付近は、違います! サンタンヌ通りには「本物」のラーメンやうどん、お好み焼きの店など20以上が軒を連ね、パリっ子にも人気とのことです。




しかし、、サンタンヌ通り付近での日本料理店の過密度がどれくらい…と言うのがわからないのですが(上のYouTube画像を見ると、本当に、けっこう集中しているようですね;; )、サンタンヌ通りは観光用の商業地区ではなく、普通の、元から住んでいる住民もいる地区。そこが(いくらヘルシーで人気があると言っても、)外国料理の店ばかりになって、パン屋などがなくなるというのは、やはり住民感情としてはよろしくないでしょう。出店規制を求められても、やむを得ないような…。

でも、ニセジャポではない「本物」が軒を連ねるとあって、人気があるのも確か。ラーメン店「ひぐま」の経営者、平田建洲さんによるコメント「お客さんの95%はフランス人。いろんな日本料理店がそろうこの通りへ来るのを皆が楽しみにしているのに、一方的過ぎる」…は、店側の意見なので置いておくとしても、住民でも全員が出店の規制に賛成しているわけではなく、中には「誰が多過ぎるなどと言うのか。日本料理店が多いのは便利で結構! 」とコメントする方(ロマン・アトグさん)もいる状態で…、さて、今後どうなるのか?

続きを読む
2009.05.05 | 10:05 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (4) Trackback (0)
楼蘭、ロプノール、トルファンなどシルクロード地域は「核実験地域」
砂漠に埋もれた古代都市、楼蘭。さまよう幻の湖、ロプノール。『西遊記』にも登場する「火焔山(トルファン)」は、強烈な太陽に照らされて赤く、まさに燃えるよう…。旅を愛するものであれば、ぜひ1度は訪れたい場所ですね。  最近の中国は「SARS」「青耳病」「メラミン混入」「毒ギョウザ」「偽ブランド」「偽ディズニー」「法輪功弾圧」「チベット弾圧」「政治犯からの臓器移植」「海洋・土壌・大気汚染」等々…で騒がれていますが、そんなことは横に置いておいて…。 ←なんて出来る人はいるんでしょうか??

でも、、それらも大変恐ろしいことですが、楼蘭、ロプノール、トルファンなど、シルクロード地域には、実は【とんでもない秘密】があったりします。
それでも、旅行したいですか?



以下は、参考サイトより引用、要約などしたものです。参考元サイトのオーナー様、もし問題があるようでしたら、内緒コメントにてお知らせください。

続きを読む
2009.05.03 | 16:58 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (9) Trackback (1)
コモドドラゴンが生息する公園に無断で立ち入り、漁師死亡
あちゃ~・・って感じです。  インドネシア東部のコモド国立公園は、野生の状態ではコモド島とその近辺のみにしか生息していない、希少なトカゲ… コモドドラゴン(Komodo dragon、コモドオオトカゲ)の楽園なのですが、通常、一般人の立ち入りは禁止されています。と言うのは、コモドドラゴンは体長3メートル、体重70キロにもなる、世界最大のトカゲで、「肉食」で、、 ヒトも、しばしばターゲットにされるからです。  なのに… 勝手に入るからですね、、 襲われてしまったらしいです。 (画像:BBC)


コモドドラゴンは、どれくらい大きいか? by BBC


国立公園当局によると、被害にあったのは、ムハマド・アンワルさん(32歳男性、職業:漁師)。コモドドラゴンが生息するコモド国立公園(リンカ島)に、仲間と共に無断で立ち入り、、同じく無断でバンレイシという果物 を採取していたところ、コモドオオトカゲに襲われたとのことです。襲われた直後に、仲間の漁師が近くのフローレス島の病院に運びましたが、死亡 が確認されました。失血死とのことです。やっぱり、ドロボウはダメよ、ということでしょうか。

コモドドラゴンが人間を襲うことは、滅多にないと言います。…が、かつては島の探検に上陸した調査隊が全滅したと言う話もありますし、今年2月にも公園当局者が襲われて負傷したほか、2007年にも8歳の少年が襲われて死亡するなど、危険な動物であることには違いありません。旅行者のみなさまも、無断で立ち入ることは無き様、お願いいたします。そんなの、記事にしたくありませんので…



関連エントリー:
コモドドラゴンが「処女懐胎」
コモドドラゴンに咬まれ、8歳男児死亡
ダイビング中に遭難の女性、コモドドラゴンを撃退、生還
コモドドラゴン、血の凝固を妨げる毒を持っていたことが判明

コモドオオトカゲに襲われた漁師死亡
インドネシア東部のコモド国立公園で、無断で果物を採取
していた漁師の32歳男性
www.cnn.co.jp
2009.03.26 | 01:15 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
ジャッキー・チェン博物館、上海でオープン予定
香港の国際的映画スター、ジャッキー・チェン(成竜)の博物館1号が、今年上海でオープンする運びとなりました。ジャッキー・チェンが所有するエンターテインメント会社「JCグループ」の蘇志鴻CEOによると、上海では、ジャッキー・チェンの「コレクション」()である中国伝統建築物の1つを含めた「成竜影視博物館」(日本語に直すと、「ジャッキー・チェン映画博物館」?)の建設が既に始まっていて、今年中にも完成予定とのことです。


酔拳 日本語吹替収録版 [DVD]
酔拳 日本語吹替収録版 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-08-29)
売り上げランキング: 12097
おすすめ度の平均: 3.5
3 東映よいい加減目覚めよ
3 下手に期待をさせつづけるような売り方は
         いかがなものか?
4 放送確認カンフージョン!
5 明るくてカッコイイ。カンフーごっこしていたあの頃
         が蘇る傑作です。
4 懐しくて涙が出ます!



しかし本当は、ジャッキー・チェンとしては「香港の青馬大橋の下に博物館を建て、コレクションである伝統建築物をそこに移築するのが周辺住民への迷惑もなく、理想的」と考えていたそうですが、香港政府の方が協力的でなく…、生まれ故郷である香港での博物館オープンには、まだ時間が掛かりそう、とのことです。(北京にも建設したいとの意向…とのことなので、香港は3号になったりして。)

しかし、気になった人もいるのではないかと思いますが、伝統建築物「コレクション」~?? さすがジャッキー、やりますなぁ…と言ったところでしょうか。コレクションしている伝統建築物として、「建築物7棟、劇台(舞台)1つ、東屋(あずまや)1つ」があるそうですが、カッコ良すぎます…♪



初のジャッキー・チェン博物館、上海で今年オープン
香港の国際的映画スター、ジャッキー・チェン(成竜)の
博物館が今年オープンする。
j.peopledaily.com.cn
2009.03.05 | 15:45 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
前ページ | ホーム | 次ページ

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。