旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
銃所持は国民の権利と、連邦最高裁が判決
ポンプアクション ウォーターガン シュミット市民の拳銃所持を禁じた首都ワシントンの法律について、米連邦最高裁は26日、「個人は憲法上、銃を所持する権利があるとして違憲判決を出しました。最高裁が個人の銃所持を憲法上の権利と明確に判断したのは初めてで、一定の銃規制は認める内容ですが、判例が確定したことで、銃社会のアメリカで、完全な銃禁止法の制定は事実上、不可能になりました。

これは警備員のディック・ヘラーさん(66)が自宅での拳銃所持を求めて訴えたなかで下された判決で、9人の判事の結論は5対4の小差ながらも、「自己防衛目的での所持を禁止することを、憲法は認めない」と判断。拳銃について「自宅への侵入者に照準を合わせながら、もう一方の手で警察に通報できる」と有効性を指摘しました。ただし、その一方で「拳銃の暴力の問題は認識している」とし、同市側の拳銃規制の余地を認め、また、犯罪者・精神疾患者の銃器所持や、公共施設での銃器所持を禁止した従来の法に、この日の判決は影響しないとしています。

とは言え… 自宅への侵入者に照準を合わせながら、もう一方の手で警察に通報…せず、引き金を引いてしまったために、服部君は亡くなったわけですが。


服部剛丈君射殺事件 ≫
1992年、アメリカ・ルイジアナ州バトンルージュ市に留学していた服部君が、ハロウィン会場になっている家と間違えて、よく似た番地の別の家を訪問。仮装していた服部君を見て、強盗と思い込んだ家の主人、ロドニー・スピアーズは銃を構えて「フリーズ(止まれ)」と言ったが、意味が理解できなかった服部君は、そのまま近寄って行ったため、ロドニー・スピアーズが発砲。救急車で運ばれる途中で、亡くなった。ロドニー・スピアーズは優秀な弁護士を雇い、そのサポートの元「陪審制」を選択。陪審員の性格や人種、思想まで、詳細に調べて選択した結果、正当防衛が認められ、無罪を勝ち取ることに成功した。


see also・・
アメリカの成人の100人に1人は刑務所に…

米国:銃所持は国民の権利…連邦最高裁が判決
市民の拳銃所持を禁じた首都ワシントンの法律について、
米連邦最高裁は
mainichi.jp
2008.06.28 | 00:22 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<北京オリンピック委員会「ハンセン病患者は入国禁止」 | ホーム | スペイン、類人猿の「権利」を保護する決議案を採択>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/970-1f876de2
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。