旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
日本人旅行者の「チベット救え」バッジ、中国当局が没収
">Students for a Free Tibet (SFT)中国の華僑向け通信社「中国新聞社」(電子版)より

6月初め、中国当局は中国西部・新疆ウイグル自治区の国境で、日本人旅行者2人が、荷物検査の際に、チベット独立派を宣伝する物品を所持していたとして、相次いで物品を没収し、教育処分にしたと伝えました。

2人はそれぞれ、インドやネパールを旅行していた時に、地元住民らから、「チベットを救え」などと英語で書かれたバッジや、宣伝資料などを受け取り、荷物の中に入れていたとのことです。

中国当局がどのような「教育」をしたのかは不明ですが、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世「一派」による祖国分裂活動に関する「教育」を行ったところ、「2人の日本人は誤りを認めた」そうですが、おそらくはただ単に早く開放して欲しい一心から、適当に合わせたのかと。しかし、外国人旅行者に対してもこのようなことがあるんだな…  と、非常に興味深く読ませていただいた次第です。一時は騒然となったチベットですが、また旅行者に開放されたようですし、行く方もいるかもしれません。が、こういう事もあるようなので、お気をつけて…。


see also・・
中国軍、チベット巡礼の少年僧を背後から射殺 by YouTube

日本人旅行者の「チベット救え」バッジ、中国当局が没収
中国西部・新疆ウイグル自治区の国境で、日本人旅行者2人が、
荷物検査の際に、「チベット独立」派
www.yomiuri.co.jp
2008.07.27 | 04:54 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<北京オリンピック観戦ツアー、大不振!! | ホーム | 中国「秘境の旅」に注意! 高山病の危険あり>>
コメント
いったいどんな“教育”が行われたのやら…
想像すると少々恐ろしいものを感じます。こうした報道が世界に向けて成されることで、少しでも本件への世界的な関心が高まり、事態が平和的な解決に向けて動くことを願ってやみません。
by:只今 | URL | 2008.07.27 20:23 [編集] |
只今さんへ
本当に、どんな「教育」が行われたのでしょうね。
彼の国を正しく理解するためにも、教育内容に興味があります。
by:valvane | URL | 2008.07.30 03:06 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/963-82847405
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。