旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
デリー航空の運賃は、乗客の体重で決まります。
デリー航空の運賃は、乗客の体重で決まります――。フィラデルフィアの地元紙2紙に6日、新興航空会社のこんな広告が掲載されました。


デリー航空の運賃は乗客の体重で決まります


ふんわりと軽い、羽のデザインと、爽やかな青色が目を引くデリー航空ですが、いったいどのような航空会社なのかと、両紙の広告とウェブサイトからリンクされたデリー航空のウェブサイト「http://www.flyderrie-air.com」によれば、デリー航空は二酸化炭素排出量に匹敵する植林を行う「世界唯一のカーボンニュートラルな航空会社」。重いものを運べばそれだけ燃料費がかさむと説明し、「フィラデルフィア発シカゴ行き:体重1ポンド当たり1ドル40セント、ロサンゼルス行き:同2ドル25セント」などの航空運賃表が載っています。

なるほど、航空燃料もまた原油高のために、天井知らずで高騰し続けているようですし(そのために機内サービスを削ることにした航空会社の、なんと多いことか! )、飛行機は1回飛ばせば二酸化炭素排出量が云々…という話も聞きます。確かに、このようなご時勢です。手荷物や預け荷物の重さだけでなく、「体重」も考慮されて然るべきかも…! 私は…旅行までにダイエットするとして。
…と思ったら?
実はデリー航空は、実在しない架空の航空会社。両紙の発行元フィラデルフィア・メディア・ホールディングが広告会社のジャイロと組んで仕掛けたキャンペーンでした。


 The Derrie-Air campaign is a fictitious
 advertising campaign created by Philadelphia
 Media Holdings to test the results of
 advertising in our print and online products
 and to stimulate discussion on a timely
 environmental topic of interest to all citizens.
 All names, identities, characters, persons,
 whether living or dead, companies, situations,
 offers, products, services, and other
 information appearing in this campaign and
 the associated website are fictitious... 




ホームページの一番下までスクロールすると、「デリー航空」の正体が明かされているのですが、デリー航空の存在は「印刷・ネット媒体の広告成果検証を目的としたフィクション」で、フィラデルフィア・インクワイアラー紙とフィラデルフィア・デイリーニューズ紙のブランド力を示すこと(と、読者を笑わせること)が目的だったとのことです。さて、いかがだったでしょうか?



see also・・
お願い「搭乗前にトイレに行ってください」 by 中国南方航空
燃料節約のため、ポーズをキメて頂きます。 by ウエストジェット航空
宿泊料金は1kg=70円 by Hotel Ostfriesland

「体重が重いほど運賃が高い」航空会社が登場?
デリー航空の運賃は乗客の体重で決まります。フィラデルフィア
の地元紙2紙に、新興航空会社の
www.cnn.co.jp 6/7
2008.07.13 | 11:13 | 世界のおもしろニュース | Comment (4) Trackback (2)
<<日本航空(JAL)、燃油高でスプーン細く、機内誌ページ数減 | ホーム | ゴキブリは世界共通で…いるの?>>
コメント
原油価格が上昇を続ければ
この広告のように、体重別運賃制度が導入される日が現実のものになるかも。そうならない日が来ることを祈っていますが…。
by:只今 | URL | 2008.07.13 20:03 [編集] |
只今さんへ
「荷重」は航空会社にとって、大きな問題ですからね。今はジョークでも、おっしゃるとおり、現実になる未来が待っているかもしれません。
by:valvane | URL | 2008.07.14 10:36 [編集] |
トラックバックさせてもらいました!
この記事を読んで思い出したことがあったのでトラックバックさせていただきました!!!
by:フェニーチェ | URL | 2008.07.17 00:07 [編集] |
フェニーチェさんへ
TBありがとうございました。
確かに、痩せている側からすると、どーん!とした体格の方が(エキストラシートが必要な場合を除き)追加料金無しで乗れるなんて、腑に落ちないですよね。重要なのは、機体に乗せる「全荷重」なんだから、荷物の重量オーバーばかり、やかましく言わないで、体重も考慮すべき!ですよね。i-280
by:valvane | URL | 2008.07.17 03:47 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/956-4af0d643
恐るべし!全席自由席の飛行機・・・
Valvaneさんの『デリー航空の運賃は、乗客の体重で決まります・・・』の記事を読んで思い出しました。。。(ValvaneさんのブログFrom VALVANEはこちら...

フェニーチェの西方見聞録 | 2008.07.17 |

-
管理人の承認後に表示されます

| 2010.09.24 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。