旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
北京オリンピック委員会「ハンセン病患者は入国禁止」
中国と言うか、北京オリンピック委員会が、時代錯誤的な指針を打ち出したために、大ヒンシュクを買っております。。  

なんでも、北京オリンピック組織委員会は今月2日、「オリンピック開催期間中の中国への出入国などに関する指針」なるものを発表したそうですが、それに「ハンセン病患者の入国禁止」が含まれていたそうで…、日本の関係者からは「医学的根拠がなく、この病気への誤解や差別を助長する」と批判が強まっているとのことです。で、全国ハンセン病療養所入所者協議会の神美知宏事務局長(74)などは、

  「明らかな偏見と差別だ。
  中国ではそういう誤った認識がまかり通っていたのか」


と驚いたそうですが、このコメントは… う~んフクザツ。。 
と言うのは、日本にだって、つい10年ほど前までは「らい予防法」なる悪法があって、強制隔離だ、園長権限(だけ)で監禁だ、断種手術だ…と、患者の人権が踏みにじられまくってきた事実があって、しかもそれは、特効薬が発見されて、「治る病」になったも続いていて…という、すさまじい歴史があるというのに、何を、中国だけがおかしいかのように言うんだか…と思うから。



インドのハンセン病患者が集まって暮らす集落にて、働くボランティアスタッフたち。


もちろん、これが何十年も前の、特効薬が見つかる前の話であれば、誰もこんなこと思わないでしょう。それを、もうとっくに、特効薬の存在が知れ渡っている時代に、いつまでも昔と同じことを言っているから、笑われるんですが。しかし、それでも、日本が中国のことを笑って良い話ではない、と思います。憤慨もです。

なお、現在中国では、年間で約1500人の方がハンセン病を発病するそうですが、対して日本ではどうかと言うと、発病する方は年間で数名程度(※)に抑えられています。こうしたところにも、中国の“遅れ”が見られますね。
※ 日本での発病者のほとんどは、幼少期を外国で過ごしたことのある在日外国人(主にブラジル、東南アジア出身者)。




「ハンセン病入国禁止」に怒り 北京五輪委指針
北京五輪組織委員会が今月2日付で公表した五輪期間中
の中国への出入国など 
headlines.yahoo.co.jp
2008.06.28 | 06:03 | 世界の痛いニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<エリザベス女王、ムガベ大統領のナイト爵位を剥奪 | ホーム | 銃所持は国民の権利と、連邦最高裁が判決>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/948-e444bedd
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。