旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
今地球はどうなっているのか?
今のところ、書こうと思えばいくらでもネタはあり、さらに日々様々なニュースが入ってくるので、ネタには困りません。唯一困るのは、どのネタを実際に取り上げるか。どんなネタを、どんなタイミングで取り上げるか。今もそれで迷っていました。しかし、そこへ「ギリシャ諸島とトルコ西部でM6の地震」のニュースが(!)。
…はい、書くことは決まりました。(すみません、ギリシャ贔屓で。)

幸いにも、このギリシャ(アテネ東方250km…海域)で発生した地震による怪我人や深刻な被害はないようですが(byロイター)、地震と言えばつい最近にも、パキスタンで大きなものが起きたばかりです。まだ救助が続けられている中、ついにインドが支配しているカシミール地方と併せ、その死者数は4万人を突破してしまいました。まだ何の救助、援助も届いていない地域もあるとのことですので、これはまだ当分、、増え続けるのでしょう。(-_-;)


    <朝日新聞> パキスタン地震 -ニュース特集-
    パキスタン地震 特集 YOMIURI ONLINE<読売新聞>

   ヘリで搬送されるのを待つ負傷者たち   救援物資をもらいにきた村人
写真左:負傷者をヘリで搬送するなどしているが、その救援部隊が到達できていない孤立地域が重度の被災地2万平方キロの2割の約4000平方キロに上ることがわかった。険しい地形などで空からも近づけず、ロバや馬で接近を試みているという。
写真右:パキスタン側カシミール地方の中心都市ムザファラバードから、カシミーリーと呼ばれるこの地方までは、約75キロ。その山道は寸断されたまま復旧のめどは立っておらず、1日に1~2便の軍用ヘリが唯一の生命線だ。救援物資の空中投下も行われているが、点在する一軒一軒に届けるのは不可能だ。
                                (※ 写真を すると、元記事に飛びます。)
        

しかし、自然災害はギリシャやパキスタンの地震だけではありません。今年3月に起きた「スマトラ沖大地震」及び「インド洋大津波」もまだ記憶に新しいところだと思いますが、この大洋を越えた津波は、日本にも押し寄せたことがありました。
覚えていますか? 南米で起きた「チリ地震」(1960年)のことです。
チリ地震とは、日本時間1960年5月23日午前4時11分、遥か地球の裏側の、チリ南部沖を震源としたマグニチュード8.5の大地震ですが、この影響による津波は発生から約22時間後、17,000キロメートルも離れた日本沿岸に到達し、日本各地に多大の被害を与えた…というものです。この時は最大で6メートルの津波が三陸海岸沿岸を中心に襲来し、142名が亡くなりました。
これは世界で観測された地震の中でも最も大きい地震で、日本に海外で発生した海洋型巨大地震に対しても、たとえばハワイの太平洋津波警報センターと連携を取るなどして津波警報・注意報を出すようになるきっかけとなりました。
これがスマトラ沖地震のときは、残念ながら、生かされたような…生かされなかったような…感じですが、この地震は、今度はインド洋沿岸国に、地震と津波に対する知識と対策(観測・連絡網など)の必要性を強く感じさせる機会になりました。

    <朝日新聞> スマトラ沖地震特集
    インド洋津波 特集 YOMIURI ONLINE<読売新聞>

しかしこれほど大きなものではないですが、近年の日本国内では比較的大きな地震が頻発するようになりました。ざっとこの10月16日からの3日分を見ただけでも、
「宮古島、石垣島で震度3 (16日2時1分)」(→与那国島近海でM6・5の地震、宮古島など震度3)
「関東地方で震度4 (16日16時19分)」
「青森県西方沖でM5・1の地震、秋田・山本町で震度3 (18日1時31分)」
と、これだけ起きているんですよね。  (by Yahoo 国内トピックス 地震

そう言えば、新潟県の中越地震から、23日で1年になるんですね。昨日(17日)の『朝ズバッ!』で、みの(もんた)さんがその話をされていました。

   「あれから1年になるのに、地震直後に仮設住宅に入った世帯数と、今も仮設住宅で
   暮らしている世帯数
ほとんど変わってない
んですよ せっかく現地まで
    視察に行ったんだったら、しっかり、そういうところを見てこなくちゃダメじゃない
                                       (to とある小泉チルドレン議員さん)
…って。
本当に、1年経って何も変わってないって、どういうことなんでしょう? 日本は地震大国で、なおかつ、これだけの災害が頻発するようになったんですから、これからのためにももっと、復興支援策について煮詰めた議論をして欲しいです。
(ちなみに、今私が住んでいるのは、あの阪神淡路大震災があった地域です。私自身もその当時、私の住んでいた地域はほとんど影響がありませんでしたが、生まれて初めて震度5強というものを体験しました。)

≪中越地震1年 支援に感謝の特産汁≫ 五千人近くの死傷者が出た新潟県中越地震が起きてから、二十三日で一年。被災支援に感謝を示し、復興に向かう今の新潟を伝えるイベント「がんばってます。そしてありがとう。」が十五日、渋谷区神宮前の表参道・新潟館ネスパスで始まった。三十一日まで。
イベントでは、棚田風景や伝統行事の闘牛、地震で崩落した道路など二十一点の写真を展示。週末を中心に、地元の酒の試飲会や特産品の販売、被災住民によるトークなどがある。問い合わせは同館=電(5771)7711=へ。

≪中越地震復興支援カレー発売≫ 中越地震の復興を応援しようと全国の一流フランス料理シェフが考案したレトルトカレー「中越大震災復興支援カレー」が17日から、県内のスーパー店頭などに並んだ。長岡市の市民活動拠点「まちなか・考房」とFM新潟などが共同で販売。(←希望小売価格500円(税別))

ところで、地震とは表裏一体の「火山活動が、今どうなっているか、気にしたことはありますか? 実は今、特別に取り上げられることがないだけで、6ヶ所が「静穏な火山活動」(穏やかながら、活動中…。)、同じく6ヶ所が「やや活発な火山活動」、1ヶ所(諏訪之瀬島/鹿児島)が「小~中規模噴火活動等」(つまり、火口周辺に噴石が飛散するような小規模な噴火が発生かその可能性あり。)です。日本は火山大国でもありましたね~。     (2005/10/18現在)(by 気象庁

さて、疲れてきたことでもありますし、この辺で終わりたいところですが、…災害って地震、津波、火山噴火だけじゃありませんよね。先のアメリカに甚大な被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」については以前にも書きましたが(「アメリカのハリケーン被害」「あの話題の「その後」」)、
あれは自然災害である以上に人災でした。
先の2つの記事を書いた後も、次から次へと(連邦緊急事態管理庁が事前に作成した災害対応ガイドラインを地元当局が無視、など)不祥事が相次ぎ、ネタには事欠かない状態でしたが、いい加減書いている私自身も嫌になってきてしまい、もう放置しちゃっていました。  (楽しみにしていた方がいらっしゃいましたら(?)、どうもすみませんでした。m(_ _)m)

我々唯人である身には、自然の巨大な力だけでももの凄く脅威ですが、それでも、それを何とか回避しよう、被害を最小限で抑えられるようにしようとする人もいます。しかしその努力も、カトリーナ被害で顕になったような怠慢とか、そういったくだらない理由で無駄にされてしまったなら、、悔やむに悔やみきれませんね。あなたも私も、自分たちの住んでいる国・地域がちゃんとした(実際に使える)対策を立てているか、対策を立てた(マニュアルを作った)だけで、(備蓄を蓄えたりなど)何もしていなかったりしてないか、折に触れて厳しい目でチェックしていないといけないかもしれませんね。ニッポンのお役所も、ご多分に漏れずサボり魔ですから♪

…あ、また1つモンダイな事が判明しました。
アメリカ政府はイギリスの好意をないがしろにしていました。
あんな自力だけではどうにもならない「緊急の時」に、そんなこと気にしますか? BSEの感染確率はすごく低いこと、ご存じない? 自分が輸出しようとする時は気にしないのに、輸入する時には気になるんですね。
…それに普通、賞味期限がわからないもの他国に提供しようとするでしょうか?


それにしても、…自然って、スゴイですね。近年は暴走気味な気がしますが

パキスタン地震と「ヒマラヤ山脈を形成したプレート衝突」
  8日の地震ではインドプレートとユーラシアプレートのぶつかり合いによって、約2000キロメートルにわたって広がる
   プレート境界域沿いの地域で地震が発生しましたが、これは数千万年前にヒマラヤ山脈を形成したのも同じ力の
   働きだそうです。

熱帯暴風雨「ウィルマ」発生、年間最多タイの21個目
  熱帯暴風雨と、さらに強力なハリケーンは命名されますが、名前は21個しか用意されていなくて、「ウィルマ」で
   今年はすべて使い切ってしまったそうです。そのため22個目以降はギリシャ語のアルファベットを順番に使うことに
   なっていて、もし22個目の熱帯暴風雨が生まれたら、「アルファ」になるそうです。


地震と言えば「なまず」。というわけで本日のおススメ本は↓

なまずの駄菓子屋
池田 あきこ著
ほるぷ出版 (1996.3)
通常24時間以内に発送します。



【追記】
内閣府は19日、地震の際に地質の違いによる揺れ方の差を表す全国マップを公表した。「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」で、日本地図と都道府県ごとの地図にそれぞれ1キロメッシュで揺れの程度を表示した。層の地盤が軟らかい場所ほど地震の揺れが大きくなるため、どのくらい揺れが大きくなるかを7段階で色分けした。(毎日新聞)

「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」について - 内閣府防災担当
  都道府県別の地図が手に入りますが、アクロバットリーダーが必要です。
  アクロバットリーダー(無料)が必要な方は、こちらからダウンロードできます。
被災した方が本当に欲しかったモノはコレ! Vol.1
被災した方が本当に欲しかったモノはコレ! Vol.2
ペットもいっしょに避難を 私の過去記事です

2005.10.18 | 09:32 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
<< ナンニモナイ・・(2) (BlogPet) | ホーム | これ、な~んだ?vol.1>>
コメント
こんばんは♪
Mintです、コメントありがとうございました。

一昨年の9月26日、こちらでも震度5強の地震がありましたよ。
台風も年々大型になってきたような気がします。
自然は恵みであると同時に脅威ですね、あなどってはいけません。
こちらではもうじき、「雪と寒さ」という脅威がやってきます(^^;
by:Mint | URL | 2005.10.18 21:55 [編集] |
Mintさんへ
いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
Mintさんの方でも、大きな地震があったんですね。
地震も震度5まで行くと、唯の揺れじゃなくなりますよね~;;
Mintさんも、驚かれたのではないですか?
私、縦揺れは初めてでしたe-263

Mintさんのお住まいは北の方なんですね。
雪も、けっこう脅威ですよね。
冷たいし、重いし、溶けたら水になっちゃうし、中途半端に溶けて凍るとやっかいだし、
滑るし、寒いと解けないから邪魔になるし… ふう。
ま、なんとか頑張って乗り越えましょ!
また遊びに来てくださいね♪
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.18 23:04 [編集] |
今日。。。
関東でも地震がありましたね。

パキスタンの地震のニュース、ちょうど旅行中に見ました。
ドバイなどは、パキスタンからの出稼ぎ者多いので、たくさん募金など集めていました。
どんどん、どんどん、自然災害が大きくなっていきますね。
地球が悲鳴をあげているのでしょうか・・・e-263

会社でも、社内の自販機の値段を募金分上乗せしたりして、募金を集めたりするのですが、
一旦終了しても、また、次の災害がおこって、、、また募金開始・・・。
永遠に続きそうで怖いです。募金することはいいです。でも、あまりに、災害が続いて、ニュースを見ているほうの感覚が麻痺して、「ああ、またか・・」と何にも感じなくなってしまうのが怖いです。。。
アメリカも、あんな災害に見舞われたのですから、戦争は止めて、環境保護にお金をかけてほしいです。。。

by:SuuSuu | URL | 2005.10.20 02:47 [編集] |
地球もですが
「太陽v-278がおかしい」という意見もあるようです。

太陽表面で起きている核融合が激しくなっていて、そのため地球に届く光や電磁波が
強くなっているそうです。これが低緯度地帯でもオーロラが観測されたり、「地球温暖化」
の真の原因なのではないかと言われています。
私なんぞにはよく分かりませんが、太陽という電子レンジで加熱されて、地下深いところに
あるマグマの動きも活発化しているんでしょうか?
それで、マグマの上に浮かんでいる大陸プレートが動きやすくなった…と。

太陽に今まで以上に温められることにより、海面からの蒸発量も増えますから、台風などが
巨大化(強力化)することも、上陸したところでは局地的な大雨が降るというのも、納得できる話です。

でも本当に太陽が原因だとしたら、今の地球人では手も足も出ませんね。
せめて、、 SuuSuuさんもおっしゃるように、アホな戦争にお金をつぎ込むのはやめて、
災害対策を根本から見直して欲しいですね。
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.20 03:29 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/94-05be1369
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。