旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
メキシコ警察、暴れロバを3日間拘置所に入れる
メキシコ警察、ロバを3日間拘留 by China Viewメキシコ南部チアパス州で、ロバが人を襲ったとして、拘置所に入れられました。
(Photo by China View)

この拘置所は、基本的には泥酔したり公共の場で騒ぎを起こすなどした「人間を」拘束する施設ですが、「ここでは犯罪を犯した者は収監される。それが誰であろうとだ」という警察の判断により、ロバのブラッキーは、農場の近くで男性2人を噛んだり蹴ったりしたため、収監されたのです。飼い主のマウロ・グティエレスさんが被害者の治療費支払い に同意するまでは、釈放しないということで。

結局のところ、飼い主は36U.S.ドルの罰金115ドルの病院代(ロバに胸を噛まれたGenaro Vazquezさん(63)と、助けに入ろうとして蹴られ、足首を骨折したAndres Hernandezさん(52)の治療費)をきちんと払いましたので、ブラッキーは3日後には拘置を解かれて、飼い葉にありつけたのですが、専門家によると飼い主は、彼らが労働できなくなったことによる損害金480ドルを、それぞれに支払う必要があるとのことで…、飼い主にとっては本当に、文字通りバカなことをしてくれた(act like an ass=ロバ のようにバカなことをする)わけですね。

ちなみに、
「往々にして、動物と言うのは突然、とっぴな行動に出て、私たちの手には負えなくなるわけで」
と、ヘルナンデスさん。
「暴れるロバを押さえつけるのに、6人もの人手が要った」と警官。
傍目に聞いている分には「おもしろニュース」ですが、お疲れ様でした。。

なお、チアパス州の警察は、過去にもトウモロコシ畑を荒らした牛や、人を噛んだ犬などを拘置所に入れたことがあるそうです。


see also・・
マケドニアの裁判所、ハチミツを盗んだクマに有罪判決
英国軍の「ビリー少佐」降格処分に
スーダン人男性、山羊との結婚を強要される

暴れロバを監獄に、飼い主が治療費払うまで
メキシコ南部チアパス州で、ロバが人を襲ったとして
拘置所に入れられた。
www.cnn.co.jp
Donkey acts like an ass, gets 3 days in jail
A donkey in Mexico that acted like a jackass has been
freed after spending three days in jail.
news.xinhuanet.com   
2008.05.21 | 09:58 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<徒歩で世界旅行中のアメリカ人男性、訪れた国は66カ国! | ホーム | 財宝を探していたダイバー、黄金のつまようじを発見>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/938-03b8c395
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。