旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
イタリア、電車の向かい席の女性を見つめすぎて有罪
30代のイタリア人男性が、電車で向かい席に座っていた女性(55)見つめ過ぎたとして、執行猶予付きの有罪判決を言い渡されました。

訴えによると、2人は2005年、イタリアのレッコからミラノに向かう通勤電車内で2度会ったことがあり、男性は1度目は女性の隣に座り、翌日には女性の向かいに座ったとのことです。そして、訴えた女性の主張によると、男性は隣に座った際、女性に近づき過ぎ、また、向かいに座った時には電車を降りるまでずっと、女性を見つめ続けていた とのことです。

…というわけで、男性には執行猶予付きながら、禁固10日間と40ユーロ(約6600円)の罰金が科されたわけですが、この55歳女性、ちょっと自意識過剰かも??と思ってしまいました。

しかし、確かに「不快」ではあったかもしれませんが、これだけで有罪判決が出るなんて、日本では考えられないですね。ここまで気を配らないといけなくなったら、全車両を女性専用車と男性専用車に分けないといけないですね。そうなると、ちょっとイスラムチック…




しかし、「イタリアの電車は込み合っていて不快だ!」と、YouTubeに投稿されている方がいましたが、映像を見る限り、日本の通勤時間帯の混雑した車内よりは、ずいぶん快適そうですね。ちゃんと全員の足が床に付いてそうだし、何より、混雑した車内で「移動」している人がいる…! 日本では、絶対無理です。

日本の通勤電車



でもねー、インドネシアよりはマシなのかな? 



see also・・
インドネシア、列車の屋根「ただ乗り」阻止へ
地下鉄で居眠りは「違法」です by ニューヨーク市交通局


イタリア人の男、電車内で女性を見つめ過ぎたとして有罪
30代のイタリア人の男が、電車で向かいに座っていた女性(55)を
見つめ過ぎたとして
jp.reuters.com
2008.04.20 | 19:45 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<カリフォルニアの地震発生確率は99.7%! | ホーム | ポーランド人巡礼者、トレーラーを牽引してポルトガルの聖地まで力走>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/926-0132ff96
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。