旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
老人ホーム足指傷害事件
 猫が足の指を食いちぎったとされている件について

何より不可解で衝撃的なニュースでしたので、テレビ、マスコミ各社がこぞって報道したこともあり、既にご存知である方も多いと思います。私もこのニュース、見出しには、とても驚きました。…が、
(猫がそんなことをするなんて)そんなことあるわけないじゃん。アホらし!」
と思って、気にもしなかったんですよね。そのうち、ちゃんとしたことが分かるよ、と。
だけど、かなり話題になっているんですね~;;
動物愛護団体さんや獣医師さんが「猫の仕業ではない」とのコメントを出してくれていますが、それでも(検索したり、掲示板を見てまわった上での感想では、)マスコミの報道に不安を煽られ、誤解から猫に不信の目を向けられる方が増えてしまっているように思います。そのため、猫好きを称する私としてもほおっておくことは出来ないと思い、警察の不十分な捜査とマスコミの報道のあり方について「異議あり」の意思表明として、この記事を私の言葉で書きました。以下は、私の
個人的見解サンスポさんの記事の流れに沿ってまとめたものです。
こんなにも酷い怪我を被られた方に対しては、一刻も早く、少しでも良くなられることを祈ります。

■ 「人食い猫の仕業!?寝たきり老女の足指5本食いちぎられる」
  …とは見出しですが、人目を惹きつけるため以外の何物でもありません。やたらとおどろおどろ
  しく書き立て、恐怖心を煽ろうとするのは、いかがなものでしょう? 猫全般に対する「名誉
  毀損」
です。
  マスコミの方には「煽動して注目を集める」ことよりも、この情報が極端に少なく、しかも客観性を
  欠き、また警察もきちんとした捜査をしていないことが明らかである事件に対して、食い込んだ
  取材をし、事実を明らかにすることを望みます。

■ ホームは「約30センチ開いたガラス戸から侵入した猫の仕業で、指も猫が食べた」と
  説明、県警も事件性はないとして詳しく調べていない。

  女性の部屋は1階で、中庭に直接面した掃き出し窓(高さ約2メートル)が30センチほど
  開き、網戸の下部に直径10センチほどの穴が開いていた。「網戸のほつれを猫が押し
  広げて侵入したのでは」とホーム側は説明。

  ちなみに、読売新聞では「同ホームによると、女性の部屋の窓は事故直後、30センチほど開いて
  おり、窓の外に取りつけられた網戸の一部が破れていたため、猫が入り込んだらしい。同ホーム
  は「網戸の点検が不十分だった」として、女性の家族に謝罪した。
」となっています。
  いずれにせよ、「ホーム側による説明」ばかりで、客観性に欠けた報道になっています。
  また、網戸は「ほつれていた」のでしょうか? 「破れていた」のでしょうか? ほつれていたのと
  破れていたのでは、受ける印象がだいぶ違います。
「ほつれている」程度の穴を10センチ
  にも押し広げて侵入するには、けっこう力が要ると思うのですが…?
  他の方も指摘されていますが、「破れていた」としたら、それはそれで問題だと思います。だって、
  「破れたまま放置するような施設」ということですから。

■ 右足の指を5本とも動物に第一関節まで食いちぎられたとみられる
  まず、果たして猫が人間の足指を食いちぎることがあるのか、そういうことがありえるのか…です
  が、それに対しては井本動物病院の井本史夫院長が、「猫が人の指を食べる? そんな事例は
  聞いたことがない。」
とのコメントをしています。また彼によりますと、「空腹で捕食する際も、自分
  より大きな相手を襲うことはない」。また猫は食物をかみながら、舌で溶かし込むようにのみ下す
  ため「骨まで飲み込むとは考えにくい」。とも言っています。
  また、左足甲にも深いひっかき傷があったそうですが、それにしても右足の指だけが食いちぎら
  れる、それも全て第一関節まで…というのは、猫にしろ、猫じゃないにしろ、動物がしたとする
  には不自然すぎる
と思います。
  
  私も猫を飼っていますので、猫のケンカの仲裁に入ってがっぷり食いつかれたことがありま
  すけど、せいぜい犬歯によって穴が開いたくらいです。そりゃあ、、血はそれなりに出ましたけど、
  そんなに大騒ぎするほどのものではありませんでしたし、腫れもしばらくすると引きました。何よ
  り、食いちぎられたことは、未だかつて一度もありません!(笑)
  むしろ、爪による被害の方がヒドイくらいです。。 あーあ・・、このアトが消えるまで、何年かかるんだろう…。(T_T)

   ガナッシュ、フゥーーーッ! ←うちの猫、ガナッシュです。怒ってます;;

■ 2人部屋に同居していた同じ短期入所の認知症の女性が「隣の方がうなっている」と
  ナースコール。当直の介護職員2人が駆け付けると、被害女性がベッドにあおむけで
  両足から血を流し、シーツも血で真っ赤。

  これも、他の方も指摘されているように、なぜ指を5本も食いちぎられるまで、「同居の方は気付
  かなかったのか?
」、「被害者本人も、ナースコールをしなかったのか?」、それだけのこと
  がごく短時間で行われるわけがなく、相当の時間がかかったはずなのに、なぜそれだけの時間
  「職員は見回りに来なかったのか?」という疑問が浮かびます。

■ けがの状態が不審なことから病院が警察が通報
  警察に通報したのは、施設側ではないんですね。これも、どういうことでしょう?!

■ 午前7時半ごろになってようやく加須署員が現場に駆け付けた。
  えー、同居人がナースコールしたのが、午前5時過ぎ。30分ほどして、救急車で近くの病院に
  運ばれた。病院の通報で警察が駆けつけたのが、 …午前7時半?!
  ニュース記事だけでは詳細は分かりませんが、病院からの通報は、午前6時頃には行ってると
  思っていいですよねぇ…?(;^_^A

■ 職員は「黒と灰のまだら模様で通常の猫よりひと回り大きく、口の周りを赤く染めた猫を
  中庭で見た」と説明した。

  これも、職員の説明なんですね。

■ 血痕のある猫を捕獲した。
  多くの愛猫家さんが指摘されているように、猫はきれい好きな生き物で、被毛が汚れると自分で
  なめてきれいにします。ご飯を食べた後も、すぐに口周りや手、体をなめます。
  捕獲されたのは午後6時ごろだと言いますが、そんな時間まで汚いままにしておくとは思えませ
  ん。本当に、「その猫」なんですか? 本当にその血痕は「血」だったんですか? そもそも、本当
  に「猫が犯人」なんですか??

■ 加須署も、現場検証しただけで詳しくは調べていない。
  …。(▼_▼メ)
  この方は、指を5本も無くされたんですよ?
  警察にとって指5本とは、「捜査する価値も無い」ということですか?!

■ ホームによると、2週間ほど前、中庭で猫の鳴き声を職員が聞き、調べたが見つから
  なかった。中庭は四方を建物に囲まれ「渡り廊下両側のガラス戸が開いていたときに
  侵入したのでは」と職員。渡り廊下には侵入者に反応する防犯装置が設置されている
  が、警報が鳴ったことはない。

  またもや施設側からの説明、しかも推測ですね。四方を建物に囲まれた中庭に、よく猫が入り
  込めたと思います。たまたま偶然、両側のガラス戸が開いていて、警報装置も切っていたので
  しょうか? (それとも、ステルス猫?)(すみません、ちょっと疲れてきました。m(_ _)m)  

■ 「鳴き声を聞いた段階で保健所に連絡すべきだった」
  どうして、こんなにも短絡的に「保健所(=処分)」という発想になるのでしょうか? 「追い払う」と
  いう発想は、出来ないのでしょうか? こういう施設では、人間的な心のこもったケアは期待でき
  なかっただろうと推察されます。



ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
最後になりましたが、私がブログで交流している友人を通じて、今回の事件に関し、真実を知りたい
という思いから、各関係機関に電話でマスコミの報道について事実関係を直接確認したという方がいることを知りました。
その方の了解を得たManaさんが、この事実を1人でも多くの人に知ってもらいたいと、ブログにて公開されています。みなさんもぜひ、この方のレポートを読んでみてください。
いかにマスコミが、警察や施設側の言った事を都合いいように脚色して報道しているか、知ることができます。
      Mana's blog は、こちらです♪
それでは、私も一刻も早く被害を受けた方が回復され(とは言っても、失われた指はもう、戻りませんが)、事件の真相が明らかになることを希望します。


                「老人ホーム事件の猫、里子へ」に続く・・

2005.10.16 | 06:56 | 世界の猫ニュース | Comment (6) Trackback (4)
<<これ、な~んだ?vol.1 | ホーム | 世界に広がるマクドナルド>>
コメント
本当に信じられない事件
はじめまして。
私も、この事件を聞いたときは「んな、あほな。」で聞き流しかけたんですが・・・
1匹の猫だけの問題じゃないんじゃないかと思い、色々調べはじめました。
猫を知っていれば猫が犯人だなんて思う人はいないけれど、猫を知らない人にとって
は鵜呑みにしてしまう事件ではないかと、報道のあり方にも憤りを感じてしまいました。
当初は、警察発表があったかのように『猫犯人説』をあげ、後日警察は猫が犯人だと断定していないと反論をうけると今度はホームの人が「猫が犯人だ」と言ったというような報道に変わりました。
あくまで、マスコミによる勝手な報道ではないとでも言いたげな書き方。
もっと、マスコミは自らの影響力を考えて慎重に報道に取り組んでもらいたいと願うばかりです。
長々とすみません(^_^;)。
TBさせて下さいね。
by:momo | URL | 2005.10.16 12:15 [編集] |
momoさんへ
TBありがとうございました♪ 私からも、返させていただきますね♪
本当に、マスコミの報道姿勢には憤りを感じますよね。
普段なら「こんなにかわいい♪」って感じに子猫ばかり取り上げているのに、
一度こんな事件が起きると、まだ断定もされないうちから「こんなに凶暴で恐ろしいんですよ!」
だなんて、なんて豹変ぶりでしょうね。
事件の真実を伝えるべきマスコミが、視聴率最優先にして真実をないがしろにした、
のみならず人々を煽動し、無用な心配・不安を煽り、誤解と偏見の目を生んだ。
これは許されないことだと思います。
マスコミが生んでしまった誤解を解くためにも、今は私たち愛猫家の頑張りどころですね。
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.16 17:39 [編集] |
!!??
こんな事件があったんですね!?v-12
ネコが人間の骨まで食べちゃうなんてありえないです。。。
実家のネコが死ぬ間際、闘病生活をしていました。
病院で、もう何回も小さな手に点滴だの注射だのをされ、痛かったんでしょうね・・・
力を振り絞って、抵抗しました。その時、私の手に噛み付きました。
実家のネコは大ネコで、闘病で痩せても10kgありました。
なので、先生達数人と家族で押さえつけるほどでした。
そんなんでも、数針縫うくらいの怪我です。骨までは達しませんでした。

マスコミで報道されたりすると、ウソか本当かも確かめず、記事をそのまま信じてしまう人がいるのでインパクトがあるからと、小さな話を大きくしないで欲しいですe-263
この事件を気にして、捨て猫が増えたりしなければいいのですが・・・
by:SuuSuu | URL | 2005.10.17 02:48 [編集] |
信じられないですよね!
話に尾ひれをつけるにも、ほどがありますよ!
常識で考えて、いくら何でも食いちぎられるなんて考えられません。
これで猫に対する偏見が広まらないと良いのですが、もう、「お宅、猫を飼ってるんでしょ?
足を食いちぎられないように気をつけなさいよね。」とか言われた方もいるみたいです。
(知り合いの、知り合いのブログ日記より)

SuuSuuさんの実家の猫って、 「痩せて」「10kg」なんですか?!?!
…ひょっとして、ギネス級;;
えゐちさんっていう、『巨猫団』を主催されている方がいらっしゃるんですが、充分に
入団規定を満たしていますね~;;
もし巨猫さんがお好きでしたら、リンクに入っています『猫三昧』さんを訪ねられるといいですよ♪
実家の猫ちゃんに似た猫が見つかるかも。e-251
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.17 06:08 [編集] |
僕も通算10匹ぐらいの猫と暮らしてきましたので、猫が犯人ではないと思っています。しかし、絶対違うとも言い切れません。自分の常識では考えれない行為をする人間がいるのと同じように、猫にもいろいろいると思うからです(思いたくはありませんが)。また、一部の人が指摘しているように、女性の骨が非常にもろかった可能性もあります。それはそれとして、今回の報道は、猫が犯人だと断定している点で、大いに問題ありですよね。心から、冷静な真相究明を望んでいます。コメント、ありがとうございました。トラックバックさせていただきます。
by:tmreij | URL | 2005.10.18 02:09 [編集] |
tmreijさんへ
TBありがとうございました。tmreijさんのエントリーを読んでいて、猫を飼われたことはないのかと
思っていたんですが、飼われたことがあったんですね。
それも、10匹ですか~♪ 
もし全部が一度にいたなら、立派に猫屋敷ですね。v-411

確かに、ニュース記事としては発見できませんでしたが、「被害を受けられた方は重度の糖尿病で、
だから足の指先などは壊死していたんじゃないか? もしそうであれば、食いちぎることは可能かも
知れない。しかし、そうなったらそうなったで、そんな状態になるまで放置していたことは、
それ自体大問題ではないのか?」 …という内容の話は聞きました。
ニュースソースが確認出来ないので、まったく確証はありませんけどね。
こういったことも含め、あやふやな情報を流さず、しっかりとした報道をしてもらいたいものですね。
私もTBを返させて頂きたいと思います。よろしくお願いしますね♪
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.18 03:16 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/92-a9013ecf
* 埼玉『猫』事件の真相 *
埼玉県北埼玉郡の特別養護老人ホームで6日、就寝中の認知症の女性(88)が猫に右足の指を食いちぎられたとされた事故について、NPO法人「アニマル・サポート・メイト」(さいたま市、野田静枝代表理事)や動物愛護団体など計5団体が12日、県警加須署や

*猫・犬日和・・・* | 2005.10.16 |

老人ホーム猫事件 殺処分中止決定、詳細
 Sさんから詳細なレポートが入りましたので、転載致します。■まず吉報です!!!捕獲された猫ちゃん、殺処分しないことが決定!!!猫ちゃんは今、埼玉動物指導センター(本所)の方へ移され、そこで、譲渡するか、センターで飼うか検討中とのこと。センターで飼う?!・

Mana's blog | 2005.10.17 |

猫だったら犯人にしちゃっていいの?
寝たきりの女性が、足の指を猫に食いちぎられたとされる出来事があり、主要各紙はいずれも、10月8日付夕刊でこのことを報じました。その続報として、きのう(2005年10月15日)の朝日新聞夕刊は、〈「猫が犯人」本当? 抗議続々 警察困惑〉という見出しで、猫に

新聞読んだ? | 2005.10.18 |

マスコミの責任
from shunさんのところで、この事件を知りました。日本在住の猫好

イギリス、サバイバル日記 | 2005.10.22 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。