旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
イギリス、ゴミ箱のフタが閉まっていなかったら罰金
ゴミ箱 スーパーカン 60型 角型私の記憶にある、ロンドンのゴミ箱とは…
若干違いますが、この左にあるのをもっと大きくして、緑色にして、ゴミ箱の底、片側だけに車輪をつけ、押して動かせるようにしたもの、と思っていただければ、大体合っているかと思います。

これに何でもいいので放り込んでおき、収集日の前夜か早朝に家の前の路上に出しておくと、収集車がやってきて、勝手に中身だけ持って行ってくれるのです。便利♪

そのゴミ箱に収まりきらないほどのゴミとは…?
と思ったのですが、この自治体では、ロンドンとは違うのでしょうか…?

ゴミ箱のフタが閉まらず有罪 英国    
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000904-san-int

英イングランド北西部カンブリア州の自治体で、ゴミ箱のフタがわずか10センチ開いていたため、4児の父親(26)が環境保護法違反の罪で罰金225ポンド(約4万6000円)の有罪を言い渡された。英BBC放送などが報じた。

この自治体では1~2週間に1度だけ(少なっ)ゴミを収集。リサイクル を促すため同法に基づき
 (1)ゴミ箱のフタが開いていた
 (2)収集日以外にゴミを捨てた
 (3)ゴミ箱の横にゴミ袋を放置した
-場合、罰金を科している。

父親は6人家族で余分のゴミ箱を支給されていたが、その日はゴミが多くてフタが閉まらなかった。自治体側は証拠写真を撮影して罰金を請求したが、父親が支払わなかったため、裁判所が有罪を言い渡した。


一定量以上のゴミは集めてやらない、と言うことのようですが、これではパーティーは開きにくいですね;; 梱包がやたらしっかりしすぎている荷物が届いたときも、うんざりしそう。。
そこまでやらなくても良いのに…と思うのですが、これには自治体の事情もあるようです。いわく、「リサイクル目標を達成できないと、われわれが中央政府から罰金を科せられる」。  なんか、中国っぽいぞ…

そのため過去1年間で、約4万4000人から罰金を徴収したそうです。
イギリスのカンブリア州に留学・移住される方は、お気をつけて。

ちなみに、、
意外なことに、日本は警察が取り締まらないだけで、収集日以外にゴミを捨てたり、捨ててはいけない場所に捨てたりすると(ポイ捨てとか)、20万円以上の罰金が科せられます。
※ 5年以下の懲役若しくは20万円以上1000万円以下(法人は1億円以下)の罰金、又はこれを併科


「え~?!たかがポイ捨てで20万円~」と思う人も多いかと思いますが、これは基本的にポイ捨て対策用に作られたものではなく、もっと重大な…産廃業者などによる不法投棄を念頭に作られた罰則の流用なので、いきなり下限が20万円と高額なのです。しかも、スピード違反や路駐と違って「刑事罰」となりますので、「前科」として記録されてしまいます。

いつも殺人などの凶悪犯罪に対する刑罰として、「日本は○○より甘い」と言われますし、それは事実ですが、ポイ捨てに関して言えば、日本はひょっとすると、世界一の罰金大国かもしれません。。



see also・・
地下鉄で居眠りは「違法」です by ニューヨーク市交通局
インドネシア、調味料としてのマリファナ使用を容認
ロシアの警官、「違法滞在」と脅してワイロを要求
西欧風の髪型や眉毛の手入れは、イスラム法違反
インド、上流階級や著名人は法律の上を行く
2008.04.24 | 00:57 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (3) Trackback (0)
<<伝説のスッポン、ベトナム北部で発見 | ホーム | アメリカの教会、新しい礼拝場所は「バー」>>
コメント
我が家の周辺もこのごみポスト形式です。
しかも収集は2週間に1回!一度忘れると、中は恐ろしいことになっていそうで、見ることが出来ません。。。
蓋が閉まらずに罰金なら、我が家は毎月罰金です・・・
by:emibel | URL | 2008.04.30 21:18 [編集] |
うちもそうです
同じタイプのごみ箱です。
毎週一回回収に来ますが ゴミの量が少ないので 2~3週にいっぺんしか出しません。 一回一回車が停まるたびに排気ガスが出るのだから ゴミ箱がいっぱいじゃない限り 回収してもらわない方がいいんですが 習慣で毎週出す人が多いようです。
by:プリシラ | URL | 2008.05.01 19:32 [編集] |
コメントありがとうございます!
■ emibelさんへ
ベルギーも同じタイプ、収集方式ですか。しかも、2週間に一度…。
出し忘れなくても、夏場は恐ろしいことになりそうですね。i-229
(湿気が少なそうだから、大丈夫なのか…?)

■ プリシラさんへ
オーストラリアも同じ。。
まぁね、英連邦ですもんね。ありえる。でもあの大きさのゴミ箱を毎週回収してくれるなら、それっていいですね。i-236
いっぱいじゃなくても、そこはやっぱり、溜め込みたくないんでしょう。
怖いことにならないように。
by:valvane | URL | 2008.05.02 00:57 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/912-d409a9b2
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。