旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
客船「ヴァン・ゴッホ」号、借金のカタに差し押さえられ客立ち往生
客船共々、乗客まで差し押さえ …

あまりに唐突すぎて、また衝撃すぎて、にわかには信じがたいのですが、借金のカタに乗客430人までもが、客船共々、事実上の差し押さえ状態になっているそうです…??

問題の客船は、イギリス人のお年寄り430人を乗せて航海中の、オランダ船籍の「ヴァン・ゴッホ」号。1日に、大西洋上に浮かぶポルトガル領マディラ諸島のフンシャル島に寄港し、翌2日、さぁ、次はいよいよ、故郷のイギリスへ向けて出航ー  と思いきや、客船に絡んだ「金銭問題」のため、そのまましばらく(問題が解決するまで )港に係留されることになりました。

困ったのは、乗客430人と乗務員220人…。彼ら自身の出港は認められていますが、彼らにとって唯一の交通手段である船が差し押さえられた形になっているため、身動きが取れない状態。。 現在、運航元の弁護士が「ヴァン・ゴッホ」号の出港を求めて交渉しているそうですが、…いずれにしろ、せっかくのバカンスがぶち壊しですね。旅行客としては、どうしてくれるんだ の一言に尽きます。


しかしねぇ… ヴァン・ゴッホ号か。

オランダ船籍だから、単純に同国出身の著名画家の名前をとって付けたのでしょうが、生前のゴッホの作品はまるで認められず、「借金だらけ」だったはず。「名は体を現す」と言いますが、まさに、その通りとなってしまいました。こんなことになるとは思いもしなかったでしょうが、名前はよく考えて付けないといけませんね。




停泊中の客船「ヴァン・ゴッホ」号
言っちゃいけませんが、豪華客船とは言えないようです。

…と、散々乗客を不安にさせたヴァン・ゴッホ号ですが、3日の夕方、ようやく出港許可が下りました。乗客はフンシャル島で、下船して自由に行動することが認められていたとは言え、いつになったら出港できるのか、そもそも本当に出港出来る可能性はあるのかすら判らない状況では、楽しめるはずもなく…、出港許可が下りたと知ったときは、さぞ、ほっとしたでしょう。何が起きるか判らないのも、旅の楽しみですが、1万2000ドル(約124万円)~4万4000ドルもかけた「93日間世界一周旅行」でこれは、止めて欲しいですね。話のネタには、なりますけども。



客船が港で差し押さえられると、乗客数百人が立ち往生
ポルトガル領マディラ諸島のフンシャル島の港湾当局者は2日、
係留した客船に絡む「金銭問題」
www.cnn.co.jp
マディラ諸島で差し押さえられた客船が出港、裁判所が許可
フンシャル島で差し押さえられ、出港が出来なくなっていた客船
「ヴァン・ゴッホ」が3日夕、出港した。
www.cnn.co.jp
2008.04.04 | 05:22 | 世界の痛いニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<「格安海外旅行」と募集、実は「覚醒剤運び屋」 | ホーム | 飛べないオウム「カカポ」にヒナ誕生>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/908-0dfdd15f
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。