旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ブラジルの大都市ベレンに、アナコンダが頻繁に出没
ブラジル北部の100万都市、ベレン。あちらこちらの通りにマンゴーの木が植えてあることから、マンゴー並木の町と呼ばれています。  近代的なビルと昔ながらのコロニアル風建物が同居するベレンの気温と湿度は、1年を通じて高く、午後に降る雨が街に趣を添えます。そんなベレンの、ちょっと困った話…。それは、聖者ならぬ聖蛇(?)…アナコンダが、町に頻繁に現れるようになったこと…。


これは「パイソン」の例ですが、町に巨大なヘビが…って、こんな感じ?

つまるところ、環境破壊、が原因だそうです。生育環境が失われたために、都会へ迷い込んできているそうで、この辺りは日本のサル被害、鹿の食害と同じですね。ただ、違うのは、アナコンダがサルや鹿より「ずっと大きい」こと。
体長3mもの巨大なヘビが突然現れたりしたら、そりゃ~、怖いですよね 

政府の環境保護当局が11日に発表した統計によると、今年に入ってから既に、21匹アナコンダが通報により捕獲されたとのことです。例年なら月に1・2回あるかどうかという通報が、2ヶ月余りで既に21匹!  つまり、例年の3~6倍の高確率でアナコンダが出没している…

アナコンダは毒を持っていません。代わりに、巨大な体で獲物を「絞め殺します」♪ なので、動きがゆっくりしているからと言って、警戒もなしに近づくのは止めましょうね~!


see also・・
カバを飲み込んでいたヘビ by YouTube
まるで星の王子さま…

大都市でアナコンダが頻繁に出現、環境破壊で
ブラジル北部、アマゾン川の河口にある大都市ベレンで、巨大
なヘビ「アナコンダ」の出現頻度
www.cnn.co.jp
2008.03.13 | 08:21 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<カンガルー肉は、パイにすると食べやすい? | ホーム | 13歳未満へのディープキスは性犯罪です! by アメリカ>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/900-cc7df15a
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。