旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
アメリカの成人の100人に1人は刑務所に…
日本側の比較できる資料がないので、何とも言いがたいですが、アメリカの成人の、100人に1人に相当する230万人刑務所や拘置所などに収監されていることが明らかになりました(正確には、2008年1月1日現在で、全米50州の刑務所などに成人231万9258人が収監されていて、アメリカ人の成人99.1人に1人。)。これは米民間研究団体ピュー財団の傘下機関が発表した統計結果で、人口が最も多い中国の収監数150万人をも上回っており、全世界でも最も高い割合…つまり世界で最も犯罪率の高い国、ということです。(犯罪検挙率や判断基準、収容能力他もろもろの諸条件が同程度であるなら…という条件付きですが。)

アメリカと言えば「銃社会」と、当たり前のように聞きますし、実際、昨年のバージニア工科大銃乱射事件や、その前のアーミッシュ社会で起きた事件のことは、強く記憶に残っているのではないかと思います。しかし、それでも、さすがに成人の1%が収監状態にあるのは、初めてのことだとか。




人種、年代別に見ると、最も割合が高いのは、20~34歳の黒人男性で、9人に1人が刑務所内に収監されています。そして18歳以上の男性全体で見ると、収監されているのは54人に1人ですが、黒人男性では15人に1人となる一方、白人男性では、106人に1人と、人種による違いが顕著に現れています。この傾向は、女性の場合も同様で、35~39歳の黒人女性では100人に1人なのに対し、同世代のヒスパニック系では297人に1人、白人では355人に1人が収監されています。はっきりと「これが」という理由はないでしょうが、最近クローズアップされている「ワーキング・プア」も、少なからず絡んでいるでしょう。

働いても働いても、生活の質が良くならない一方で、刑務所は収容可能人数を超えて、いつも満杯。低下した「収容者の生活の質」の改善を求める声が上がり、また政府はコスト削減を目指して、民間企業による刑務所経営を許可。実現した「そこ」での生活は、汗水流して働いて得たお給料で得られる生活より、ずっと心地良いものだった…。そのためか、例えばケンタッキー州では、「犯罪率は過去30年間で3%しか増加していないのに、収監人数は600%増加した」そうです。もちろん、それには「意識されない部分での差別」も関係しているでしょうが…。

他にも、アメリカ人の刑務所収容率を上げている原因として、(日本とは違う)「刑期の合算」(複数の犯罪を犯した場合には、単純に刑期が合算される。)や、「スリーストライク法」(過去に2度有罪判決を受けていたら、たとえ3度目の罪は軽犯罪であっても、自動的に25年以上の刑となる。)など、厳罰化する傾向にあること、軽犯罪でも収監される場合があること(例えばスピード違反逃れを繰り返した、パリス・ヒルトン)…が、考えられます。そのため、逆にカンザス州とテキサス州では、軽犯罪の場合は収監せず、保護観察などの措置に止め、社会復帰を促進させることで、従来であれば税金で養わねばならない犯罪者を「納税者」として働いてもらえるようにすることで、凶悪犯罪者に十分な対応がとれるようになったとのことです。

まぁ、本当に、、高等教育向けの費用の6倍以上をかけて刑務所を建設・運営するなんて、馬鹿らしいですよね。


see also・・
パリス・ヒルトン仮釈放取り消し
焼きたてクッキーの香りのバス停広告、撤去
ホームレスを捨てるアメリカ社会

成人の100人に1人、231万人が刑務所に
米国の成人100人に1人に相当する230万人が刑務所や
拘置所などに収監されている 
www.cnn.co.jp
2008.03.03 | 17:40 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<ペットの去勢は生後4ヶ月までに、ロサンゼルスで条例成立 | ホーム | ギリシャ、歩道の大理石は盗難された「墓石」だった!>>
コメント
はじめまして
アメリカでは、キリスト教右派の影響か、民主主義の暴走かちょっとしたことで逮捕される、つまり違法行為とされるものが多いっていうのもあると思います
日本人留学生が逮捕されている事例を見ても、日本ならばなんでもないことで逮捕されている方が多いです
例えば、口喧嘩だとか、軽くものを投げる喧嘩したりだとか、掲示板に過激な?意見を書いたりだとか、公共の場所でふざけたりだとか・・・
by:よう | URL | 2009.02.04 11:27 [編集] |
ようさんへ
コメントありがとうございます。
う~ん、こういうのって難しいですよね。何がどう、とも言い難いので。おっしゃるようにキリスト教右派の影響なのか、民主主義の暴走なのか。あるいは白人優位主義なのか、拝金主義なのか…。

ようさんが例に挙げてくださっている「なんでもないこと」でも逮捕される可能性がある事例ですが、うん、アメリカ「らしい」ですね。例えば奥さんと口論になって、ついカッとなって手を上げてしまった場合…、日本ならよほどのことがない限りは誰も通報しないし、「民事不介入」とばかりに警察もそっぽ向きますが、アメリカだと目撃した通行人等が即!通報、「家庭内暴力」として逮捕、らしいですしね。(アホらしいほど簡単に逮捕される可能性があるのもアメリカですが、逆にお金さえ積めば強力な弁護士が何とでもしてくれるのも、アメリカですが。)

いろんな国・文化圏出身の人たちで構成されている国という、日本とはまた違う事情があるため、細かい(細かすぎる)規制が必要なのでしょう。…で、やってたら行き過ぎる場合もある、と。嫌ですね、そんなギスギスしたのって。日本も、あまり笑えた立場ではありませんが…。

(日本の刑務所も、近年は満杯らしいですし、日本でも、日本ならではの(?)法の不整備というやつ(だと思う)で、本来であれば「それ」を生業としてやっている人・業者に課せられる量刑が、そっくりそのまま、犯罪の種類としては同じだが内容的には軽い人にも適用されたりする(対業者としてしか想定されていないため)など、あります。)
by:valvane | URL | 2009.02.14 01:42 [編集] |
アメリカのヒッピー系の若者は先生に怒られる感覚で、刑務所に出入りしていますね
刑務所に対する、イメージが先生の説教と同じで、まぁそういうのもあるよねぐらいで、軽くとらえているのに唖然としました

低所得者階層では、刑務所は日常であり当たり前だから、先生に怒られるのと同じ、軽い感覚なのでしょう
by:たかゆき | URL | 2009.09.25 01:20 [編集] |
たかゆきさんへ
そうみたいですね。。
としか、言えない。v-13
by:valvane | URL | 2009.09.26 00:48 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/896-0199cd93
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。