旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
W杯控えた南アフリカ、電力供給不足で列車止まる
2年後にサッカー・ワールドカップ開催を控えた南アフリカですが、本当に開催は可能なのか…、これまでも度々話題になってきましたが、最近また、追加ニュースが出ていました。いえ、急浮上した話題…と言うわけではなく、昨年12月から続いているものですが、毎日のように停電しています、とのことです。そう、南アフリカは経済成長が著しく、それは大変結構なことですが、電力需要の急増に、発電所不足で供給電力量が追いついておらず、計画停電しているのです。

…出た、「計画停電」。
「計画停電」って…、北朝鮮だけの話題かと思っていましたよ。。

昨年12月から始まった停電は、夏休みが終わった(南アフリカは、南半球の国で~す♪ 日本とは気候が反対♪)今月14日から全土で本格化。1回の停電は約2時間半で、多い日は3~4回も停電するそうです(4回停電したら、1日の半分近くが真っ暗+夜?!)。そのため、人口約800万人のヨハネスブルク・プレトリア都市圏ですら、停電時には信号も消え、交通整理する警察官もいないので、毎日、大渋滞が発生し、交通事故が相次いでいます。そして南アフリカのレストランの大部分が電気調理器で調理しているため、停電時には閉店…。もちろん、パソコンもうかうか使っていられません。と言うわけで、家庭用発電機には注文が殺到。2ヶ月待ちだそうです…。




南アフリカでは94年の民主化後、黒人世帯の電化が進み、90年代初頭には3割に過ぎなかった一般家庭の電化率が、8割に到達。経済成長率も年5%を超える勢いで、ビルが急増したのですが…、発電所の数は増えていません。…と来れば停電は当然の結果ですが、問題なのは、電力の大幅な供給増が見込めるようになるのがW杯後の2011年であり、W杯開催時にも同様の事態が続いている可能性があるということです。

本当に、ワールドカップ開催出来るの?!


see also・・
次回W杯はまたドイツ?!
南アフリカのW杯開催、危うし!

南アフリカ:連日計画停電…供給量足りず W杯大丈夫?
2年後にサッカー・ワールドカップ開催を控えた南アフリカ
で、この夏大規模な停電が連日発生。
mainichi.jp
2008.02.22 | 21:36 | 世界の痛いニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<トルコ、大学構内でのスカーフ着用を解禁 | ホーム | Google Earth、世界中のハート型の地形や建物を公開>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/884-da110d9a
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。