旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
タージマハール、これからは米ドルを受け付けません
タージマハールはインドが誇る世界遺産(文化遺産)で、17世紀に建造された総大理石の壮麗な廟。ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハルの死(1630年)を悼んで建設。これが国が破綻する原因となった という逸話は、つとに知られるところで、さすがに見応えバツグン の人気観光スポットなのですが、これらタージマハール他の観光施設の入場料について、インドのソニ観光・文化相は3日、今後米ドルは受け付けないとの方針を明らかにしました。理由は単純に、「ルピー高ドル安」が進み、ドルで受け取ると損する から、とのことです。

海外の観光地での入場料は、基本的には全て現地通貨ですが、一部の通貨価値が不安定な国では(アメリカ)ドルでの支払いの方が喜ばれたり、あるいは初めからドル払いを求められることもあります。そういうこともあり、わざわざ「円(現金)」「クレジットカード」「国際キャッシュカード(現地通貨で引き出し)」以外に「米ドル(現金)」も持って行かれる方もいますが、これからのインド観光では、少なくとも入場料に関しては米ドルが使えませんので、両替の際はご注意を…。


タージマハール by Wikipedia
インドの世界遺産、タージマハール by Wikipedia



タージマハール入場料、ドル払いを拒否
インドのソニ観光・文化相は3日、インドが誇る世界遺産ター
ジマハールや他の観光施設での入場料
www.cnn.co.jp
2008.01.05 | 18:38 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<国連総長就任から1年、韓国の国連職員は25%増 | ホーム | 外務省、アニメやファッションに詳しい先生を海外派遣>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/860-fdb5fb5c
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。