旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
最も傾いた塔は、ドイツの教会!
ピサの斜塔 by Wikipedia世界で最も傾いている塔は、ピサの斜塔ではなかった… 

これまで「最も傾いた塔」として、ギネスブックに登録されていた「ピサの斜塔」(左写真 by Wikipedia)ですが、この度ギネスブックは、15世紀に建造されたドイツ北西部エムデン近郊の小村、Suurhusen村にある教会の尖塔(写真中 by ロイター)の方が傾斜していると判定。2009年のギネスブックからは、ピサの斜塔に代わって、この教会の尖塔が掲載されることになりました。

最も傾斜した塔は、Suurhusen村の教会 by ロイター



ピサの斜塔は、イタリアのピサ大聖堂の鐘楼ですが、1173年8月9日の着工時には垂直だったものの、第1工期(1173年~1178年)後には既に傾き始め…、何世紀にも渡って行われた改修工事にもめげず(?)傾き続け、ついには地下水の汲み上げで倒壊の危機に陥りました。そのため1990年には安全上の問題から、公開を中止。世界各国の建設会社からの支援を受けて、なんとか傾斜の進行に歯止めをかけることに成功(2001年に公開を再開)。おかげでイギリス人からは、「つまらない」と評価されている建物です。

ちなみに、ピサの斜塔の(現在の)傾度は3.97度で、新しくギネス入りしたドイツの教会の尖塔の傾度は、5.07度。ぱっと見では、どちらがより傾いているか判りづらいのですが、でも、…言われてみると、教会の尖塔の方が傾いているような気がしますね。  と言うわけで、ピサの斜塔ほど大きくもないし、きれいな装飾もされていませんが、これからはこちらも観光よろしく♪ しかし、この教会の傾いた塔…。ほのぼのとしていて、かわいいような…?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000730-reu-ent


ところで、イタリアにはボローニャにも、斜塔があります。それが、ガリセンダ塔(左)と、すぐ横のアシネッリ塔(右)。2つの斜塔は権力の象徴として、高さを競って建てられたそうですが、ガリセンダ塔(48m)は傾きが酷くなってしまったために、200年ほど前にチョン! と切られてしまいました(元は60mほどあったとか)。ガリセンダ塔は登れませんが、アシネッリ塔(98m)には登れます。

ボローニャの斜塔、ガリセンダ塔とアシネッリ塔


その500段近い急な木造の階段を登りながら撮ったのが、この写真。
傾いてます、傾いてます…。
しかし、斜塔から撮った斜塔のためか、あまり傾いて見えませんね~?

アシネッリ塔から眺めたガリセンダ塔


カンタベリーの傾いた(?)店…と、おまけ。

塔ではありませんが、イギリスのカンタベリーで見かけた、ちょっと傾いた(?)お店。何か、不思議な雰囲気です。

















最も傾いた塔、ピサの斜塔ではなくドイツの尖塔
ギネスブックは、世界で最も傾斜した塔が、有名なピサの斜塔では
なく、ドイツ北西部エムデンに程近い
headlines.yahoo.co.jp
2007.11.09 | 09:27 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<機内販売の「ヒューゴ・ボス」の革製品、実は中国製 | ホーム | ギリシャの森林再生を願って…>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/835-097c3d6c
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。