旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ブッシュ大統領の娘、ホワイトハウスでの心霊体験を語る
ブッシュ大統領の娘、ジェンナさんが、ホワイトハウスでの心霊体験を打ち明けました。それによると、ジェンナさんは、ケネディ、ジョンソン、クリントン…と言った歴代大統領の子供たちが使っていたホワイトハウス内の部屋で寝ているのですが、その部屋で幽霊がオペラを歌うのが聞こえたということです。その歌声は、暖炉から聞こえたこともあるそうですが、…オペラかぁ。ホワイトハウスだけあって、優雅ですね。イギリスでも、元歌手の幽霊がピアノに寄りかかって歌う酒場があるそうですが、日本でそんな話は聞いたことがありません。この違いは、どこから出てくるんでしょうね。

他にもジャンナさんは、「1950年代のピアノ曲も聞こえてきた」と言っているそうですが、1950年代のものと分かるところが凄い、と思ったり。

しかし実際、ホワイトハウスでは、他にもたくさんの目撃談があるようです。

オランダのウィルヘルミナ女王がホワイトハウスの「バラの間」に宿泊した時、夜中、誰かがドアをノックするので起きてドアを開けてみると、そこにはリンカーンの幽霊が立っていたのでショックで気を失ったという話もある。

また、32代大統領ルーズベルトの時代、その職員のエバンズ嬢が二階の寝室に入ると、その部屋のベッドには男が腰掛けていた。男は、型の古い黒いコートを着て長靴を履いているところだった。男の姿を見た瞬間エバンズ嬢は金縛りにあい、しばらくして男がスーッと消えるまで身動き出来なかったという。後で思い出してみると男の顔はリンカーンそのものだったことに気づき、背筋がぞっとしたという。

出没するリンカーンの霊・幽霊列車とホワイトハウスでの出来事」より



ホワイトハウスに棲む幽霊―オールアメリカンお化けマップ (集英社文庫)
マイケル ノーマン ベス スコット
集英社
売り上げランキング: 406024



こちらもどうぞ:
Ghosts of the White House ビデオあり

ホワイトハウスに幽霊?
ホワイトハウスで幽霊の歌を聞いた-。ブッシュ米大統領の娘のジェ
ンナさんが、こんな経験を明らかにした。
headlines.yahoo.co.jp
2007.10.29 | 07:56 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<ハバネロに続け!「大魔王ジョロキア」も発売 | ホーム | フランス、移民家族の血縁関係証明にDNA鑑定を導入>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/827-ea1ffe92
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。