旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
アメリカで「腰パン」規制の動き、尻見せはもっての外!
もう今では珍しくもなくなりましたが、だぶだぶのズボンを、わざとズリ落ちそうな感じに穿くファッション、あれ、腰パンって名称がついているんですね  私はてっきり、ただの「みっともない着こなし」で、なぜ、わざわざ胴長短足に見せたがるのか、疑問に思っていました。しかし、日本の大多数の大人たちに不評のズリ下げ穿き「腰パン」ですが、本国アメリカでは不評を買うだけではなく、禁止の方向に向かっているようです。

パリ発行の国際紙、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンによると、
アメリカ南部ルイジアナ州のデルカンバーでこの6月、最高で罰金500ドル、禁固6月を伴う腰パン禁止条例が施行され、同州のマンスフィールドでも9月から条例運用が始まり、南部ジョージア州の都市アトランタでも導入が検討されている。  …とか。

なんか凄いことになっています。ファッションと受け取るなら、個人の「自由」が尊重されそうなアメリカですが、「服装の乱れ」どころかわいせつと受け取るとは…。
そう、なぜ「罰則付き禁止条例」だなんてことになったのか、なんですが、下着どころかまで露出する過激な腰パンが目につくようになった、という状況があるそうで。。  まぁ、ファッションも結構ですが、周りの感情も考えて、ほどほどに、と言うことですね。


                    
ただ、あっさり終わらないのが、この腰パン問題。

腰パンは、米国の刑務所で事故防止のため、囚人たちにサイズの大きな服をベルトなしで着用させたのが原点ともいわれる。「刑務所帰り」を誇示する貧困層の黒人やヒスパニック(中南米)の間に広まり、ヒップホップ文化の後押しで世界的な流行の波に乗った。

と言う流れがあるそうで、それだけに、腰パン規制に対しては、黒人文化の不当な差別 との声も上がっているそうです。が、在米のコラムニストさんによると、一口に黒人と言っても、今は色々あるようで、「きちんと教育を受け、政治にも参加して地位向上を訴える黒人」もいれば、「ただ白人に対して反発して、怒りを示すだけの黒人」もいて…
そして実は、この腰パン禁止条例」を提案した市議4人というのは、全員黒人だそうです。。  規制対象となるのは、ほとんどが黒人の若者と思われますが…。
 
これについて、前述のコラムニストさんによると、「70~80年代の黒人は、美しい体形を強調するよう、体にぴったりとフィットした服装をしており、そうした世代にダボダボの服装は受けいれにくい。」とのことで、

腰パン」の陰に、政治対立あり! 世代対立あり!  
…の様相です。



see also・・
「タンタンのコンゴ探検」南アで発売中止に
1セント硬貨の受け取り拒否、ダメよ♪
焼きたてクッキーの香りのバス停広告、撤去

米国で「腰パン」規制の動き… 「わいせつ」根拠、効果は疑問
ダブダブのズボンをズリ下げ、下着を見せて街中を闊歩(かっぽ)
する若者のファッション、「腰パン」
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000905-san-int
2007.09.21 | 12:56 | 世界のちょいネタニュース | Comment (5) Trackback (0)
<<アムステルダムの飾り窓地区、1/3が閉鎖へ | ホーム | ニンテンドーDS、機内では使用できません…!>>
コメント
確かに・・・
>70~80年代の黒人は、美しい体形を強調するよう、体にぴったりとフィットした服装をしており

ここ すごーくナットクしました。
アフリカ系の人って お尻の形 すっごくいいんですよね~。
足も長くて それで ピターっとしたパンツはいてると うわぁ~かっこいい~って思っちゃいます。

それをだぶだぶパンツで隠しちゃうのは勿体ないですよ!なので 賛成です!
by:プリシラ | URL | 2007.09.23 21:18 [編集] |
プリシラさんへ
> アフリカ系の人って

あれ? そう言えば… 女性は太った人も細い人も見たことありますけど、
男性で太っている人って、、 いますよね?

なんにせよ、ある程度スタイルいい人なら、こういう腰ばきもカッコ良くこなしてしまうのですが、こういうのをやりたがる人ほど、全然着こなせてないな… と。ピー子さんの言うように、着くずしてんじゃなくて、土砂崩れてしまってるなぁi-202 と思いました。
何でもかんでも真似るんじゃなくて、自分にあった着こなしというものを、身に付けて欲しいですね。
by:valvane | URL | 2007.09.24 00:15 [編集] |
そういえば
うちの田舎のツッパリ(死語)たちは30年前からボンタンをズリ下げてはいておりましたっけ。
不良ファッションてどこも似たような感じになっちゃうものなんでしょうか(笑
by:シスターみみっく | URL | 2007.09.26 10:18 [編集] |
私のご近所さんは皆痩せてます
まだ オーストラリア社会に馴染んでないからなんでしょうね きっと。
若い子も皆すらーっとしてて まぶしいくらいです~。
やっぱり国によって違うみたいですね 同じアフリカ系でも。

腰履きで ブリトニーの元オットを思い出してしまいました。
by:プリシラ | URL | 2007.09.26 20:09 [編集] |
コメントありがとう♪
■ シスターみみっくさんへ

やっぱり、どこの国でも行き着く先は同じ…なのかも。
不良ファッション=刑務所ファッション、かぁ…。

■ プリシラさんへ

オーストラリアの方は、みんなスラッとしていますか。
出身国に関係なく、健康に気を遣う人が多そうですもんね、オーストラリア。
by:valvane | URL | 2007.09.27 04:08 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/806-7739288e
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。