旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
謎の病気でラクダが大量死 サウジアラビア
少し前の話題になりますが、イスラム教の宗主国であるサウジアラビアにて、ラクダが大量死しました。ニュースによると、サウジアラビアの首都リヤドから約400キロ南のダワシル渓谷で遊牧民が家畜にしているラクダ230頭以上が、農務省によると「わずか4日間で」原因不明の病気で死にました(ドバイにお住まいの方によると、一部の報道では、死亡したラクダの総数は5,000頭にのぼり、そのほか数千頭が病気になっているとか…)。死因として高病原性鳥インフルエンザも疑われましたが、農務省は否定。食糧当局から供給された飼料に問題があった、との見方を示しています。

…飼料に問題。
まさか、某国産の小麦グルテンとかメラミンとかが入っていないよね?

ともあれ、たかがラクダ、家畜のラクダ…ですが、ラクダレース用に、また食用)にと貴重なラクダは、ベドウィン族によって1頭が数千ドル(数十万円)の高値で取引されるそうで、不安拡大を懸念したアブドラ国王が、持ち主らへの補償を約束する事態となっているそうです。



しかし、ラクダレース…!!
人を乗せて走らないんですね。騎手の代わりに、鞭打ちロボット()って…
味気なくって、妙にがっかり。。
しかしそれも理由を考えれば、仕方ないですよね。このYouTubeに添えられた説明によると、2005年までは(体重が軽く、ラクダへの負担が少ない)子供を騎手として乗せていたそうですが、ラクダは時速30kgで走ると言うことで、落ちて手足を折る事故が多かったため、今ではロボットを使うようになったのだそうです。だけど、やっぱり… 何か微妙。



ラクダに謎の病気流行、230頭以上死亡
サウジアラビアではここ1週間、謎の病気で数百頭のラクダが死
亡している。
www.cnn.co.jp
サウジでラクダの大量死続く
サウジアラビアでアル・ハヤト(Al Hayat)紙が発売禁止になっ
た件で、同紙がサウジ国内でラクダが大量死
dubai.cafe.coocan.jp
2007.09.15 | 17:09 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<艦船と共に海に沈んだ日本兵の遺骨、「見世物」に | ホーム | ナパ・バレーのワイン農家、ヌードカレンダーに>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/802-32bed16c
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。