旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
黄公使の怪死、医療ミスが原因と発表
サンドイッチが原因の下痢治療で点滴中に亡くなった、黄正一駐中韓国公使 by 朝鮮日報今月1日、北京の韓国大使館によって明らかにされた、黄公使死亡の件について、中国側と共同調査を進めてきた韓国大使館は、死因は病院による抗生剤の誤投与とみられることを明らかにしました。(写真=黄正一公使、朝鮮日報より)


偽薬ではなく、「医療ミス」…?

韓国大使館の関係者によると、黄公使が治療を受けた北京市のビスタ・クリニック(維世達診所)は、なぜか

・ 肺炎や腸炎などの感染性疾患を治療する際に使用するス
  イス・ロシュ社製の抗生剤ロセフィン(一般名セフトリアキソン)を投与。  
  下痢と腹痛なのに??

・ 抗生剤ロセフィンと、カルシウムを含むブドウ糖リンゲル注射を同時に使用していた。
  …抗生剤の使用説明書には、「カルシウムを含む薬品と同時に投与すると、ショックや血栓
   が生じるなどの副作用
が起きることがある」と明記されているのに??


・ 検視の結果、黄公使の遺体からは血栓が複数見つかった。
  …病院側は、血栓が生じた場合に使用する血栓溶解剤を準備していなかった。

・ 抗生剤ロセフィンは、腹痛や血便という副作用を起こす恐れがあったのに、黄公使に処方。
  腹痛と下痢を訴えているのに??

・ 韓国の内科専門医は、「抗生剤の拒否反応だった可能性が高い」と指摘。
  …抗生剤に対する拒否反応を見る必要があったのに、皮膚テストを行っていなかった。

医療ミスと言うより、「超ズサンな病院だった」という印象の方が強いですが、よくもまぁ、これだけ…。なのに、この問題の病院「ビスタ・クリニック」は、黄公使の急死以降も診療を続けているということで、韓国大使館は中国在住の韓国人や韓国人観光客に、ビスタ・クリニックを利用しないよう呼び掛けたとのことです。日本人のみなさんも、ご注意!

なお、韓国大使館が速やかな原因究明を求めたことで、とりあえず「医療ミス」であったとの発表がなされましたが、中国当局は、最終調査結果がまとまるまで1ヶ月程度時間がかかるとしており、今後ひょっとすると(政治との絡みもありますし)二転三転する可能性も、まだ無きにしも非ず…です。

また、黄公使が投与された薬品が偽物だった可能性や前日に自宅周辺のコンビニエンスストアで購入して食べたツナサンドイッチ、そして黄公使には中国天津で生産された生理食塩水注射液も処方されていたとのことで、これらについてもまだ調査中とのことです。

しかし… (当然かとも思いますが)韓国政府は「医療ミス」との回答では納得していないようで、、 朝鮮日報では黄公使の死を「怪死」と表現、韓国政府も「中国の楊潔チ外相に対し、黄行使の死因に対する透明な調査を求めた。」とのことです。

【追記】
8/15 中国衛生局は、未だ韓国大使館に解剖検査の結果を報告していませんが、非公式ルートを通じて、投薬ミスを認め、該当の診療所を懲罰する意向を韓国政府に示したとのこと。(大紀元日本



see also・・
韓国公使が点滴治療中に死亡、偽薬の可能性も

黄公使の怪死、抗生剤の誤投与が原因
先月29日、腹痛のため北京市内の病院で治療を受けた際に急死し
た在中国韓国大使館の黄正一政務公使
www.chosunonline.com
黄公使の怪死めぐり、韓中外交の溝深まる
急死した在中国韓国大使館の黄正一政務公使の死因究明が、韓中
間の外交問題にまで発展している。
www.chosunonline.com
2007.08.11 | 19:24 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<コアラの白血病ウィルス感染が拡大 | ホーム | アリタリア航空、ライアンエアのCEOにも嫌われる>>
コメント
失礼いたします。
> 管理人様

TBいただきまして、ありがとうございます。
それにしても、これでは韓国側は納得しないでしょうね。医療ミスというだけでは、どうにもならないです。今後、更なる調査を期待したいところですが、なにせ中国国内のことですからね。いくらでも隠蔽できそうです。
by:tenjin95@栗原市 | URL | 2007.08.11 21:47 [編集] |
tenjin95さんへ
>いくらでも隠蔽できそうです。

それやったら、確実に中韓関係は終わりそうですね。i-229
by:valvane | URL | 2007.08.11 22:15 [編集] |
オリンピックはどうなる?
この調子だったら、オリンピックの食事は恐ろしくて食べられないかもしれませんね。
当日は選手団、マスコミ、応援団が世界各国から来ると思うので、集団下痢でもおきそうな気がします。
by:あがぴょん | URL | 2007.08.12 07:27 [編集] |
あがぴょんさんへ
オリンピック… 本当に各国選手団のみなさん行く気なんでしょうか? 空気はスモッグだらけ、川は工場廃水で汚染され、水道からは虫が出てくる始末。ミネラルウォーターでさえ信用ならず、基本の調味料である塩すら偽物かもしれない国。そんな国で食べられる豚肉は、抗生物質漬けにされているものか、あるいは病死したものか…。普通の、日本でもあるような程度の下痢で済むならまだいいですが、怖いです…。中国、不戦勝だらけになったりして。。
by:valvane | URL | 2007.08.13 01:29 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/780-96463fa7
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。