旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「タンタンのコンゴ探検」南アで発売中止に
タンタンのコンゴ探検≪ アフリカのコンゴへと向かった少年記者タンタンを待ち受けていたのは、猛獣だけでなく、タンタンを目の敵にする悪人たちの罠だった! 世界中で愛され続けるコミック「タンタンの冒険旅行」シリーズ―― ≫

…と言う、フランス語圏を中心に、世界中で人気のベルギー漫画、「タンタンのコンゴ探検」が、南アフリカで出版中止となりました。。


これはイギリスの人権機関が今月初め、作品に登場する現地の黒人「野蛮で愚かな下等な人間」のように描かれていると批判したことなどを受けたもので、黒人の描写が人種差別的であることを理由に、南アフリカの公用語の一つであるアフリカーンス語版の出版を中止することを決めたというものです。(いつだったか、「ちびくろサンボ」も同様の理由で絶版になりましたよね…。)

「タンタンの冒険旅行」シリーズは、ベルギーの漫画家エルジェが1929年に生んだ、少年新聞記者タンタンの冒険物語。77の言語に翻訳されて、全世界で計約2億2000万部が販売されている人気シリーズで、問題の「タンタンのコンゴ探検」も、今年1月に翻訳されて、日本に入ってきています。しかし、これが初めて世に出たのは、およそ80年前の1930年6月~1931年6月(ベルギーの青年向け週刊新聞 Le Petit Vingtième に掲載)で、書籍としての出版も1931年(白黒二色刷り)。この「タンタンのコンゴ探検」はその当時の、アフリカの人々に対する「植民地」意識を反映した作品で、作者のエルジェも認めていますが、当時のブルジョワ的で、押し付け的な固定観念の影響を受けており、作中で描かれている豪奢な「ゲーム」としての狩猟や動物に対する態度も、当時の真実を描いたものとのことです。と言うことであれば、これはこれで歴史的事実を世に残す「重要な資料」と言えるのではないかと思うのですが…、ダメでしょうか?



see also・・
「タンタンのコンゴ探検」を巡る騒動、世界中に広がる

「タンタンの冒険旅行」南アで出版中止
世界的に人気のベルギー漫画「タンタンの冒険旅行」シリーズを
めぐり、南アフリカの出版社が
www.iza.ne.jp
2007.08.07 | 20:42 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<超ブラックな政治アニメ「リトル・ブッシュ」 | ホーム | 死海を漂流すること6時間、無事救助される>>
コメント
「ちびくろサンボ」の時もそうでしたが
過剰反応という意見もあるでしょう。しかし、そもそも肌の色に端を発する差別は未だ非常にデリケートな問題のようですね。ハリウッドでもメインキャラに必ず黒人を入れないといけないとかいう暗黙の了解があるという話を聴いたことがありますし…。
by:只今 | URL | 2007.08.08 00:12 [編集] |
只今さんへ
そうですね、過剰反応と言う意見もあっておかしくないと思います。物事と言うのは何でも、悪く取ろうと思えばいくらでも悪く取れるわけで…。考えすぎなんじゃないかな~、と私も思いますが。

差別…?としては、「パイレーツ・オブ・カリビアン3」もそうですね。中国人俳優が出演していますが(シンガポール人の海賊の頭という設定)、けっこう格好良い役にもかかわらず、途中で死んでしまう「やられ役」ということで、当初中国政府は公開を許可しないと言っていたんですよね。ハリウッドは中国人をバカにしている…と。まぁ、結局公開されましたが。
by:valvane | URL | 2007.08.08 06:39 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/775-6f6f417f
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。