旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ゴルバチョフ氏、ルイ・ヴィトンの顔に
 旧ソ連の初代大統領、ミハイル・ゴルバチョフ氏が

       ルイ・ヴィトン  の顔に…


ルイ・ヴィトンの広告に登場したミハイル・ゴルバチョフ氏。ベルリンの壁を背景に。 by CNN時代は変わるものなんですね~。モスクワに西側第1号の店としてマクドナルドが開店した時(1990年1月31日)も相当驚きましたが、ついに天下のルイ・ヴィトンも進出しましたか。いえ、ルイ・ヴィトンの製品自体はとっくの昔に進出しているものと思われますが、あの「ゴルバチョフさんが広告に登場した」というところに、他とは一線を画すものを感じるのです。いえ、マクドナルド1号店のオープニングだって、お孫さんでしたでしょうか、一緒にテレビ出演してほおばっていらっしゃいましたが。それでも、なんとなく、ね…。(大統領を退かれてからは、エリツィンさんやプーチンの話題ばかりになったので、久し振りでうれしいだけ…?

ルイ・ヴィトンによると、広告にはゴルバチョフ氏の他、フランスの女優、カトリーヌ・ドヌーブさんやテニス選手のアンドレ・アガシさん、そしてシュテフィ・グラフさん夫妻も登場しているそうです。そしてゴルバチョフさんが登場する広告は、ドイツが舞台。ルイ・ヴィトンのボストン・バッグを横に置いて車に乗るゴルバチョフさんが、ベルリンの壁の横を通る設定になっているのだそうです。(写真 CNN)

ゴルバチョフさん、ドイツ、ベルリンの壁…。
う~ん、何か因縁めいたものを感じさせる設定ですね。

1985年3月、ゴルバチョフ氏が書記長に就任。翌1986年の4月、まさかのチェルノブイリ原発事故が発生…。エリツィン氏が頭角を現してくる中、1989年11月、東ドイツ政府は東ドイツの市民に対し、旅行の自由をめ、ベルリンの壁崩壊・統一ドイツの誕生へとつながった。そして改革を進めるゴルバチョフ書記長の下、1990年1月には西側の店第1号として、モスクワにマクドナルドが開店。その年の3月、ゴルバチョフ氏は初代大統領に選出され、10月、ノーベル平和賞受賞。翌1991年6月、ロシア共和国で大統領に選出されたエリツィン氏は、12月、ソ連邦の解体を実施。ゴルバチョフ氏を辞任に追い込んだ…。


see also・・
やっぱり日本人はお金持ち?
ルイ・ヴィトン、世界遺産をレンタル
ルイ・ヴィトン、世界遺産レンタルを断念
現代社会文化論 付録 ペレストロイカ政治年表(外部サイト)

ルイ・ヴィトンの新しい顔、ゴルバチョフ氏らを起用
フランスの高級ブランドのルイ・ヴィトンは2日、新しい広告キ
ャラクターとして、旧ソ連初代大統領
www.cnn.co.jp
2007.08.04 | 23:50 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<フランス国鉄、一部寝台車輌を使用中止 | ホーム | オーストラリアの流刑囚リスト、オンライン公開>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/772-8a9bf471
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。