旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
砂漠で満開!
南米チリのアタカマ砂漠では、今が花盛りだそうです。アタカマ砂漠は、チリのアンデス
山脈と太平洋の間にある砂漠で、世界で最も乾燥した砂漠であり、エルニーニョ現象が起きた年の冬(雨が降る)にしか、花は咲きません。それはおよそ、3~4年に一度。その中でも更に乾燥
した北部地域では、10~15年に一度の現象だそうです。
それが今年、通常、降水がほぼゼロの高原なのに、珍しい冬の雨が降り、何年も発芽していなかった植物の種や球根が発芽し、ここ数週間、突然、爆発的に生命が満ちあふれるようになりました。

    チリ・アタカマ砂漠



チリからやってきた観光客のアントニオ・カスティーヨさんは「こんな光景を見るのは2回目です…。
今回は、この自然の驚異を見せるために、子供を連れてきました。」とコメント。
この地域の動植物相を研究しているグイド・グチエレス氏によると、今年は絶滅したと考えられていたこの砂漠原生の植物が復活していると言います。
また、同氏は首都サンチャゴの北1100キロにあるタフレタルでロイターの取材に応え、「この現象は最近の降雨によってもたらされた、極めて良好な条件によってもたらされたものです。10年ぶりのことで、種子や球根が発芽できました。」とも語りました。

砂漠で「花」と言えば、「石の花」を思い浮かべたのですが、こんなに普通に、花が咲き乱れることもあるんですね。まさに地球の神秘です。
このアタカマ砂漠では、400年間一度も雨が降ったことがない地域もあるそうで、そこの砂を持ち帰って水をやったらどんなことになるのか(あるいは何も起きないのか…;;)、すごく気になりました。

沙漠の木
久保 雅督写真 / 高橋 順子詩
愛育社 (1999.11)
通常1-3週間以内に発送します。





元記事 : 突然、花が咲き乱れたチリの砂漠
参考にどうぞ : 南米・チリ ~アタカマ砂漠~ 9日間 
             HISからツアーが出ています。実際に見に行きたい!と思われた方も、そうで
             ない方もどうぞ。写真もいろいろあって、楽しめます。
            南アメリカ 
             アタカマ砂漠の花図鑑といった趣です。写真はどれも、すごくきれいですよ♪


2005.10.03 | 23:52 | 旅人として気になるニュース | Comment (3) Trackback (1)
<<宿の案内看板 | ホーム | ナノテク利用の、シュールな口紅♪>>
コメント
これ是非見てみたいですね~。
絶滅したものがそう簡単に復活するのか?という疑問はありますが。
復活するなら絶滅してなかったんじゃないかって?(笑)
ガナッシュさんの「砂お持ちかえり」アイデア、すばらしい!是非やってみたいです。
by:きち | URL | 2005.10.05 05:48 [編集] |
ぜひ
行ってみたいですね~。

本当に、地球の神秘ですね。生きてるんですね・・・。
by:SuuSuu | URL | 2005.10.05 11:03 [編集] |
コメントありがとうございます♪
きちさんへ
「絶滅」って、確か30~40年くらい確認されなかったら認定されたかと思うんですが、
もしそこに希少な固有種などがあって、それが咲くのが15年に1度だとすると、
そのときどきの雨の降り具合では、足りなくて芽を出さないことも考えられますから、、
それが2・3回続くと、30~45年になるので、「絶滅」認定基準を満たしてしまうかと
思われます。
だから完全には絶滅してなかったってことで、学者さん達はほっとしたことでしょうね。
ほんとに、400年も雨が降ってない地域の砂に水をやったら、それこそ本当に絶滅した
はずの植物が蘇るかもしれませんよ?!v-298

SuuSuuさんへ

ほんと、オドロキですよね~! こんなに長い間降らなくても生きてるなんて。


by:ガナッシュ | URL | 2005.10.06 12:45 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/77-0d16857e
逆砂漠化も起きている
時事を考える:「世界が砂漠化している(黄砂が東京来襲)」 しかし、その逆もある。

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン | 2006.04.18 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。