旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「1ユーロでもいい!」アリタリア航空を投売り宣言
アリタリア航空 by Wikipedia1ユーロでも構わん、
売ってしまえ!
 

…とは、イタリアの不人気フラッグキャリア、アリタリア航空のこと。
(写真=アリタリア航空 by Wikipedia)

7月19日、イタリアのディピエトロ建設相は、業績不振が続くアリタリア航空について、「例え売却価格が1ユーロでも政府は手放すし、売却先が見つからなければ破産申請もやむを得ない」との見解を示しました。
「不採算のフラッグキャリアを所有するなんて、ばかげている。

ディピエトロ建設相「怒りのタネとなっているのは、アリタリア航空。アリタリア航空はイタリアの「フラッグキャリア」ですが、フラッグキャリアとは、国を代表する航空会社のことで、多くは国営航空会社や国有航空会社、国立交通公社などの経営形態をとっています。そして国をイメージして、国旗を機体デザインに取り込んだり、あるいは国旗の色に塗ったりしています。

そういう、国を代表する航空会社で、かのローマ教皇もイタリア国外へ旅行の際は、たいていアリタリア航空の特別チャーター便が使っている(by Wikipedia)のですが、

評判悪いんですよね~

アリタリア航空って。
 

だから、
「イタリア政府はこれまで、アリタリア航空の売却先が見つからなければ破産の可能性があるとしていたが、同社の株式売却入札は18日、最後の買収候補が撤退して失敗に終わっている。」
な~んてことになったんですよ。

仮に、もし本当にアリタリア航空を1ユーロで買えたとして、それには何が含まれているのでしょう? 現在保有する、全ての機体? 整備や清掃、機内食サービス、を受け持つ関連子会社ないしは委託業者との契約引継ぎ? 世界各国の空港の離発着枠? 
…は、普通にありがたいですが(1ユーロだし!)、職員は全員要らな~い!

もしアリタリア航空を購入する方がいらっしゃいましたら、職員は客室乗務員、地上職員etc もろとも、総入れ替えすべきです。だってね~  (以下、Yahoo!知恵袋、他より)

  •  到着後荷物が届かずクレーム係りに聞くと明日ホテルに届けると言われましたが、結局その三日後に空港に取りに来いと言われてかなりのお金を払ってとりにいきました。私達は途中ホテルがかわるのでその事もいって連絡先もいっておいたのに・・。

  •  何度も荷物が届かなかったことはありますが、ローマで3日間届かなかったのが、最悪でした。ディナーの予定があったので、まともな洋服、靴を買いに走る羽目になり、余分な出費でした。

  •  私も以前、ヨーロッパで荷物をなくされたことがあります。ロンドンでの乗り継ぎ時間が極端に短く、乗り継げず、交渉して別便に乗せてもらいました(もちろん無料です)。何となく、荷物をなくされる予感がしたので、何度も「荷物は大丈夫か?」といっておきましたが、予想通り、荷物はなくなりました。荷物は翌日、ロンドンで見つかり、すぐに航空便で滞在先まで届けてくれました。かなり山奥にいたのですが、同じ日の夜中に届きました。

  •  (アリタリア航空ってそんなに遅れることが多いのですか?)確かに、Always Late In Transit And Late In Arrival という皮肉がありますねぇ。ただ私は何度も乗りましたが、無茶苦茶な遅れは無く、遅れても他のキャリアと同程度でした。1時間半"も"乗り継ぎの時間の余裕があると考えましょう。

  •  積極的に使わない理由ですが、「これがあのイタリアのナショナルフラッグ!?」と言うくらいの機内食の不味さ。一度隣に座ったイタリア人の若いニーちゃんは、コーヒーのあまりの不味さにCAに文句を垂れていました。私は知っているので飲みません。聞けば「初めての海外旅行なのにこれは何だ!!?」と言うことでした。CAの客扱いも感心したものではありません。評判の悪いAFやBAの方がまだマシです。

  •  (アリタリア航空のビジネスクラスって…?)えーと、まぁ特にどうということはないですが、対応にはちょっと不満があります。私の席だけ座席前のテレビがうんともすんとも言わずつかなかったのです。スチュワーデスを呼んで申し出ると待つように言われ、しばらくするとやってきて「ここは飛行機のレーダーが関係している位置(なんかそのような類のことです。レーダーとかには詳しくないし詳細は知りません)なのでテレビのような電化製品が使えなくなっている。他の席もあいているので気に入らなかったら移動して」って言われました。ビジネスでこの対応は普通ありません。テレビがつかない位置というのがあらかじめ決まっていて、かつ他の席もあいている状況なら最初からその席を割り当てるのはやめるのが普通だとおもうのですがねぇ…。   

  •  日本~ミラノで2回利用した事があります。機内食は美味しいと思いませんでした。2度目の時、日本人のCAにジュースを頼んだら嫌な顔されました。乗り心地は普通でした。

  •  新婚旅行で、アリタリア航空利用でバルセロナ→ローマを移動したときスーツケースをバゲージロストされました。そのときローマ空港のアリタリアの担当者曰く、バルセロナに積み残しとの事で今晩か明日には滞在ホテルに届けると言っていたのに届かず、再度電話し確認すると明日には届くと言うので待っていても全く届かず、その繰り返し。結局3日後スーツケースないまま日本に帰国、帰国翌日に送られてきました。早速、遅延分の保証請求をしようと日本のアリタリア担当者に電話すると、何も保証はしないとの一点張りで対応悪い。  

  •  今までいろいろな航空会社を使いました。値段で決めてしまったのですが、その後、同じ値段で、BAやバージンのフェアーがあったのでとても損した気分になりました。(同じ値段で損させるようなサービスの悪さ)
    アリタリアの飛行機の中では、他の方もおっしゃっているとおり、飲み物はセルフサービス。食事は、あまり…。しかも、極めつけは、イタリアで降りる際に、なんと空港が直通ではなく、一度、飛行機から滑走路に降り、そこからバスで空港に入るのです。それには驚きました。唯一よかったのは、男性のフライトアデンダントが若くて(20代くらい)かっこよかったことですかね。笑 もう、値段が安かろうと一生使わないと思います。

  •  とにかく安かったです。だからか、機内サービスは他の航空会社に比べるとおもいっきり簡素でした。飲み物はセルフサービスで、通路の後ろまで取りに行かないとダメ。スタッフを呼ぼうとボタンを何度も押して、席の上に光がつけても誰ひとり来てくれませんでした。でもとにかく安かったので、そんなもんかとは思えました。

  •  この会社は、「客」に対する意識をもっと向上させる必要があると感じる。余程、運行に支障があるとか、他の客に危険が及ぶ可能性があるとか、いわゆる「有事の際」ではない限り、「客」に対する「対応」に決して「命令口調」であってはならないと思う。経験した者として言えることだが、この会社は間違いなく違う。自社の社員の質を棚上げし、客の利益を偏重している傾向にある。機内食の後片づけをしない、一人の乗客による座席の複数占有を容認、喫煙(当時は特定エリアのみ国際線喫煙可能)許可の場所にも関わらず、客に指差し「SIT DOWN!」はありませんね。だったら、貴方が座席の機内食のトレー片づけろよ、と。そうしたら座れるのだから。

  •  (アリタリア航空のビジネスクラス)席が広くて、エコノミーよりちょっと良いご飯って感じでしたが、タイミングが悪いのか、お腹一杯にはならなかったなぁ(涙) 乗務員コールも『壊れて居るみたい』だし、『ミニバーで勝手に飲め』って感じで、ウォッカとかあるだけだし、一応カーテンは引き気味なんだけど、エコノミーから丸見えだからか、エコノミークラスの人も普通にうろうろしてる。勿論、ビジネスクラスのトイレもエコノミーの人達が普通に使っていた。期待し過ぎちゃったんだなー。席の広いエコノミーって感じが拭えませんでした・・。シートは何かがあたってちょっと痛いし。空圧椅子になっているようだけど、ボタンはボロボロでなかなか動かないし。



see also・・
オーバーブッキングの代償は左耳
アリタリア航空、ライアンエアのCEOにも嫌われる
利用して良かった航空会社は? アリタリア航空のクチコミ
車イス一人での搭乗拒否(アリタリア航空)

アリタリア航空、売却価格は1ユーロでもいい
イタリアのディピエトロ建設相は、業績不振が続く同国のアリタ
リア航空について、売却価格が1ユーロでも
headlines.yahoo.co.jp
2007.07.23 | 04:39 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (0) Trackback (4)
<<ギリシャ、道路工事中に古代文明の墓が出土 | ホーム | 「チャイナ・フリー」表示で変わるのか?>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/765-3be4a320
-
管理人の承認後に表示されます

| 2010.09.24 |

-
管理人の承認後に表示されます

| 2010.09.24 |

-
管理人の承認後に表示されます

| 2010.09.24 |

-
管理人の承認後に表示されます

| 2010.09.24 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。