旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
氷の島グリーンランドは、本当に「緑の島」だった
グリーンランド by Wikipedia見渡す限り氷原が広がる、世界最大の島、グリーンランド。グリーンランドは北アメリカ大陸の北、北極海と北大西洋の間、カナダの北東に位置し、もちろん北極圏から準北極圏。そのため、夏は涼しく、冬は寒い。意外にもグリーンランド最北部は空気が乾燥しているため雪が降らず、氷に覆われていないが、その最北部と沿岸部以外は、全て氷で覆われている。その量は、もしグリーンランドの氷床が全て融けたなら、現在より7.2mほど海面が上昇すると言われるほど…。

そのため、ヨーロッパ人としては初めてグリーンランドを発見したヴァイキングのエイリークは、(先にアイスランドを発見、命名したが「アイスランド(氷の島)」と名付けてしまったために入植希望者が現れなかった、苦い経験から)「グリーンランド(緑の島)」と命名。しかし希望だけを糧に生きるのは厳しかったと見え、15世紀頃にはヴァイキングの入植地は全滅。残ったのは、先住民のカラーリットだけとなってしまった。
(地図、参考:Wikipedia)




…と言われる、グリーンランドですが、この氷の島が50万年前には本当に名前の通り、森林に覆われた「緑の島」だったことが明らかになりました。 

これはデンマークやカナダ、欧州連合(EU)の国際研究チームが英科学誌ネイチャーに発表したもので、グリーンランド南部にある氷原に穴を開け、表面から約2キロの部分を取り出し、含まれる成分(DNA)を調査したところ、この場所には昔、松やイチイ、ハンの木が生え、チョウやガ、ハエなどの昆虫もいたことが判ったそうです。

そして、もう1つ。「グリーンランド」の名前の由来について、「氷河に覆われていない南部海岸地帯が、エイリークがグリーンランドを発見した中世の温暖期(982年頃)には、緑にあふれていた。」という説があるのですが(by Wikipedia)、、
今回発見された最も古い木のDNAが45~80万年前のものだったことから、かつてのグリーンランドは本当に気候も温暖で、緑にあふれ… ただしエイリークが発見した頃から徐々に天候が厳しくなって、沿岸部の人々も他へ移って行った、と言うのは、どうやら本当のことだったようです。


アイスランド・フェロー諸島・グリーンランド―素晴らしき自然景観とオーロラの魅力 (旅名人ブックス)
邸 景一 柳木 昭信
日経BP企画 (2005/08)
売り上げランキング: 30428
おすすめ度の平均: 4.5
5 良し
4 イメージをつかむのには良い
         と思います。



関連エントリー :
ヒルダ島の野生ヒツジ、温暖化の影響で小型化
南極で未知の生物発見、温暖化の影響で

氷原のグリーンランド、かつては名前通り「緑」だった
氷原が広がる世界最大の島、グリーンランド。北極圏に浮かぶ
デンマーク領の島がかつて
www.cnn.co.jp
2007.07.15 | 18:50 | 世界のちょいネタニュース | Comment (6) Trackback (1)
<<中国、重慶に「トイレの館」オープン | ホーム | 女性だけの「牛追い祭り」開催を要求>>
コメント
失礼いたします。
> 管理人様

こういうお話を聞きますと、いったい「地球温暖化」って何なのか?と思います。先日、とある学者は「二酸化炭素量が増えたことが真の問題だ」なんて言っていましたが、どうせ、この地球のことです。増えたら増えたで、何かしらの対策を取ることでしょう。まぁ、その対策が人間にとって「優しい」かは存じませんが・・・ですので、「地球温暖化」という言葉を振りかざし、地球環境を守れと訴える人は、実は人間中心思考だったりするわけです。ちょっとした皮肉ですね。
by:tenjin95 | URL | 2007.07.16 10:07 [編集] |
tenjin95さんへ
「地球温暖化」って、メジャーな言葉になりましたけど、実のところ、未だ原因は判っていないとか聞きました。とりあえず「二酸化炭素が…」なんて言っていますけど、今のところ、それ以上もっともらしい理由が見つからないから、そう言っているだけ…と。しかも、本当に「温暖に」なってきているのかすらも、アヤシイとか。

ある説では、本当は二酸化炭素の量が増えたことが問題なのではなく、太陽の活動が「おかしくなってきた」ことが原因であるとか。ただそうなると、宇宙戦○ヤマトじゃないですが、現代の地球の科学では如何ともしがたく… 
それが京都議定書が作られた後になって判明したものだから、作る時はあれほど賛成だったアメリカが、急にそっぽ向いて調印もしないなんてことになった、…と聞いたことがあります。真相は闇の中ですが。

まぁ、どっちにしても地球は元々一定した気候がずっと続いているわけではなく、氷河期と間氷期を繰り返してきたことが判っていますし、また不安定になってきたと言うだけかもしれません。
by:valvane | URL | 2007.07.16 11:07 [編集] |
グリーンランドが緑の島だったとは・・・。
フィンランドみたいな環境だったら、私的には「へー」で終わってしまいそうですが^^;
下のほうに本の紹介がされていますが、グリーンランドって観光で行ける所なんでしょうか?
アイスランドともども、行ってみたい場所ではありますね~。
by:まーらいおん | URL | 2007.07.19 03:49 [編集] |
まーらいおんさんへ
「ひょっとして」じゃなく、「たぶん」フィンランドみたいなところだったのでは。ま、今は氷ばかりのハゲ地に、昔は緑がフサフサとしていた…というだけでしょう。
グリーンランド、旅行ガイドは少ないみたいですが、出ているようです。

グリーンランド(ロンリープラネット)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1740590953/fromvalvane-22/ref=nosim/

ついでにアイスランドも。

アイスランド(ロンリープラネット)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1741045371/fromvalvane-22/ref=nosim/

アイスランド トーマスクック
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1841574538/fromvalvane-22/ref=nosim/

アイスランドにトーマスクックがあるなんて、それだけで驚きですが…。i-230
by:valvane | URL | 2007.07.21 03:23 [編集] |
バイキング
中世グリーンランドでのバイキング絶滅に興味があり、ジャレッド・ダイアモンド著「文明崩壊」(草思社)を読んでみました。飢えと寒さに苦しみ飼い犬まで殺して食べた最期の人々・・・。
恐ろしい。
by:糸井久和 | URL | 2008.02.18 01:14 [編集] |
糸井久和さんへ
コメントありがとうございます。
温暖な緑の島に移住してきたはずが、徐々に気候が厳しくなってきて、ついには氷の世界に…って、怖いですよね。気候の変動がどれくらいのスピードで進んだのかわかりませんが、かなり急速に進んだことが伺えますね。

よろしければ、こちらもどうぞ。

時価1億8600万円のバイキングの秘宝、発見!
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-768.html
by:valvane | URL | 2008.02.23 01:20 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/758-c79d3e86
-
管理人の承認後に表示されます

| 2016.12.07 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。