旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
インスマウスの影
10月に入りましたね~。今年も残り少なくなってきたと思うと、焦りを感じます。ともあれ、かなり秋
らしくなってきましたし、今月末にはハロウィンも控えていますので、ちょっとそれを意識したネタを
増やしたいと思います。というわけで、まずはこれ!

  イギリス、プリマスにて♪

イギリス南西部の港町、プリマスにて撮った、1枚です。
このときの旅の目的はこのプリマスではなく、ここを起点にローカルバスで行ったところにある、
ダートムア国立公園だったんですが、バスが出るまで時間があったので、ほっつき歩いていて
見つけました。
これが何なのかは分かりません。なんなんでしょう?! 魚のような、エビのような…;; 
あいにくの曇り空だったこともあって、余計に雰囲気出していました。

これを見て思い出したのが、ラヴクラフトの「クトゥルー神話」。
確かあれのお話の1つが、ここプリマスを舞台にしていたと思います。タイトルにもした、『インス
マウスの影』の「インスマウス」。それはアメリカにあるとされている「仮想の町」で、物語のイメージ
の舞台は、「プリマス」ではなかったかと…。(違ってたらゴメンなさい;;)


ちょっとあらすじを説明しますと(以下「怪奇小説こんなのがお勧めカモ!」より)、

主人公の青年は旅の途中に以前肉親がすんでいたという、漁村インスマウスにバスで寄り道をするのだが、バスの運転手は異様にエラが張り出していて、その目は魚のように鈍い眼光を湛えていた。
インスマウスに着くと、そこは魚の腐ったような言いようの無い悪臭たちこめる寂れた漁村だった。
宿を確保して外を探索してみると、なんと程度な差こそあれ街の住民全てが、なんとなく魚っぽい事に気付く。
なかには、「あんたそれ手じゃなくてヒレでしょ」と突っ込みたくなるような老人も存在していた。
言いようのない不安感に駆られる主人公。
その夜、主人公が何気なく窓の外を見てみると・・・
な、なんと120%魚としか思えない様な魚人間が主人公の宿の付近で無数に戯れているではないか!
ガ、ガビーン! 恐怖する主人公。そう街の住民は全て魚人間だったのだ!!!。

…こんな感じ、です。
もう少し詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ! 楽しい(?)フラッシュムービーで見れます♪

      XXX インスマウスの影 XXX

こうしてみると、陳腐な怪奇小説のように思えますが…、ラヴクラフトによって書き始められ、以降
多くの小説家によって書き加えられていた一連の小説群には、実在する地名、人名も多く、その
ため「いったいどこまでが真実で、どこからが作り話なのか、【分からなくなってくる!】」
ところがおもしろいんです。
そして、小説をそのまま読んでも楽しめるのですが、…興味ある方ならば「そのテ」の書籍を読めば読むほど、「奥行き」を感じ取れるようになり、さらに楽しめます。

余談ですが…、この『インスマウスの影』に登場する、不気味な魚人間、これが実在しているとしたら、どう思いますか?



ラヴクラフト全集 1
H・P・ラヴクラフト著 / 大西 尹明訳
東京創元社 (1984)
通常24時間以内に発送します。



【参考1】 ・ ミスカトニック予備校 ラヴクラフト、クトゥルー神話関係の用語などはこちらで。
      ・ クトゥルー神話とは?(byウィキペディア)
         この記事を書いた方は、どうも「そのテ」の知識には欠けるようで、よって「浅い」
         内容になっていますが、「よく調べられている」と思います。

【参考2】 ・ オアンネス:魚人 シュメール文明におけるオアンネスについて
      ・ オアンネス 画像一覧
      ・ カスピ海でヒトに似た謎の両生類が目撃される


2005.10.01 | 17:47 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<ナノテク利用の、シュールな口紅♪ | ホーム | 自慢のしっぽ♪>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/75-f92d5eb4
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。