旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
韓国人も抗議? 狗肉通販会社閉鎖へ
韓国には、狗食文化があります。いえ、韓国だけとは限りませんが、韓国に「狗食文化」があることは確かです。日韓共催でW杯を開催した時も、韓国会場の近くでは「狗鍋」の屋台が複数出たといいますし(欧米人サポーターを気にして、彼らの目に触れる前に撤退させたそうですが。)、観光で韓国に行かれた方も狗鍋の屋台を目にした方は多いと思います。そんな韓国に、狗料理のための肉―― 「犬肉」をネット通販する会社があったとしても、何ら不思議はないでしょう。ところがその、狗肉ネット通販会社とその是非を巡って、韓国では議論になったそうです。


韓国街角グルメ 韓国人なりきりB級グルメの旅!!
フォーバイフォーマガジン社 (2002/06)

韓国の街を自由に闊歩し、楽しく快適に食べ歩くため
のノウハウから、街角・庶民・市場グルメなどを紹介。
韓国エリア別情報、指さし屋台韓国語付き。


問題のネット通販会社は、4月から営業を開始したオンラインショッピングモール「補身ドットコム」(「捕身」=犬肉)。「補身ドットコム」では600gあるいは1頭まるごと犬肉を買え、1頭まるごとだと、約20万ウォン(約2万4000円)から31万ウォン。一般の補身湯(ポシンタン、犬肉スープ)の店とは異なり、狗肉料理に必要な野菜と薬味も販売(ネット注文のみ)、料理法も紹介しています。しかし動物愛護団体などから抗議が相次ぎ、大勢の人々も知るところとなった結果…、通信販売の届出を出していた城南市のサイトには、サイトの閉鎖を求める犬肉反対者の書き込みが相次いだそうです。そして、営業開始からわずか3ヶ月で、閉鎖

犬肉販売サイトの掲示板には
犬肉文化は国家イメージを傷つける動物虐待だ」
「犬肉販売は厳然たる違法行為だ」

などと主張する犬肉食用反対論者からの抗議が相次いだそうです。が、なぜ…?

「犬肉文化は国家イメージを傷つける動物虐待」??
…確か、伝統文化、ではなかったでしょうか?


他国の伝統文化を自国の伝統文化だと言い、ユネスコに無形文化財登録までする韓国は、なぜ自分の国の伝統文化は誇れないのでしょう? 動物愛護団体に批判されたから…?
そんなもの、それこを胸を張って「狗食は我が国の伝統文化だ!」と言えば良いのに。他国の伝統を尊重出来ない人は、自国の伝統まで尊重できないのでしょうか。

動物虐待だ、と感情論に陥るのもどうかと思います。
人が生きていく上で、食事をすることは必須です。それにはどの動物であれば良い悪いなんて、ありません。生き物の命は、みな等しいのです。牛や鶏であれば良い、クジラや犬はいけない、なんてありません。また、植物だって生きています。大切なのは、命を与えてくれたことに感謝して、無駄なく、ありがたく頂くことでしょう。

…かわいそうな韓国人。。




【補足】
…とは言え、私は例え伝統であろうが、中国の「野味」、アフリカ諸国の「ブッシュミート(=猿食)」には反対します。基本的に伝統は保護すべきと考えますが、捕食することで人類に深刻な脅威をもたらしかねないウィルスの培養を人体内で行うのは、人類全てにとって大変迷惑だからです。

ネット通販で犬肉を販売、可否めぐり騒動に
京畿道城南市に、犬肉を専門に販売するインターネット通販サ
イトが登場し、動物愛護団体などから
headlines.yahoo.co.jp
犬肉の販売から料理法まで「犬肉サイト」、議論広がる
犬肉を販売するインターネット・サイトが登場し、ネットユーザー
の間に賛否両論が渦まいている。
www.wowkorea.jp
犬肉販売サイト、抗議に耐え切れず3カ月で閉鎖
インターネット上で犬肉を販売していたサイトが抗議に耐えられ
ず、3カ月で閉鎖を余儀なくされた。
www.chosunonline.com
2007.07.05 | 10:49 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<ポーランドのカリスマ聖職者、起業の抱負を語る | ホーム | インドネシアの航空会社、全てブラックリスト入り>>
コメント
日本でも
犬食い、猫食い文化はあったらしいですね。
でも伝統文化という程に庶民に広がってないのでやっぱ異質なもんだったのかも知れませんね

てかわざわざ犬食わなくても羊やら牛とかもっと美味しい肉あるのに
by:ゴッホ | URL | 2007.07.08 00:09 [編集] |
ゴッホさんへ
日本に犬食い、猫食い文化があったのかはどうかは知りませんが…
三味線って、猫の皮ですよね。。
猫好きとしては、あまり話題にしたくない類ですが、皮をはぐくらいなら、食べる人がいてもおかしくないですね。

羊のお肉ね、産地とか育成方法、調理方法によるみたいですが、美味しかったり美味しくなかったりします。
ギリシャの羊は臭みが少なく、美味しかったですし、トルコでも漬け込んでいたタレがよかったのか、あまり感じなかったですが、日本のスーパーで売っていたのは、美味しくなかったですi-202

草食の羊ですら臭みがきつめなんですから、犬はもっと臭みがあるはず…。
by:valvane | URL | 2007.07.08 14:55 [編集] |
日本の「えのころ飯」食べてみたい!
 日本でも、尾道の犬鍋とか、鹿児島のえのころ飯(犬ころ飯)ってありますよね。
 後者は子犬の腹を割いて内臓を抜いて、そこに米を詰めて針金で縛り、豪快にバーベキューするとか。すごく食べてみたいです。
 ちなみに、犬肉は羊や牛より美味しいですよ。下手な牛肉より高いけど。
 
 あと、沖縄方面では猫食文化もあったそうですが、詳細は知りません。中国では猫鍋があるそうですね。
by:とほりすがり | URL | 2007.08.01 06:12 [編集] |
とほりすがりさんへ
こんにちわ。コメントと資料のリンク、ありがとうございます。

>尾道の犬鍋とか、鹿児島のえのころ飯(犬ころ飯)
って、今もあるんですか? さすがにグルメガイドには出ていないでしょうが…i-202
昔、犬食、猫食の文化があったというだけでも驚きですのに、今も伝わっているとなると、更に驚きですね。

それにしても、弥生時代から食べる習慣が…という下りが、ちょいと気になったのですが。。
弥生人って… 渡来人=中国人とか韓国人の祖先?
もちろん、生粋の「日本人」なんて、この頃まで遡ればいなくて、日本人なんて混血民族なんでしょうが。脈々と受け継がれているわけですね~。
(全然違ってたら、すみません。あまりわかってないもので;;)

まぁ、狩猟採集時代から農耕時代への転換期ですもんね。農耕を始めたからと言って、現代の作物ほど実をつけなかったでしょうし、天災もあったでしょうし、食料が乏しくなったら、犬や猫に目が行くかもしれません。ああ、でも、、 私には無理だ~!(たぶん)i-240

またよろしかったら、お立ち寄りくださいね。
by:valvane | URL | 2007.08.02 03:34 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/747-2e3cd74a
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。