旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
危うし!中国の世界遺産
ユネスコの第31回世界遺産委員会は先月28日、新たに22ヶ所を世界遺産リストに登録しました。その中には2ヶ所の中国の世界遺産、「中国南方カルスト」「開平望楼と村落」も含まれていて、これで中国の世界遺産は計35ヶ所。ますますもって、中国の世界遺産数第3位の地位は不動のものとなりました。ところが中国は、同時に世界遺産委員会から「警告」も受け取ることになったのです。それも、6ヶ所の世界遺産に。

「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」(故宮博物院=紫禁城) 及び
「天壇」「頤和園」
現在大規模な改修工事を行っているが、改修以前に使われていた素材を使って、原形を維持する形での改修工事とすること、また、観光客の管理を強化し、観光による破壊のリスクを低減することが求められる。

「三江併流」
6000m級の山々の間を縫うようにして怒江(サルウィン川)、瀾滄江(メコン河)、金沙江(揚子江)の3つの大河が併走するこの地域は、その奇観だけではなく、多くの絶滅危惧種を含む生態系や少数民族による伝統文化も考慮の対象となって、世界自然遺産に登録された。しかし中国政府は多数のダム建設を計画中であり、この地に暮らす少数民族も大部分が移住を余儀なくされているなど、世界遺産としての価値そのものが失われようとしている。

中国の世界遺産、ダム計画など自然保護の取り組みにイエローカード―ユネスコ by Record China
中国の世界遺産、ダム計画など自然保護の取り組みにイエローカード
―ユネスコ by Record China

こうして見てると「このどこに危機が?!」と言う感じですが、
ここがダムの水の底になろうとしているんですよね…。

「麗江古城」については、同じく原住民であるナシ族を他地域に移住させるなど、現状維持の意識が弱かったことが、「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」については具体的なことはニュースでは報じられていませんが、…近年、ポタラ宮周辺で伝統的な町並み等に全く配慮のない、急激な都市開発が進められているそうで、それが問題視されているのかもしれません。  


しかしそれ以上に「危機迫る世界遺産」なのが、例えばこの「莫高窟」。まだ「危機遺産」にこそ入っていないものの、甘粛省治砂研究所は新疆ウイグル自治区にあるクムタグ砂漠が毎年1mから4mの速度で東に拡大していると報告。すでに甘粛省敦煌市に接近しており、現地の交通や農業、石窟内の仏像や壁画で有名な世界遺産「莫高窟」が砂の脅威にさらされているとのことです。砂漠化が急速に進むことについては、「温暖化」も一因かもしれませんが、過耕作や過放牧も大きな問題です。そして…砂漠化と関係あるのかないのかわかりませんが、中国政府は1996年までに(発表されただけでも)45回に渡る核実験を新疆ウイグル自治区で行っています。

世界遺産に迫る砂漠化の脅威!仏像眠る「莫高窟」も埋没か―甘粛省敦煌市 by Record China
世界遺産に迫る砂漠化の脅威!仏像眠る「莫高窟」も埋没か
―甘粛省敦煌市 by Record China


他にも、日本人の間でもよく知られた世界遺産、「万里の長城」もまた崩壊が進み、6000kmを超す全長のうち、城壁が良好な状態で保存されている部分は2割に満たず、「城壁の一部と判別できる部分」も全体の3割弱であり、世界最大の建造物の半分以上がすでに姿を消してしまった状態です。

大丈夫なのか、中国の世界遺産…?!



see also・・
万里の長城、危機遺産リスト入り?
前進する砂漠との戦いに敗れつつある中国

中国の世界遺産、ダム計画など自然保護の取り組みにイエローカード
世界遺産委員会において、雲南省の世界自然遺産「三江併流」を
始めとする中国の世界遺産の保護に問題
headlines.yahoo.co.jp
中国の世界遺産6カ所に「イエローカード」
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が、中国に
ある世界遺産6カ所の修復で懸念を表明
headlines.yahoo.co.jp
世界遺産に迫る砂漠化の脅威!仏像眠る「莫高窟」も埋没か
甘粛省治砂研究所は新疆ウイグル自治区にあるクムタグ砂漠が毎
年1mから4mの速度で東に拡大していると報告。
headlines.yahoo.co.jp
2007.07.04 | 01:09 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<インドネシア、調味料としてのマリファナ使用を容認 | ホーム | アウシュヴィッツ、世界遺産名を変更>>
コメント
失礼いたします。
> 管理人様

こういう状況を見ると、中国に世界遺産を認める必要はあるのかな?と思います。別段、日本の状況を自画自賛するつもりもないのですが、しかし、日本で法隆寺のように世界最古の木造建築物を保存していたりする状況を見るに付け、一方、せっかくの歴史を持っていながら、中国はもったいないなと思います。
by:tenjin95 | URL | 2007.07.04 08:50 [編集] |
tenjin95さんへ
>中国に世界遺産を認める必要はあるのかな?

そうですね。ご意見もっともです。中国を擁護したくても、これだけの高確率で、しかも人の怠慢ないし知識不足、意識の低さによって危機遺産入りしかねない状況になっているとあっては、擁護のしようがありません。せっかくの歴史ある建造物や自然なのに…、自ら壊すとは。もったいない、と私も思います。
by:valvane | URL | 2007.07.04 21:49 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/744-8be7a564
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。