旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
北京にも謎の地下迷宮が!
『地下迷宮』だなんて言われると、それだけで惹かれてしまう人も多いかと思いますが、なんと、オリンピックに向けて建設ラッシュ中の北京の地下にも、謎の地下空間があるそうです。この地下空間の正体は、1960年代末から70年代にかけて、敵対していた旧ソ連との核戦争などに備えて掘った防空施設で、総延長は少なくとも30km!!  その中には軍総指揮部の他、ホテルや学校、病院などさまざまな施設があり、約30万人が収容可能。しかも地下道は天壇公園や王府井、そして党・政府の中心地、中南海など要所ともつながっているとか…。  

中には今も軍事的に使用されている場所もあるとかで、建設当時のまま、再開発されていないと言うここは、まさに謎の地下迷宮といった状態ですが、そのごく一部は一般に公開されています。入口は北京市中心部、天安門広場南側の前門地区。「北京地下城」という小さな看板が出ているだけのようですが、地下フリークの方は要チェック ですね。

北京に謎の地下迷宮 by 共同
北京に謎の地下迷宮 by 共同



しっかし、北京にも地下都市かぁ…。
ちょっとチェックですね。

他に、「地下」で有名な(?)ところとしては…

パリ(フランス)の地下 … 下水道及びカタコンベ(納骨堂)
イスタンブール(トルコ)の地下宮殿 … 貯水池
カッパドキア(トルコ)の地下都市
    … 核シェルターとも迫害を受けた初期キリスト教徒の隠れ家とも
ブタペスト(ハンガリー)の王宮地下迷路
    … 元はワインセラーだったり、戦時中の避難場所だったり。現在は…博物館?
エジンバラ(イギリス)の地下通廊、『エジンバラ・ヴォールト
    … 18世紀に建設された地下通廊。ワイン貯蔵庫、皮革工場、ウイスキー製造所など


「地下」ネタ、ちょっと伝説系…

インドやパキスタンの地下都市、『シャンバラ
     … 旅行者が険しい山中を歩いていた時、黄色い服(高僧)を着た僧の一団と出
        会ったが、村人に聞くと近くにそんな僧はいない、それはシャンバラに住む
        という高僧なのではないか…と言われた話など。

ブリュッセル(ベルギー)の地下都市、『ブリューゼル
     … 地下鉄工事中に、作業員が「足元から」人の話し声や騒音を聞いたことから、
        ブリュッセルの地下には地上の風景をそのまま再現した町並みが広がってい
        るのではないか、という話。
        幾人かの歴代ブリュッセル市長は、その地下空間に「招かれ」たのか、行方
        不明になったことがあると言う…。


あなたはこのうち、何ヶ所に行ったことがありますか?
な~んて。


北京に謎の地下迷宮 全長30キロ、30万人収容可能
北京五輪に向け建設ラッシュで活気づく北京の地下に、迷宮のよ
うな巨大な地下街がひっそりと広がっている。
www.iza.ne.jp
2007.06.20 | 03:06 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (3) Trackback (0)
<<ビーチではサメより砂に注意! | ホーム | PETA、「BURBERRY銀座店」前で抗議>>
コメント
ブリュッセルの地下も地下フリークにお勧めです。
現在の王宮近くの地下にありますが、以前の宮殿跡や通路が地下に残っていますよ。
市長はどうか分かりませんが、王室関係者の秘密の抜け道になっている(観光客に遭遇する!?)だの調査中にご近所の居間に出てしまった、だのうわさが流れたことがありました(笑)
by:emibel | URL | 2007.06.21 00:20 [編集] |
emibelさんへ
えっ…!!
伝説の方じゃなくて、本当に訪れることが出来る場所としての「ブリュッセルの地下」もあるんですか?! すごい!初耳です~!

それも、なになに…? 宮殿の跡に王家の秘密の抜け道…?!i-221
これはベルギーに行ったら、絶対行ってみたいですね。噂の真相やいかに!i-278

…って、「隣りの晩御飯i-271」になる可能性もあるんですか? それもおもしろそうではありますが…、なるほど。ベルギーの方はこうやって、ご近所との連携を深めていくんですね。(違うって?)
by:valvane | URL | 2007.06.22 01:21 [編集] |
わー!!
って叫んだら遠くの人まで聞こえそうですね!!カッパドキアの地下都市とシャンバラはオカルトファンの中では有名ですよね、何かそういう世界を空想すると興奮しますな!!そういえば結構前にカッパドキア周辺に住んでる住民の番組やってましたよ、そこのおばさんが家の中に吊るしてある葡萄が去年だか半年前に摘んだって言ってる割には腐っても無いしシワシワにもなってないんですよ!?何でですかね?空気が乾燥してるからかな?まぁ本当なーんも無く土地も痩せてるし良く暮らす気がするなと思いましたね。
by:ゴッホ | URL | 2007.06.22 12:48 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/731-e1f18920
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。