旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
FIFA、標高2500m以上の高地での国際試合を禁止
先月27日、FIFA(国際サッカー連盟)は理事会で、標高2500メートル以上の高地における国際試合を禁止する決定をしました。これは選手の健康を考慮した結果とのことです。しかしこの決定に、アンデス山脈の高地にある南米諸国が反発。ボリビアの国内メディアは、「FIFAの決定は高地で苦戦が続くブラジルが、強硬なロビー活動を行った結果だ」と指摘。ボリビアのエボ・モラレス大統領も「差別的だ」と強く批判し、この決定に反対する各国との会議を6月6日に開催すると述べました。

グレートジャーニー 1
関野 吉晴著
毎日新聞社 (1995.4)
通常2-3日以内に発送します。
東アフリカから南米大陸最南端へ達した人類の旅路
5万キロを、探検家・関野吉晴が逆ルートで辿る壮大
な旅路の写真集。旅の途中で捉えた自然と人々の鮮
烈ドキュメント。南米編Iは、パタゴニアからアンデスへ。
(ビーケーワン)


しかし、、 そのボリビアのメディアが例に挙げた、ブラジルの強豪、フラメンゴがボリビア行った試合の際、酸素が薄い高地であったために、選手が試合中に何度も酸素ボンベを使う必要に陥ったのだとか…。  以下、海外安全ホームページ(外務省)、「安全対策基礎データ」ボリビア より。

【高山病】
 ラパス空港は標高4,070m、ラパス市街地でも3,700mと高地に位置しているため酸素が低地の3分の2程度で、急ぎ足をしたり、重い荷物を持っていると、頭痛、呼吸困難、悪心、嘔吐、歩行障害などの高山病の症状を起こすことがあります。団体旅行参加中の日本人女性が高山病による脳浮腫で昏睡状態に陥った事例も発生しています。


ラパスというのは、ボリビアの首都ですが…、こう見ると、高地での試合を禁止するのは、当然のように思えますね。しかし、ペルーのサッカー協会関係者の発言、「もしも、本当に選手の健康を考えるならば、気温が高くなるブラジル・サンパウロや、湿度が非常に高いアルゼンチン・ブエノスアイレスでの試合も、禁止されるべきだ」にも、その通り! と思いました。空気の薄い高地だけが、健康に悪いわけじゃないですからね~。でも現実に、こうした条件に当てはまる場所を全部、試合開催地から外したら… 国によってはかなり限定されてしまうことになりますね。選手の健康を考えると必要なことですが、…う~ん。しかし「高地」だけを試合会場から外しては、本当に不公平ですね。公平に、そして選手の体のことも気遣って…。う~ん、難しい


【追記】 モラレス大統領は標高5421m地点で大学生チームを相手に試合を行い、高地でもサッカーが出来ることを証明、撤回を訴えたそうですが、…それならなぜ、試合時間はたったの40分?  やっぱり、しんどくなったのでは…。あんまり無理しない方がいいですよ~?



FIFAの高地試合禁止決定、ボリビアで反対会議開催へ
南米ボリビアのエボ・モラレス大統領は29日、国際サッカー連
盟(FIFA)が決定した高地における国際試合の禁止
www.cnn.co.jp
FIFAの「高地規制」に反発=ボリビア大統領、撤回迫る
国際サッカー連盟(FIFA)が医学的理由から標高2500メートルを
超える高地での国際試合禁止を決めたことに
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000031-jij-spo
ボリビア大統領、体張ってFIFAに抗議=標高5300Mでプレー
南米ボリビアのモラレス大統領は、空気中の酸素濃度が平地の
半分しかないアンデス山中の標高5300メートル地点
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000051-jij-spo
2007.06.02 | 08:20 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (1)
<<社会主義政策推進のベネズエラ、民間放送局を閉鎖 | ホーム | エベレスト、標高8000mという世界>>
コメント
失礼いたします。
> 管理人様

その内、すべてFIFAが定めた条件の環境を作れるドームスタジアムでのみ開催可能なんて話になりそうですね。
by:tenjin95 | URL | 2007.06.02 09:26 [編集] |
tenjin95さんへ
ドームスタジアムのみで開催、ありえそうです。
多量の汗をかく選手にとって、日本の夏のような高温多湿な気候も、下手すりゃ命取りとなりかねませんし、アフリカのように、試合中に落雷に遭って死亡…なんて、ウソのようなホントの話もありますから。i-230
もしこうなると、サッカーは屋外競技ではなくなってきますね。
by:valvane | URL | 2007.06.02 18:46 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/715-f60187b6
-
管理人の承認後に表示されます

| 2012.06.10 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。