旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
エベレスト登山「ツアー」の是非 遭難死亡事故に思う
アドベンチャーガイズつい先ほど、アルピニスト、野口健さんの(チベット側からの)エベレスト登頂成功と地球温暖化について書いたばかりですが、それに付随して、少し…。

「登頂に成功した」と聞くと、すごく晴れ晴れしく感じてしまいますが、実は今回のエベレスト登山、恵まれているどころか、「地獄」だったようです。つまり、遭難者が相次いだ…と。そしてその中には、日本から「ツアー」で登山に参加し、亡くなられた男性もいました。

【エベレスト登頂成功の都内の62歳、山頂付近で急死】 (読売新聞)
世界最高峰のエベレストで現地時間の15日午前、公募登山に参加した都内に住む男性(62)が、登頂成功後に山頂付近で死亡したと、登山を企画した山岳ガイド事務所「アドベンチャーガイズ」(東京都千代田区)に同日、衛星携帯電話で連絡が入った。
同事務所によると、登山隊(大蔵喜福隊長)は4月14日、成田空港を出発。15日午前8時半(日本時間午前11時45分)ごろ、エベレスト登頂に成功した。山頂で約10分間休み、下山しようとしたところ、男性が突然しゃがみ込んで意識を失って亡くなった。遺体は山頂付近の雪の中に埋葬された。


…ネパール人ガイドが心臓マッサージなどを施したものの、蘇生せず息を引き取ったそうです。が、なぜ「ツアー」でエベレストに  この「ツアー」を催行した旅行会社、「アドベンチャーガイズ」社は、「04年に日本で初めてエベレスト登頂を目指す本格的な商業公募隊を派遣。04年5月にも広島県から参加した女性隊員(当時63)が登頂成功後の下山中に亡くなっており、2回目の遭難死となる。asahi.com)」そうです。

「7,000mを越える世界の高峰」「難易度の高い登山」「秘境の登山」にチャレンジするための公募形式の登山隊です。一般の海外旅行とは違い、同行する日本人リーダーや現地スタッフの指導のもと、参加者が隊員として自身の安全管理に責任を持って登山を行って頂きます。また、概して高峰登山や秘境登山は出発前の準備に時間が掛かりますが、手間の掛かる手続きは、登山隊事務局にお任せ頂き、参加者のみなさんは、ご自身の体調管理など登山にだけ集中されて出発に望んで下さい。


とは、旅行を主催した「アドベンチャーガイズ」社の「公募登山隊」のページからですが、この文面からは「誰でも手軽に7000m級の高峰にチャレンジできる」かのような印象を受ける一方、しっかりと「安全確保は自己責任で」と書かれています。そのためでしょうか。遭難事故から半月近くが経っているとは言え、「アドベンチャーガイズ」社のHPには「お詫び」はもちろん、「お悔やみ」の一言もありません。遭難事故があったことを知らせる一文すら、入っていません。

「こちらは旅行の手配をしただけ」…?

「自己責任で登ったのだから、知ったことではない」…?



そしてニュースによると、このわずか3日後に更にもう1人、長野市の男性会社員(47)がキャンプ2のテント内で、遺体で発見されました。亡くなった男性は素人ではなく、これまでに3度エベレストに挑戦していて、過去2回は最終キャンプ(8300m)に到達し、また、2003年にはチョーオユー(8201m)に登頂成功していた「ベテラン登山家」とのこと。そして今回の登頂に当たって、事前の健康診断で問題はなく、持病もなかったと言います。…「3度」挑戦しただけの男性を、野口健さんと同列に見ることが出来るかどうかは、別問題ですが。

亡くなった男性は、「登頂に挑戦する資格が十分にあり、旅行会社も旅行会社なりに、安全に気を配っていた」…?

【エベレストで日本人男性が死亡 山頂手前のテントの中】 (asahi.com)
男性は、93年にナンガパルバット(8126メートル)、04年には世界第2の高峰K2(8611メートル)にいずれも酸素ボンベを使わず登頂した。
今回はカトマンズのトレッキングなどを手がける旅行会社が募集した個人手配のツアーでエベレスト登山をしていた。高所ガイドも雇わず、酸素ボンベも使わない単独でのスタイルだった。


ガイドも雇わず、酸素ボンベも使わず… 

そりゃ~、酸素ボンベなしでエベレスト登頂なんて出来たらスゴイですが、野口健さんほどの
「ベテラン」だって、酸素ボンベ使っているんですよ

この男性だって、エベレストに挑戦するほどの人なら、「山の恐ろしさ」は判っていたと思うのですが… 
…判っていたのでしょうか?
判っていたなら、「自己責任」であり、憧れの山で死ぬことは「本望」かもしれません。しかしそれでも、「商業」登山隊であるなら、安全を第一に考え、諌めるべきであったと思います。よく言いますが「山の天気は変わりやすく」、猛烈な強風や吹雪に見舞われれば、普段の何倍も体力を消耗してしまうでしょう。いくら8000m級の山に登ったことがあると言っても、天気に恵まれた時とそうでない時とでは、天と地ほどの違いがあるでしょう。「視界」1つ取っても、足場がしっかり確認出来るのと出来ないのとでは、強いられる緊張の度合いが違ってくるでしょう。緊張が高まれば、体もこわばります。必要以上に疲労し、呼吸も荒くなるでしょう。そうなればもちろん、酸欠による「高山病」発症の危険度合いも、違ってくるでしょう。。


これらについて、野口さんも思ったことがあったようです。奇しくも野口健さんは、亡くなられた男性と同じ日に登頂しており、もちろん、悲報をいち早く受け取った1人です。そのため男性のことも「いつものように」衛星電話で事務所に伝え、事務所はそれを「ブログにアップ」しました。残念ながら、その内容を巡って、一部「荒れる」方がいたため、私がブログを見たときには既に削除されていたのが残念ですが…、その内のごく一部は引用された形で残っていました。そこからの、私にとって興味深い言葉です。

「大蔵さん(※)が山の大先輩ですからフォローをするわけではないのですが、そもそも僕はエベレストのツアー自体に無理があるのかなと。
山の世界と言うのは自己責任の世界ですから。そこにツアーって言うのがありえるのかなと。」    ※ ツアー登山隊の隊長


…まったくもって、同感です。おそらく引用者さまが想像されるとおり、「何らかの不測の事態が発生しても、それは自己責任であり、当社は一切の責任を負わないものとする。」といった内容の同意書を取っているものと思われますが、同意書さえ取り付けていれば死者が出たって良いのか、ということですね。山かどうかはともかく、旅とは、本来危険なものです。それを「商売」にしておいて、責任は客に丸投げだなんて、そんなことがあって良いわけがない。それでお金を取る以上は、きちんと責任を持たないと。そして責任を取れないなら、手を引く勇気も必要です。


この「From VALVANE」を立ち上げた理由、そのものな話題であったため、少々熱く語ってしまいましたが、この辺で…。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。


【追記】 
申し訳ないです。私も頭が混乱していたようで、一部訂正しました。今季のエベレスト登山で亡くなった日本人は、2人。アドベンチャーガイズ社のツアーを利用された、都内に住む62歳の男性と、カトマンズの旅行会社を利用、ガイドなし、酸素なしで挑んだ長野の47歳の男性です。いずれも、旅行会社のツアーを利用していたわけですが…。お2人の冥福をお祈りいたします。

こちらもどうぞ :
「山とランニングの日記」より、「公募登山の価格
野口健:人間の死が見えるエベレストでの不思議体験  「心霊動画、心霊写真収集館」より
山に登るときの心得、山の神様に対する礼儀…といったお話を、細木数子さんとされています。私は細木さん信奉者ではないですが、山の神様に対する姿勢には同感です。私も、旅行する時はいつも、その土地土地の神様や山の神様に、畏敬の念を払って旅行していますが、それが危険な目に遭うことなく帰ってこれる理由かもしれません。
2007.05.31 | 12:57 | 旅人として気になるニュース | Comment (22) Trackback (0)
<<エベレスト、標高8000mという世界 | ホーム | 地球温暖化 エベレストの氷河湖が解ける…!>>
コメント
うーん
47歳の人は商業登山じゃないと思います。エベレストの場合、登山の許可とか色々手配が大変ですから、そのあたりのアレンジとか、登山のバックアップのために旅行会社使うのは一般的です。無酸素単独登山ていうのも確立されているスタイルです。勿論、危険度は大変高いですが、山野井泰史等、日本にもものすごい人が居ます。
by:ダイ | URL | 2008.01.03 00:25 [編集] |
ダイさんへ
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、47歳の人の件はパックツアーではないと思います。しかし個人手配でも、「手配」と付くものは一種の「ツアー」の扱いになるんですね。1人だけ参加のツアーです。もちろん、この場合は企画したのは客であって、旅行会社ではないです。しかし、お客様はお客様であって、(たとえ相手がプロであろうとも)旅行会社はお客様にプロの知識と経験を求める「気持ち」があってはいけません(安易に「大丈夫だろう」と過信するな)。旅行会社は常に、お客様の安全を第一に考え、第二に楽しみなどの要望を考えるべき…と言うのが、私の考えです。それからすると、無酸素単独登山というものが、どれくらいのレベルの人たちの間で確立されたスタイルなのか、私は存じませんが、旅行会社としては勧めるべきではないでしょう。客の要望に応えるだけではなく、場合によっては説得するなり、断るなり、(手数料は諦め)自分で手配するよう、連絡先だけメモして渡すなりすべきです。

個人的なことを言えば、たとえどれだけ多くの人が無酸素単独登山するようになったとしても、第一人者である野口健さんがそうしていないと聞けば、私もそうしません。危険だと分かっていて危険なやり方をするのは、勇気があるとは言いません。無謀なだけです。そんな人は、万が一の時に世話をした会社の名前が晒されずにすむよう、自分で手配してください。
by:valvane | URL | 2008.01.04 06:38 [編集] |
なるほど
管理人さんのご意見もよくわかるのですが、正直なところ、それだとエベレストの山々は登れなくなっちゃいます。野口さんのされていることはとても個人的には評価していますが、彼の登山隊でも過去何人か(現地高山ガイドも含め)が亡くなっています。彼の登山スタイルは極地法と言われるもので、沢山のガイドを引き連れて酸素ボンベを引き上げ、登ります。そんなスタイルでも8,000m級の山々では天候や体調次第ではあっさり行動不能になったりしてしまいます。高山ガイドも出来る範囲では助けてくれますが、自分の身が危険であれば客を残して撤退しますし、実際8,000mの高度で行動不能になった人を助けることは物理的にも出来ません。みんな、自分が生きて帰ることで精一杯です、背負って降りられるような山ではないですから。エベレストの山々に登る人たちは基本的に「死ぬこともあり得る」前提なのが常識です。そういう意味では、商業公募登山においてそのあたりの危険性をキチンと説明していたかは重要だと思いますが。また、ソロクライマーの方のツアーは、航空券、入山申請、道具の手配だと思います。これらは基本的に自分でやるのは大変ですし、ほとんど個人手配と変わらないです。あと、無酸素は登山のスタイルとしては大変スタンダードなもので、誰でも知っているメスナーのような著名登山家も無酸素で8,000m級に登っています。また、登山の世界では野口さんは第一人者ではないです。エベレストに沢山登ってゴミを片付けるえらい人ではありますが。
by:ダイ | URL | 2008.01.04 22:34 [編集] |
ダイさんへ
>それだとエベレストの山々は登れなくなっちゃいます。

じゃ、登らなくて(&登らせなくて)結構です。航空券や査証申請、入山申請、道具の手配等…、これらはロシアのような一部の国を除き、個人で手配可能です。旅行会社がしていることは難しいことでもなければ、旅行会社でないと不可能なことでもありません。ただ単に、面倒事をお金で引き受けているだけです。本当に、登りたいと思う気持ちが強いなら、旅行会社が手配しなくても、そんなものは何ら障害にならないはずです。旅行会社、顧客共に、馴れ合い、甘えあっていたのでは成長しませんね。
by:valvane | URL | 2008.01.06 13:24 [編集] |
ダイさんに同感
野口健は山に登ることで高い講演料を稼いで生活するという意味ではプロと言えるかもしれませんが、
登山界では第一人者ではないですよね。彼こそツアー登山など業者によるアレンジ登山をを利用しまくってお金の力で山を制しているツアー登山の第一人者ではないでしょうか。そこは本人も自覚しているようで、決して肩書きを「登山家」とはいいません。「アルピニスト」とごまかしています。
商業登山の是非は別にして、業者は死者を無くし成功率を上げる努力はすべきだと思います。
外国では100人以上の登頂者を生み出しながら誰も死なせていない業者がある中で
日本の業者は評判が悪いです。アドベンチャーガイズは死亡率が高すぎますね。
by:なかむら | URL | 2008.09.02 03:00 [編集] |
なかむらさんへ
>業者は死者を無くし成功率を上げる努力はすべきだと思います。

それはその通りですね。お金を頂いて命を預かっているんですから、当然です。
しかし旅行者の方も、自分の体力、実力、経験値等を無視した要求を突きつけるのは、慎むべきです。
業者も旅行者も、お互い自分の責任は自分で負う一方で、相手を思いやる必要があるでしょう。
by:valvane | URL | 2008.09.03 00:17 [編集] |
同感です
登山界では第一人者ではないですよね。彼こそツアー登山など業者によるアレンジ登山をを利用しまくってお金の力で山を制しているツアー登山の第一人者ではないでしょうか。そこは本人も自覚しているようで、決して肩書きを「登山家」とはいいません。「アルピニスト」とごまかしています。

野口さんって申し訳ないですがAGのツアーですべて登頂できる程度のことをやっただけで、特別な登山家ではないのが常識と思います
確かに山の環境美化のことに関してはメディアで一生懸命取り上げてくれるのでありがたいですが、野口さんと登ろうなんていうツアーの金額を見たらげんなりしてしまいますよ
by:kAZ | URL | 2009.04.07 20:11 [編集] |
kAZさんへ
コメントありがとうございます。
このエントリー、書いてから大分経つにもかかわらず、未だにアクセスが多いので驚いています。

>登山界では第一人者ではないですよね。彼こそツアー登山など業者によるアレンジ登山を
>利用しまくってお金の力で山を制しているツアー登山の第一人者ではないでしょうか。
>野口さんと登ろうなんていうツアーの金額を見たらげんなりしてしまいますよ

もし彼がどのようなツアーを利用されているのか、あるいはげんなりすると言う、「彼と登ろうツアー」がどんなものなのか、ご存知であれば教えていただきたいと思います。
どこかのHPで募っているのかもしれませんが、私を含め、ほとんどの方は、そこまで知らないと思います。私たち一般人にとっては、メディアを通して得たイメージが勝っていますので、こんなところで言葉だけで述べられても、にわかには信じがたい部分もあるのです。ぜひ、何かご存知でしたら、教えてください。

しかしそうなると、彼が言ったと言う
「エベレストのツアー自体に無理があるのかな」
「ツアーって言うのがありえるのかな」
という言葉とは矛盾してきますね。野口さん自身もツアーを利用していたとして、何を思って、そう発言した(公式ブログにアップした)のか。
by:valvane | URL | 2009.04.09 10:47 [編集] |
自己責任でいいと思います
>「こちらは旅行の手配をしただけ」…?
>「自己責任で登ったのだから、知ったことではない」…?

通常の旅行ならともかく、一般的に死の危険を伴うとされるエベレスト登山に関しては、登山者の自己責任でいいと思いますよ。
死体がゴロゴロ転がっている山に登ろうなんて考える人は、当然、死の可能性も認識しているはず。
旅行会社だってガイドをつける以上、危険度の説明を全くしていないとは考えにくいですし、
同意書にもサインしている。旅行会社側に明確なミスがあったという話も出ていない。
結果は悲惨ですが、これを旅行会社の責任にするのは筋違いというものです。
私を含め登山のド素人であっても、エベレスト登山がハワイ旅行と違うことくらいわかります。
通常のパックツアーと同列に扱う管理人さんの考えはどうかと思います。

その一方で、業者の中には金だけもらって杜撰な管理しかしない所が無いとはいえません。
そういった業者がゼロだと考えるのはお人よし過ぎます。
自分が命を預けるガイドや旅行会社の実績をあらかじめ調べるのも自己責任といえるでしょう。
by:たけし | URL | 2009.07.23 17:42 [編集] |
たけしさんへ
何か、認識の違いがあるようで。。


>通常のパックツアーと同列に扱う管理人さんの考えはどうかと思います。

旅行業法的には同じ」なんですけどね。i-239

旅行会社が手配したのが、個別のパーツ(飛行機のチケットだけ、宿泊の予約だけ など)であるならば、旅行会社が責任を問われるのは、その実際に手配したものに対してのみとなりますし、そうでなくても、それは「手配しただけ」と看做されますので、「予約が取れていなかった」といった類のトラブルでない限りは、責任を問われることはありません。しかし、エベレスト登山ツアーのように「ツアー(主催旅行)」となっているものについては、「全責任」が旅行会社にかかってきます。そこに、「参加者の自己責任」というものは、ありません。法律で、そのように「決まっている」のですから。

もし主催旅行中に、顧客の身に何かあった場合、旅行会社は責任を免れません。

だ・か・ら…! 旅行会社は死亡の可能性が高い、ハイリスクなものからは手を引け、と言っているのです。旅行会社の利益ということもですが、いくら責任を取ると言っても、お金や社長の辞任で、人の命は戻ってきませんからね~。i-181

あるいは、そこがエベレストの頂上だろうとなんだろうと、安全・【確実に】、顧客をスタート地点(自宅)まで送り届けるだけのサポート体制を用意するか。

これは私の個人的な意見ではなく、実際に旅行会社には、「主催」するからには、そのレベルの安全対策が求められるのです。そんなの、まぁ、無理ですが。(吹雪けば救助ヘリだって、近寄れません。)
by:valvane | URL | 2009.07.23 23:13 [編集] |
ご意見をくださる方々へ
エントリー内容が理解できていて、それでいて何かご意見があるのでしたら、それはお受けします。しかし、ちょっと疑問に思うのですが、ここに書き込みをしてくる方で、自分のサイトURLをさらす勇気のある方は、いらっしゃらないんでしょうか?

そんなに立派な意見があるならば、自分のサイトで徹底的に述べた上で、トラックバックしてくればいいのに、とも思うわけです。ブログなんて、無料で作れるのですから。

なお、こちらのエントリーは「野口健さんが、どういった人物であるか」を論じるものではありません。旅行会社謹製のツアー(主催旅行)の行き先に、エベレストということがあって良いのか、を論じるエントリーです。
by:valvane | URL | 2009.07.23 23:29 [編集] |
法律論ですか感情論ですか
>「旅行業法的には同じ」なんですけどね。
>しかし、エベレスト登山ツアーのように「ツアー(主催旅行)」となっているものについては、「全責任」が旅行会社にかかってきます。そこに、「参加者の自己責任」というものは、ありません。法律で、そのように「決まっている」のですから。

法律的な話をされるのですか?
法律的には件の登山はそもそも旅行業法上の旅行に該当しないでしょう。
管理人さん抜粋のニュースには「ツアー」ではなく「公募登山」と書かれていますし、ア社のサイトでも下のように書かれています。

>難易度、リスクが高く、一般のツアーでは実施できない海外登山のために、公募形式の登山隊として参加者を募集します。

なので、旅行業法的にはクリアですね。


他方の感情論ですが、「法律的にOKなら何をやってもいいのか」と言われれば、金を取る以上ア社には一定の責任が発生すると思います。
「一定の責任」の一線をどこに引くかは当事者間で決めることで、件の場合の詳細は分かりませんが、入山手続きの代行やガイドの手配、飛行機の手配などはア社の責任の下で行われると思われます。ですが少なくとも、100%の生存をア社が保証しているとは思えません。一般常識に照らせばエベレスト登山の参加者が死の危険性を予測できないことは無いと思いますので、危険性について互いの合意のもと(=ア社が一定の責任を果たした状態)で実施された登山だと考えるのが自然です。


>お金や社長の辞任で、人の命は戻ってきませんからね~。

そもそも、一般的なツアーでも死者は出ています。
死者が出た場合お金や社長の辞任では許されないからそのツアーの存在を否定するというならば、公募登山はもとより世の中の全てのツアーを否定することになりませんか。そんな世の中つまらないです。

>吹雪けば救助ヘリだって、近寄れません。
吹雪かなくたってヘリは8000mまで飛べませんよ。


気に入らなければこの削除してくださいね。
by:たけし | URL | 2009.07.24 08:01 [編集] |
たけしさんへ
たけしさんは、アドベンチャーガイズの方ですか?
だから絡んでくるのですか?

>なので、旅行業法的にはクリアですね。

なにがどう、クリアなのですか? 公募形式と言うのは、広く広告・宣伝をして人を集めていると言う、それだけの意味です。そして、公募登山であるからと言って、ツアーでない可能性はありませんし、これはハッキリと「商業ツアー」です。お金を取って、お金を払うなら連れて行きますよ、という意味で、ニュース原文を書いた方や、事故を招いたアドベンチャーガイズの方は、言葉を言い換えて「はぐらかしている」かもしれませんが、商業登山は一般のツアーと同じです。

「公募形式の登山」とは…?


◆組織内公募登山隊◆
日本山岳協会、日本勤労者山岳連盟、日本山岳会、日本ヒマラヤ協会などの全国規模で構成されている団体が、各組織内で隊員を公募した登山隊。

◆一般公募登山隊◆
社会人山岳会、職域山岳会、大学山岳部・OB会などが組織した登山隊

◆国内商業登山隊◆
日本人が営利を目的として一般から隊員を公募した登山隊

◆その他◆
組織を派遣母体としない登山隊。例えば友人同士又は個人的に高所ポーターなどを雇用して行った登山。

以上、分類は社団法人日本山岳協会による。------------------

>>吹雪けば救助ヘリだって、近寄れません。
>吹雪かなくたってヘリは8000mまで飛べませんよ。

だから、旅行会社はツアーなんか出すな、といっているでしょ? 
ちゃんと読んでから書いてください。

コメントは削除せず、残させていただきますが、ご自身のURLは表示せず、捨てハンドルネームと思しきもので他人のサイトを荒らす方というのは、いただけません。もう来ないでください。

荒しお断り。
by:valvane | URL | 2009.07.24 10:24 [編集] |
残念です。
論破されたとたんに、ア者の関係者だとか荒らしだとか・・・
反対論者は全部荒らしですか。
論点と関係ないところで発言者を攻撃するなんて、荒らしは他でもないあなたですよ。

私の発言は全部削除してください。
by:たけし | URL | 2009.07.28 13:22 [編集] |
たけしさん
私は何も論破されておりません。
私は認識間違いされているようなので、その部分を説明しただけですが、理解されない上に、あまりにしつこく絡んでこられるので、推測しただけです。

わざわざIPアドレスを変えてまで、ご苦労様です。
by:valvane | URL | 2009.07.28 14:53 [編集] |
公募登山肯定派
途中にあった下記意見に賛成です。
法律論は分かりませんので感情論で申し上げますね。
-------------------------
>「こちらは旅行の手配をしただけ」…?
>「自己責任で登ったのだから、知ったことではない」…?

通常の旅行ならともかく、一般的に死の危険を伴うとされるエベレスト登山に関しては、登山者の自己責任でいいと思いますよ。
死体がゴロゴロ転がっている山に登ろうなんて考える人は、当然、死の可能性も認識しているはず。
旅行会社だってガイドをつける以上、危険度の説明を全くしていないとは考えにくいですし、
同意書にもサインしている。旅行会社側に明確なミスがあったという話も出ていない。
結果は悲惨ですが、これを旅行会社の責任にするのは筋違いというものです。
------------------
公募登山でないと登れない(単独では安全金銭面共に難しい)希望者とツアー会社との間にコンセンサスがあればそれでよいのではないでしょうか。

海外旅行のツアーだってツアー最中に死亡者が出ても誰も文句言いませんし、valvaneさんの理論を極論まで広げればそれらも禁止すべきとも受け取れます。

あとちょっと見知ったことで参考例になるかな?と思われることを。
分野違いですが自然相手で危険が伴うスポーツとしてダイビングにおいては、ライセンス講習時に死亡しても文句は言いませんという同意書を書きます。が、実際それで死んで(対応しきれない本人のパニックが原因で素人感覚には催行会社に致命的なミスはなし。裁判では色々議論の余地があるんでしょうけど。)遺族が裁判を起こした例では会社側が負けて賠償金を払っています。同意書は法的根拠を完全に満たすものではないようですね。
そういう意味では公募登山は裁判が起こされていないなら遺族と会社の間にもコンセンサスはあって感情的には、参加者の自己責任で問題がないという考えです。

ところで自身近々現地でガイドを雇って周囲の6000m峰に行く予定なので興味のあるトピックで拝見しております。
上の議論も僕には「荒らし」には見せません。有意義に色々な意見を拝聴してます。
消さずに色々な見識にお目にかかりたいです☆
by:まさ | URL | 2009.10.27 10:07 [編集] |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | | 2011.01.08 03:49 [編集] |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | | 2012.01.27 21:46 [編集] |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | | 2013.04.02 00:01 [編集] |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | | 2014.06.02 23:20 [編集] |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | | 2015.11.17 08:24 [編集] |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | | 2016.11.26 09:15 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/713-2528cd96
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。