旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
地球温暖化 エベレストの氷河湖が解ける…!
野口健公式WEBサイトエベレスト清掃登山を提唱したことで、より広く知られるようになったアルピニスト、野口健さん。5月15日には悲願の、中国(チベット)側からの登頂に成功しました…

ただ、下山後にネパールのカトマンズで行われた記者会見で述べられたと言う、野口さんがエベレストに登られて目撃した「衝撃的な話」に、私もショックを受けました。。

それによると、地球温暖化の影響は高度8000mのエベレストにも現れていて、エベレスト南部の標高5050m付近にある氷河湖、イムジャ湖に流れ込む水量が急増しているとのことです。そして、もし仮にイムジャ湖が増水した水で決壊すると、、大量の湖水がシェルパたちの住む、低地の村々を襲う危険性がある、…と。

ちなみに、この「氷河湖」というもの自体、氷河が急激に溶け出した水が溜まって出来るもので、つまり、地球温暖化による産物らしいです。実際、今回心配の種になっているイムジャ湖も、野口さんが1962年に訪れた時はなく、そこには「氷河」があったとのこと。しかし、

それから徐々に解け始め、ついに氷河湖が誕生。2001年には0.8平方キロメートルだった氷河湖が今年には1平方キロメートルに肥大。水深200mほどだとも言われている。もし融解し溜まっている大量の水が流れ出せばチュクン村・ディンボチェ村・パンボチェ村、タンボチェ村などは跡形もなく流されてしまうだろうとの事。

(野口健公式サイト「融解する氷河」より)


1平方キロメートル…!!

水深200m…!!





地球温暖化、とてつもないです!!



<エベレスト>氷河湖解け決壊の恐れ…野口健さんが警告
世界最高峰のエベレスト(チョモランマ)へのチベット側からの
登頂に成功したアルピニストの野口健さん
headlines.yahoo.co.jp
隊員レポート:5000mでは何が起きているか
この湖が増水し続けた数年後にモレーンが決壊したらここより下
流にある村(シェルパの里)のほとんどが
www.noguchi-ken.com
2007.05.31 | 07:01 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<エベレスト登山「ツアー」の是非 遭難死亡事故に思う | ホーム | テレタビーズがゲイを奨励している?>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/712-4f958149
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。