旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
1機180億円の旅客機を個人が買う時代に
ボーイング社と言えば、言わずと知れた航空機の製造メーカーで、その顧客はと言うと、これまた想像がつきそうですが、航空会社や政府が中心でした。一部のハリウッドスターを除いて。ところが世界経済の拡大や搭乗手続きの煩わしさから、新たな顧客層として企業や裕福な個人などが専用機として購入するケースが増えているそうです。そのためボーイング社は、新たな部門を設立。次世代大型旅客機B787「ドリームライナー」に個人向けの内装を施した「プライベートジャンボ機」「787 VIP」を開発しました。その価格、なんと

          約1億5300万ドル(183億円)

シドニー空港、バージンアトランティック航空


そんなもの、買う人がいるのかと思ったら、既に今年だけで7機、注文が入っているそうです。5月段階で7機ですから、1年では約17機が売れる計算というから、ますます驚きですね。
なお、ボーイング社が発表したところでは、買い手の1人は香港の不動産王、Joseph Lau氏(資産総額は約17億ドル=約2000億円)とのこと。このVIP専用機の画像(内装含む)が見たい方は、下記の元記事へどうぞ。


1機180億円! ボーイングのVIP専用機って誰が買うの?
これまで個人などの専用機は小型のビジネスジェット機が主流
で、大型の旅客機を個人の専用機として購入する
www.technobahn.com
プライベートジャンボ機の室内インテリア
画像はボーイング社が公開したVIP向けのプライベートジャンボ
機「B747-8 VIP」の室内インテリア
www.technobahn.com
2007.05.30 | 00:39 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<テレタビーズがゲイを奨励している? | ホーム | 世界遺産の古民家 保護資金提供者に居住使用権>>
コメント
ヘリウム機
宇宙時代未来の旅客機に機体と同じか倍ぐらいのヘリウムタンクを付けて飛ぶと空気抵抗もあまりなくエネルギーの小さなエンジンで飛行できるかもしれない 宇宙船も同じ原理でできるかもしれない
by:増田二三生 | URL | 2008.04.04 17:47 [編集] |
増田二三生さんへ
これのことでしょうか?i-195

米ネバダ州の航空機ベンチャー「HuntAviation(ハント・アビエーション)」社がこれまでの航空機とは全く異なる方式で飛行する飛行機の開発を進めている。ハント社が重力飛行機と呼ぶ、その飛行機はヘリウムガスを使った飛行船と翼を利用した浮力を利用した飛行機のハイブリッド型の航空機となるが、その飛行原理はこれまでの航空機のものとはかなり異なっている。ハント社の創業者のロバート・ハント博士の理論はヘリウムガスの浮力を利用して機体を浮上させて、ヘリウムが浮力の限界点となる高高度の成層圏まで急速に浮上すると同時にこの時に生じる浮力のベクトルを利用して推進。高高度にまで達すると今度は、ヘリウムを抜いて重力の力を利用して推進するというものとなる。高高度まで達したら坂道を転げ落ちるかのように重力を利用して推進することからハント博士はこの航空機の原理を「重力飛行機」と名付けた。上昇、下降の際には推進力に弾みを付けるために更に圧縮空気を利用した推進器も併用するとしている。ハント博士によると、この重力飛行機の原理はもちろん燃料をまったくゼロにすることはできないが、これまでのジェットエンジンを利用した航空機などと比べると重力そのものを推進力に使うことができるために燃費効率を飛躍的に向上させることができるという。また、燃料を使って飛行をしている訳でないため、燃料系やジェットエンジンなどに航空機事故の発生の確率も抑えることができる他、ジェットエンジンに起因する騒音などもないため、環境に優しい飛行機だとしている。画像はハント社が公開した重力飛行機の概念図。浮上中は両翼の開いて飛行。成層圏まで達したら翼を畳んで滑降することで推力を得る。
by:valvane | URL | 2008.04.04 23:56 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/710-3507117e
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。