旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
京都迎賓館の鯉 サギがつまみ食い
京都迎賓館 ものづくり ものがたり京都迎賓館――。大使や大臣でもない限りは、年に数日しか「観光地」とならない場所ですが、その京都迎賓館の日本庭園に、毎日のように通ってくる「食客」がいるそうです。

それは、   …じゃなくて、サギ と カワウ!

問題の日本庭園は、京都迎賓館の中央にあり、各部屋や廊下からニシキゴイが泳ぐ様子が見えるようになっており、池には、新潟中越地震で被害を受けた旧山古志村(現長岡市)からも鯉110匹が放たれているのですが、その鯉の稚魚をサギが狙う、…と。しかも、曲がりなりにも迎賓館ですので、見た目が悪くなる防鳥ネットは張れません。どうしよう…、と頭を抱える迎賓館事務所。そこへ現れたのが、カワウでした。「カワウは水面下に潜って根こそぎ食べるので、サギより厄介」だそうで、…迎賓館の鯉、大丈夫なんでしょうか? 迎賓館としては、カワウは想定外であるものの、「温かく見守っていく」方針なんだとか。


以下、内閣府サイトより―――――――

【京都迎賓館】

京都迎賓館は日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくことを目的に建設した国の迎賓施設です。歴史的景観や周辺の自然環境との調和を図るため、日本の伝統的な住居である入母屋屋根と数奇屋造りの外観をいかし、築地塀を巡らせた品格のある和風の佇まいを創出しています。建設に当たっては、数奇屋大工、左官、作庭、截金(きりかね)など、数多くの伝統的技能を活用し、京都を代表する伝統技能者の技が生かされています。また調度品についても西陣織や蒔絵(まきえ)、漆などの伝統的技能を活用した家具を配置しています。東京(赤坂)に位置する洋風の迎賓館とあわせ、国公賓などの賓客の接遇の場としての役割を果たします。

京都迎賓館一般参観者の募集について

(1) 7月24日(火)から7月31日(火)まで(8日間):京都府民・市民を含む全国民対象
(2) 8月1日(水)から8月2日(木)まで(2日間):京都府民・市民対象

官製「郵便往復はがき」の【往信】の裏に、参観希望日(参観期間中のいずれか1日のみ)、氏名(ふりがな)、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号(日中連絡がとれるもの)を記入の上、「〒600-8691 京都中央郵便局留め 京都迎賓館参観希望係あて」まで郵送。希望者多数の場合は、抽選。参観日において、満16歳以上であること。乳幼児等の同伴は、お断り。

平成19年5月31日(木)到着分まで有効



京都迎賓館のコイがピンチ 景観上、ネット張れず
世界の要人が集う京都迎賓館の日本庭園にサギが毎日のように
飛来、池のニシキゴイの稚魚をつまみ食い
headlines.yahoo.co.jp
2007.05.25 | 18:27 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<シェイクスピアを漫画で | ホーム | ロシアの警官、「違法滞在」と脅してワイロを要求>>
コメント
うひゃひゃ
こーゆーハナシ ダイスキです!
暖かく見守ってる間に 鯉 全滅なんでしょうね~。

でも 鯉は 東欧ではクリスマスのご馳走だとか なので 毎日ご馳走食べてる 鳥たちは 幸せですね(職員の方たちは頭痛いだろうケド)
by:プリシラ | URL | 2007.05.28 21:24 [編集] |
プリシラさんへ
もし温かく見守っているうちに全滅…なんて続報が出ましたら、そのときは「痛いニュース」として書かせていただきます。i-278

東欧じゃなくても、コイはご馳走らしいですね。私は食べたことないけど…。
このサイトを見ると、鯉の旨煮っておいしそうですね。
http://www.oak.dti.ne.jp/~koione/
by:valvane | URL | 2007.05.28 23:07 [編集] |
僕が赤ん坊の頃は
両親は駆け落ちで結婚して物凄く貧乏生活してたらしくて、母の母乳の出がよくなるように父がどっかから鯉を盗んできて料理して母に食わしたという事があったって話しを思い出しました。

母は美談のように語ってましたが犯罪モロですよね。
by:ゴッホ | URL | 2007.05.29 01:46 [編集] |
ゴッホさんへ
うわ…! 恋泥棒は鯉泥棒でもありましたか…!!i-229
by:valvane | URL | 2007.05.29 07:49 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/706-49b54f04
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。