旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
被害ペットは4000匹以上?まだ続く中国産輸入食品被害
3月にアメリカで発生したペットフード大量リコール騒動は、その後、中国から輸入した小麦グルテン(ないし、濃縮コメタンパク質)に有毒物質【メラミン】、そして殺鼠剤に使用される【アミノプテリン】が含まれていたことが判明しました。そのため、米食品医薬品局(FDA)によると、少なくとも犬1匹と猫15匹、あわせて16匹が腎不全で亡くなり、1万匹以上のペットたちが嘔吐や食欲不振を訴えたのです。…が、「死亡件数は実際はもっと多いはず」と異議を唱えていた獣医やペットの飼い主たちの声は、正しかった。。

ペットフードの大量リコールが伝えられてから、約2ヶ月。この間に米食品医薬品局(FDA)が受けた問い合わせの電話は、17000件。そのうち少なくとも約4000件が、ペットの死を報告するものだったのです…。(犬2200匹、猫1950匹)

そのためアメリカでは、ペットフードを有機製品に切り替える動きが広がっているとのことですが、食品の品質にもっと興味を持っていいのは、人間も同じようです。


アーテミス フィーライン (全ての猫用) 2.3kg
アーテミス (2005/04/27)
売り上げランキング: 335
おすすめ度の平均: 4.5
5 ボンバー!!
5 猫大好き
4 美味しそうに食べています



亡くなったペットたちが食べていたフードから検出された【メラミン】は、肥料や樹脂に使われる化学物資ですが、

小麦のタンパク質を測定するとき、窒素の含有量を測定してタンパク質量に換算する方法が使われるため、窒素含有量の多いメラミンを小麦にくわえると、検出される窒素量が多いので、タンパク質含有量が多く見せかけることができる、というカラクリがある。メラミンはタンパク質の4倍の窒素を含有しているため、メラミンを1グラム小麦に加えると、タンパク質が4グラム増えたように測定されるわけだ。                                      「北京趣聞博客」民以何食為天 食の安全学⑥ より


こんな理由で添加されていたんですね~!

そして、このペットの死亡原因を突き止める過程で、これがアメリカの豚や鶏用飼料にも混入していて、中にはもう既に、「お肉」として流通していたものもあったりしました。こうしてアメリカだけでなく、世界中が中国産食品に警戒している中、今度は「中国産汚染ナマズ」が大量に見つかったと話題になっています。しかし、、キリが無いですね。まさに、この通り。

"The pet food incident has shined a light on an issue that already exists, and that is the fact that there are many contaminated products coming from China, not just wheat,"
「有毒物質のペット・フードの発覚は、すでに存在している「ある問題」を明らかにした。それは、多くの汚染食品は中国産であり、小麦に限ったことではないということだ。」       by  Dick Stevens, president of Consolidated Catfish Cos., a Mississippi-based processor.


see also・・
ペットフードに「ねずみ駆除剤」?!
北米向けペットフードを大量リコール
卵黄が赤いアヒルの卵は発ガン物質が豊富

中国産輸入食品問題、米国で被害続出
米国で、中国からの輸入食品による被害が続出している。4月に、
中国製造原料入りのペット・フード
jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d39403.html
Scandal turns tide on fish imports
First, "beware toxic dog food"; now, "beware tainted
catfish."
www.washingtontimes.com
2007.05.07 | 17:28 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (1)
<<アメリカの国立公園、値上げを検討 | ホーム | 拷問の実態を暴いた記者に禁固6ヶ月>>
コメント
あがぴょん
(ギリシャのジョーク)
蛇にそそのかされたアダムとイブはりんごを食べて楽園を追い出された。そのあと中国人が来て蛇にそそのかされてりんごを食べ、それからそそのかした蛇も食べた。
(北ヨーロッパ某国Gのジョーク)
何でも日本の静岡県の温泉地帯の海岸に中国の密航者たちが来て、温泉に日本人を入れてゆでて食べているらしい!
by:匿名の旅人 | URL | 2007.05.07 22:43 [編集] |
あがぴょんさんへ
温泉に日本人を入れて、ゆでて食べる…。
まるでタラバガニですね。
日本人、そんなに手足長くないと思うのですが。i-229

良く聞くジョークですが、

イギリス人、フランス人、ドイツ人、ロシア人、中国人の5人がビールを飲みに行きました。
ところが、運ばれてきた5つのジョッキには、全て1匹ずつハエが浮かんでいたのです。
さて、これを見た彼らは、どんな行動をとったでしょう?
http://plaza.rakuten.co.jp/yoshida758do/diary/200409180000/
by:valvane | URL | 2007.05.08 00:52 [編集] |
実家の猫のエサを
日本のカリカリに変えたそうです。
by:ゴッホ | URL | 2007.05.09 21:56 [編集] |
ゴッホさんへ
国産のカリカリって、少ないですよね。何だろう…?
by:valvane | URL | 2007.05.09 22:31 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/692-c67f2d8c
リコールの行方
3月から8週間に渡り、5800種類以上ものペットフードがリコールとなり、少なくとも4150匹の犬猫が死亡しました。オーナーによる訴訟は50件にも。さて、今週FDAが正式に発表した調査結果によると、ペットフードに含まれていた中国から輸入された小麦粉が問題だ

プリンストンに暮らす | 2007.05.13 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。