旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
グレートバリアリーフに幽霊船現る?!
オーストラリアの誇る世界遺産グレートバリアリーフ。世界有数のサンゴ礁として、人々を惹き付けてやまないグレートバリアリーフですが、その神秘の力は、サンゴ礁の美しさとその生態系だけではなかった…

無人で漂流していたヨット by CNN「それ」が発見されたのは、今月18日のこと…。そして20日になって通報を受けた沿岸警備隊が内部に侵入、捜索しましたが、わかったのは奇怪な事実だけ…。そう、このグレートバリアリーフの沿岸部を漂流していた双胴船「KAZ II」には、誰も乗っていなかったのです…??  (Photo by CNN)

とは言え、無人の船が波で沖合いに流されたというわけではありません。この船に人は、確かに乗っていました(はず)。そのため船内には、むしろ直前まで人がいたかのように、電源が入ったままのパソコンとラジオ、そしてテーブルの上には、これまた起動したままのノートパソコンと、すぐに食べられるように準備された食事が残されているのですが、乗っていた人たちは、どこへ…? 

海上保安当局によると、この双胴船は15日にエアライ・ビーチを出港しており、その際50~60歳代の男性3人を乗せていました。そして予定では、オーストラリア大陸の北側を通って、同国西部のウエスタンオーストラリア州へ向かっていたというのですが…。当局は、乗組員らが海へ転落した可能性を考え、航空機やヘリコプターで捜索していますが、2日間で海岸地帯など約1300kmに渡って調べたものの、未だ見付かっていません。なお、この船が出港してからの天候は非常に良好で、穏やかな風が吹き、絶好の航行日和だったそうです。

                それにしてもこのゴハン・・ もうダメですね。いくら ready to eat だからって… 



【追記】 捜索は乗員不明のまま、打ち切られました。専門家の話によると、これだけ長時間
      水に浸かって、生存している可能性はないとのことです。

現代の幽霊船か、漂流ヨット発見も乗組員の姿なく
オーストラリア北東部グレートバリアリーフの沿岸部で18日、
漂流している双胴船が見つかった。
www.cnn.co.jp/world/CNN200704200023.html
乗員は依然見付からず、グレートバリアリーフの漂流船
サンゴ礁が広がるオーストラリア北東部グレートバリアリーフの
沿岸部で双胴船が漂流、乗員3人が不明に 
www.cnn.co.jp/world/CNN200704210018.html
2007.04.23 | 10:48 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (2) Trackback (3)
<<キャンプ場を選ぶときに重視するポイントランキング | ホーム | スーダン人男性、山羊との結婚を強要される>>
コメント
おおお
マリー・セレスト号事件を思い出しました。
こちらのほうは、食べかけの暖かい食事というのはガセだったようですけども。
いずれにせよ謎の出来事ですねえ…。

by:シスターみみっく | URL | 2007.04.23 22:59 [編集] |
シスターみみっくさんへ
ん~・・ こっちだって「すぐに食べられる」と言うのは過去の話で、今はもう、食べられる状態じゃあないでしょう。
カビてたりして。。i-235

本当に、乗っていた人たちはどこへ行っちゃったのか、不思議な事件ですが、生きて帰ってきてくれることを祈るばかりです。
捜査は打ち切られましたが、まだ遺体が見つかったわけではないし。
by:valvane | URL | 2007.04.24 17:25 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/674-5c15e044
これってどうなっちゃってるんでしょ?
謎を呼ぶオーストラリアの“幽霊船”騒動はい、出所してまいりました(笑)入所中はいろいろ不自由もあって、おまけにネタにも困ったんですが、今日は後ほど入所中のネタを上げるので、それまでしばしお待ちくださいませ。ってなことで、このネタ。19世紀にかの有名な「マリ

What will be, will be | 2007.04.23 |

謎を呼ぶオーストラリアの“幽霊船”騒動
[シドニー 20日 ロイター]エンジンが動いている状態、さらには食事も準備されているにもかかわらず船内に乗組員の姿は無く、オーストラリア沿岸部を漂流しているヨットが発見された。北東部沿岸タウンズビルから80海里の場所で漂流していたところを発見されたのは全長12

来月の給与査定を楽しみにしておくことだ | 2007.04.23 |

乗員が忽然と消えた謎の幽霊船、「犯罪の痕跡なし」と警察が発表 - オーストラリア
ミステリー小説のような事件が、オーストラリアの海上で起こったそうだ。なんと、海の上で乗員3名が消えてしまったらしい。しかも、ヨットの中は荒らされた形跡もなく、エンジンは掛かったまま、ノートPCの電源も入ったまま、ラジオもONのまま、食事の準備すらあったとのこ

こんなことあるんだよね | 2007.04.23 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。