旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ギリシャ、サントリーニ島沖でクルーズ船が座礁、海洋汚染広がる
サントリーニ島の教会ギリシャ、サントリーニ島…。青いエーゲ海ときらめく太陽、白く塗られた町並みと今も活動を続ける火山で知られるサントリーニ島は、ミコノス島と並んで、ギリシャで最も人気の高い島で、夏のバカンスシーズンには世界中からの観光客でごった返します。そんなサントリーニ島の沖で、5日、観光客らを乗せたクルーズ船(乗員391人、乗客1195人)が、港に接岸する際に座礁。岩から引き離す作業の際に破損し、約18時間後に沈没しました。

沈没したクルーズ船「シーダイヤモンド」はギリシャ船籍で、キプロスの旅行会社が運営しているもの。トルコの海岸リゾート(すなわちクシャダス)やギリシャの島をめぐり、サントリーニ島に到着する直前の同日午後4時ごろに座礁したということです。

座礁したクルーズ船から漏出した燃料油の除去作業=ギリシャ・サントリーニ島の海岸で by CNN
事故では、十数隻の船や海軍ヘリなどが出動して救出作業にあたり、ほぼ全員が無事にサントリーニ島に避難できましたが、フランス人父娘は、依然として不明…。  沈没した船は深さ約97.5メートルの海底に横たわっていますが、燃料油の漏出も止まっておらず、サントリーニ島の行政当局によると、これまでで最大100トンにも達したとのことです。
(写真左=CNN 座礁したクルーズ船から漏出した燃料油の除去作業)

現在、特殊な無人潜航艇で船内のタンクから油の抜き取り作業を実施していますが、これは天候が良好なことが条件になっており、悪化すれば作業の中断も有り得るということですので、これからの季節…、春のエーゲ海は荒れるので、ちょっと心配です。サントリーニ島には白砂のビーチはもちろん、黒砂のペリッサビーチとカマリビーチ、赤砂のレッドビーチといったユニークなビーチもあり、人気ですが、夏までに泳げるようになるのでしょうか…?

ちなみに… サントリーニ島には「オールド・ポート」と「ニュー・ポート」の2つの港があり、よくその風景がポストカードになって売られているのは、オールド・ポートの方です。オールド・ポートから市街地へと続く道は、急なつづら折りの道になっていて、フェリーを降りるとロバを連れたおじさんが待ち構えています。そのロバの背に乗って上っても良いですが、もちろん無料ではないので…、自分の足で上られる方は、ロバの『落し物』にご注意ください。  なお、それぞれの島を結ぶフェリーの大半はオールド・ポートに着きますが、今回座礁・沈没したクルーズ船のような大型の船は、水深の深いニュー・ポートの方に到着します。



       サントリーニ島のオールド・ポート


ギリシャでクルーズ船が座礁、1600人救出
ギリシャ海運省などによると、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島
沖で5日、米国人観光客らを乗せたクルーズ船
www.cnn.co.jp/world/CNN200704060007.html
油100トン漏出、懸命の清掃作業 エーゲ海の船舶座礁
ギリシャ・エーゲ海のサントリーニ島沖で今月5日に起きたクル
ーズ船「シーダイヤモンド」(乗員391人、乗客1195人)
www.cnn.co.jp/business/CNN200704110021.html
2007.04.12 | 09:39 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<タスマニアデビル「謎のがん」で激減 | ホーム | オーストラリアへ…♪>>
コメント
お帰りなさいませ!
お戻りを楽しみにお待ちしておりましたですよ(^_^)

しかし…4月5日といえば受難週のただ中でした、大変な事故が起きていたのですね。
フランス人の親子、どこかに無事でいてくれればいいのですが…
サントリーニにはいつか行きたいです。
アテネとテッサロニキしか行ったことがないので。
by:シスターみみっく | URL | 2007.04.12 22:12 [編集] |
シスターみみっくさんへ
おお、テサロニケびとと交流なさいましたか。(笑)
私はまだ、テッサロニキもですが、パトモス島にも行ったことがなく、ぜひ行ってみたいです。もちろん、あの洞窟です。i-278
サントリーニも、もう1度行きたいかなぁ。ミコノス島、デロス島にもまだ行っていないし、行きたいところだらけです。

フランス人の親子、どこかに無事、流れ着いていてくれるといいのですが。
by:valvane | URL | 2007.04.13 09:20 [編集] |
最近仕事で船の旅行も扱っているので、
この事故でこんなたくさんの人が乗る大きな船
でも沈没してしまうんだぁ。。とショックでした。
無事で見つかってくれるといいですね。
by:Lier | URL | 2007.04.16 23:42 [編集] |
Lierさんへ
あれから何日か経ちますが、無事見つかってくれていることを祈ります。
そう、大きな船でも、沈む時は沈むんですよね。タイタニック然り…。

というか、私にはあんな巨大な鉄の塊が水に浮くこと自体、不思議なんですけどね~。
でも、乗る、と。i-235
by:valvane | URL | 2007.04.17 03:58 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/661-6577acb9
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。