旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ペットフードに「ねずみ駆除剤」?!
先日伝えた、カナダ、メニュー・フーズ社による「ペットフードの大量リコール」ですが、成分を調べた結果、とんでもないことが判りました。なんと、こともあろうに

「ねずみ駆除剤」の成分が検出されたのです… 
キャットフードに「猫いらず」って、どういうことぉ?!

カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社は、同社製のペットフードを食べた犬や猫16匹が相次ぎ腎不全の症状を示して死亡したことを受け、先週末から缶詰など北米向けのペットフード、6000万個以上を対象にした回収・無償交換を開始しました。その中で、疑われていた「新しい供給元から購入した小麦グルテン」からねずみ駆除剤が検出されたのです。 

この「新しい供給元」について、先のニュースでは触れられていませんでしたが(確証が得られていなかったためと思われる)、それも中国と判りました。しばしば日本でも輸入野菜に対する「残留農薬」が問題となる中国ですが、まさかそれがペットフードにまで影響しているとは…。考えれば至極当然な、「有り得る危険」なのですが、グルテンという、小麦粉由来の粘り気成分だけになっても毒性が残っているなんて、驚きました。

リコール対象製品の一覧は、こちら
今やキャットフードやドッグフードだって、輸入される時代です。あなたが与えているペットフードは、安全ですか  ユーカヌバやニュートロ製品を購入している方は、ロットナンバーをチェック!ですよ。 

■ リコール対象のキャットフード一覧
■ リコール対象のドッグフード一覧


see also・・
北米向けペットフードを大量リコール

ペットフードから猫いらず=大回収で飼い主はパニック
カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社製ペットフードを
食べた犬や猫が相次ぎ死亡した問題で
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000028-jij-int
2007.03.25 | 11:28 | 世界の猫ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<オーストラリアへ…♪ | ホーム | イスラム教は夫の暴力を容認…?>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/659-1ee8a58a
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。