旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
グランドキャニオンにスカイウォーク誕生!
グランドキャニオンと言えば、誰もが聞いたことはある、あの「世界一の峡谷」グランドキャニオンですが、そこに2年前から建設工事が進められていた空中橋「スカイウォーク」が8日、ついに完成。今月中に、オープンする見通しとなりました…

スカイウォークの設置工事を見守る先住民男性 by CNN「スカイウォーク」は崖からU字型に張り出したガラス製の橋で、グランドキャニオンの谷底から約1200メートルの高さに架けられています。となれば、気になるのはグランドキャニオンを長い年月をかけて削ってきた強風ですが…、もちろん、強風対策は万全! 風速45メートルの強風にも耐えるよう設計し、歩く人の重みで揺れることのないよう、衝撃吸収材を使っているとのことです。
ちなみに「風速45メートル」とは「強い台風」に相当し、これに耐えられる設計ということは、世界一の吊橋である明石海峡大橋とほぼ同じということになります。     
                     (写真=スカイウォークの設置工事を見守る先住民男性 by CNN)

そんなスカイウォークは、ラスベガスの民間開発業者が約10年前に考案。地元先住民のウォラパイ族と交渉し、同部族の所有とすることを条件に建設にこぎ着けたものです。しかしグランドキャニオンウォラパイ族の「聖地」とされている場所…。建設現場にはウォラバイ族の墓地も散在していることから、一部の長老らは今も、この開発に批判的な立場を示しています。とは言え、彼らにとっても観光客が落として行ってくれるお金が、非常に重要であることは間違いなく…、部族指導者は「グランドキャニオンのネームバリューを部族のために活用するのは当然の流れだ」と話し、観光客誘致に積極的な姿勢を示しているとのことです。

…と、こんな話を聞いてしまうと、スカイウォークを利用するのは良いことなのか悪いことなのか、、ちょっと考えてしまいますね。でも私は単純に、「すごーい! 今まではヘリからでないと見れなかった風景も、気軽に見れるようになるんだ♪」と思ってしまいました。

なお、ついでの話をすると、「世界一の峡谷」はグランドキャニオンだけではありません! って、ご存知でした?  実はギネスブックに認定されている「世界一の峡谷」は、もう1つあるのです。それは、ギリシャ北西部の「ヴィコス峡谷」。ヴィコス峡谷も素晴らしいところですが、グランドキャニオンほど雄大な景色が広がっているわけではありません。それではなぜ、ヴィコス峡谷も「世界一の峡谷」なのかと言うと、それは「傾斜角度」なんですね。  そう、グランドキャニオンほど大規模ではないですが、谷の横幅(?)に対する深さと言うか、傾斜角度で言うなら、グランドキャニオンよりヴィコス峡谷の方が上なんです。…と、ちょっとしたトリビアでした♪


see also・・
ザゴリア地方の石橋
グランドキャニオンのスカイウォーク、解禁!

グランドキャニオンに「空中橋」設置 オープン間近
壮大な景観で知られる大渓谷、グランドキャニオンで、2年前か
ら建設工事が進んでいた空中橋「スカイウォーク」
www.cnn.co.jp/usa/CNN200703090024.html
2007.03.14 | 03:04 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (4) Trackback (1)
<<「異物」混入もいろいろ… | ホーム | GoogleEarth殿、「ヒトラー山」は間違いです!!>>
コメント
アリゾナ良いですねぇ
小学生の頃にウィンチェスターM1873ライフルの弾を撃てなくした実銃を祖父から貰い、その頃から西部とメキシコは僕の憧れです。行ってみたいなー!
by:ゴッホ | URL | 2007.03.14 08:20 [編集] |
ゴッホさんへ
>西部とメキシコは僕の憧れです。

そうなんですか。私もアメリカはサンフランシスコしか行ったことがないので、他の町にも行ってみたいです。もちろん、グランドキャニオンにも。
by:valvane | URL | 2007.03.15 05:08 [編集] |
うわー、グランドキャニオンに橋がかかるんですか・・・。行ったことあるんですが、どんな感じになるか想像し難いですね~。何せ滅茶苦茶に深い谷なので、そこに橋が架かるとなると、高所恐怖症な私は渡れないかも^^;でも見てみたいかな・・・。
by:まーらいおん | URL | 2007.03.20 03:05 [編集] |
まーらいおんさんへ
高所恐怖症じゃなくても、怖い気がします。だって、「ガラス製の橋」なんですから。単にグラスファイバーを使用しているという意味なのか、本当に底が透けて見える橋なのか… どっちでしょう??i-230
by:valvane | URL | 2007.03.21 00:15 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/648-e4ad3ecd
グランドキャニオン スカイウォーク
グランドキャニオンにスカイウォークという新名所ができたそうです。どんなものかというと・・こんな感じに、高さ約1200mの絶壁に突き出す半円形の透明な床を歩けるみたいです。渓谷なんで、風とかすごいんじゃないかと思うんですが、平気なんでしょうか?下手なジェットコ

フリーダムクライ | 2007.03.26 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。