旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
“人食い”ハンニバル・レクターの故郷を訪ねる旅
『羊たちの沈黙』 ファンのみなさま、もう“人食い”ハンニバル・レクター博士にはお会いになりましたか? もしまだレクター博士にお会いしていないようでしたら、リトアニアの観光業界が力になってくれるとのことです。

映画化されたトマス・ハリスの小説『ハンニバル・ライジング(Hannibal Rising)』は、架空の人食い連続殺人鬼(つまり、レクター博士ですね)の少年~青年期を描いたものですが、舞台がバルト三国のリトアニアに設定されていることから旅行代理店が、リトアニアの首都ビリニュスへの「ハンニバル・レクターの故郷を訪ねるツアー」を始めたのです。  ツアーにはビリニュス周辺の観光や、「ハンニバルのディナーパーティ」などが含まれ、価格は100ユーロ(およそ1万5700円)とのことです。おそらく、ツアー参加者が“食われる” ことはないと思いますので、安心してツアーに参加されてはいかがでしょうか。 なお、このレクター博士の故郷を訪ねる旅行をされる際には、死亡・後遺障害保障額及び傷害治療費用保障額の多い海外旅行保険に入っておくことをお勧めします。
 

ハンニバル
東宝 (2007/04/06)
売り上げランキング: 1016
おすすめ度の平均: 4.5
5 主演・レクター博士の世界を堪能。
         フィレンツェの映像が美しい。
4 ハンニバル



まだ「ハンニバル・レクター」シリーズをご存じない方のために、Amazonからの抜書きですが、粗筋をまとめてみました。どういう順番にしようかと思ったのですが、レクター博士の生涯を時系列で並べてみました。なので、このハンニバル・レクター誕生を描いた「ハンニバル・ライジング」が1番に来ています。世に出た順なら、「レッド・ドラゴン」が1番なのですが…。

          

ハンニバル・レクターは東部戦線の悪夢から抜け出す。雪の中、もの言わぬ少年の首には鎖が巻かれている。

まったくの孤独のように思われたその少年は、実は悪魔を連れてきていた。有名な画家であるハンニバルの叔父はソビエトの孤児院で彼を発見し、彼をフランスに連れていく。ハンニバルはそこで叔父と彼の妻で美しくエキゾチックなレディ・ムラサキと暮らすことになる。レディ・ムラサキはハンニバルの傷を癒す。彼女の援助により立派に成長した彼は、フランスの医学校に最年少で合格する。だが彼は、悪魔たちの訪問を受けて苦しめられる。

やがて大人になると、彼のほうから悪魔のもとを次々に訪れることに。彼は自分が学業のほかにも天賦の才を持っていることに気付く。その直感によりハンニバル・レクターは驚異の殺人鬼になっていくのだ。

     ※ ニュースからの補足ですが、この「東部戦線からの悪夢」と言うのは、「妹が兵士に殺害され、食べられる
        場面を目撃した」ことを示すようです。


----------------------- 「ハンニバル・ライジング」 より ----


満月の夜に連続して起きた一家惨殺事件は全米を震撼させた。次の満月までに犯人を逮捕すべく、元FBIアカデミー教官のグレアムは捜査を開始する。彼は犯人像の手がかりを得ようと、以前連続殺人事件で逮捕した精神科医のレクター博士を、収容先の異常犯罪者専用の医療施設に訪ねた。犯人は次の殺害計画を練る一方でこうした動きを新聞で知り、グレアムをつけ狙い始める―究極の悪ハンニバル・レクター衝撃の初登場作。

レッド・ドラゴン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2003/07/25)
売り上げランキング: 33215
おすすめ度の平均: 4.0
4 特典類は監督の独壇場
1 あれ?
3 小説の補足として見た


-------------------------- 「レッド・ドラゴン」 より ----


女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。
※ 1991年アカデミー賞主要5部門受賞(作品賞/主演男優賞/主演女優賞/監督賞/脚色賞)

羊たちの沈黙<特別編>
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2007/01/26)
売り上げランキング: 2253
おすすめ度の平均: 5.0
5 視線の映画
5 羊たちの沈黙
5 名優の競演と確かな演出。


-------------------------- 「羊たちの沈黙」 より ----


あの血みどろの逃亡劇から7年―。FBI特別捜査官となったクラリスは、麻薬組織との銃撃戦をめぐって司法省やマスコミから糾弾され、窮地に立たされる。そこに届いた藤色の封筒。しなやかな手書きの文字は、追伸にこう記していた。「いまも羊たちの悲鳴が聞こえるかどうか、それを教えたまえ」…。だが、欧州で安穏な生活を送るこの差出人には、仮借なき復讐の策謀が迫っていた。

---------------------------- 「ハンニバル」 より ----



レクター博士の故郷、リトアニアにいらっしゃい!
『羊たちの沈黙』のハンニバル“人食い”レクター博士に会いたいって? 
リトアニアの観光業界が力になります。
www.excite.co.jp/News/odd/00081171598007.html
2007.02.25 | 17:12 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (6) Trackback (2)
<<縁起が悪いので機体デザインを変えます… | ホーム | 「鉄の女」ブロンズ像になる>>
コメント
うう~む
ま、まさか ワタシがブログで書いたことが 本当になるとわ(しかもコメント欄だった気が)。
by:ぷりしら | URL | 2007.02.26 21:05 [編集] |
プリシラさんへ
このニュースはあの時既に、報じられていたんです。ただその頃、私が疲れていてなかなかアップ出来ずにいただけで…。
それでもう、機は逃しちゃったし、もういいか…i-195 と思っていたのですが、プリシラさんからお話があったので、せっかくなのでメモしておいた次第です。i-229
by:valvane | URL | 2007.02.27 00:29 [編集] |
失礼いたします。
> 管理人様

あ、イギリスに行くんではないんですね・・・と、ボケてみました。
by:tenjin95 | URL | 2007.02.28 09:29 [編集] |
tenjin95さんへ
イギリス…?
by:valvane | URL | 2007.02.28 10:01 [編集] |
失礼いたします。
> 管理人様

分かりにくくてスミマセン。元々レクター役だったホプキンスはウェールズのパン屋出身でございます。
by:tenjin95 | URL | 2007.03.02 05:37 [編集] |
tenjin95さんへ
ああ、そうなんですか。すみません、事情に疎くて…;;i-229
むしろ、(ハンニバル・ライジングの)次は日本に来るようですね。レディ・ムラサキだけでは終わらないみたいで、ちょっとびっくりです。
元々は「ハンニバル」で終わりのはずの、この物語…。いったいどこまで続くのでしょう? 他の方も仰っていましたが、下手な日本趣味よりも、有終の美を飾って、終わって欲しかったです。
by:valvane | URL | 2007.03.02 20:05 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/635-05dfe3b7
ハンニバル・ライジング (Hannnibal Rising) レクター博士の憂鬱
レクター博士よ どこへ行く映画 どれを観ようかな と 選択肢がありまして。4つほどあったわけです。一本は既に観ちゃった パンズ・ラビリンス。その他 2本はまだ 観てない新作。でも 同居人が 

Lost in Australia | 2007.02.26 |

『羊たちの沈黙』「エピソード1」か?
いよいよあのレクター博士がどのように誕生したかが明らかになるようです。

つらつら日暮らし | 2007.03.02 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。