旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
鳥インフルエンザで国家非常事態宣言
ここしばらく、鳥インフルエンザに関するニュースが相次いでいましたが、ついにインドネシアでは、≪国家非常事態宣言≫ が発令される事態にまでなりましたので、
まとめてみました。旅行、出張を予定されている方は、十分ご注意ください。


インドネシア、10人が鳥インフルエンザの疑い

  インドネシアの保健当局者によると、同国で鳥インフルエンザに似た症状を訴えている患者が10人発生し、監視下におかれている。また保健省当局者は、「昨日死亡した患者を含めると、現在11人について検査している」と語った。
                                    鳥の血液を採取する検査官

★(特に鳥インフルエンザに対してというわけではないけど)
  治療薬効かず…インフルエンザウイルス、急速に耐性獲得

  人で毎年流行するインフルエンザウイルスが、比較的安価な治療薬「アマンタジン」に対する耐性を急速に獲得、中国や香港で耐性ウイルスの割合が約7割に及ぶ深刻な事態になっていると、米疾病対策センター(CDC)のチームが21日、英医学誌ランセット(電子版)に発表した。


鳥流感疑い例増、国家非常事態を宣言 2005/09/20
  シティ保健相は19日、鳥インフルエンザによる死者が4人に上り、感染疑いのある複数の患者が治療を受けている事態を重くみて、同日付で国家非常事態を宣言した。また、シティ保健相は、現在「鳥インフルエンザ感染の疑いがある患者」には先に死亡した女性との「接点がない人」が含まれており、少なくとも2つ以上の感染源が存在するとして、非常事態宣言に踏み切ったと説明。ただし非常事態宣言は緊急事態を示すものでなく、特定の地域に限定せず全国で鳥インフルエンザ撲滅への積極的な取り組みを促し、予算を確保する目的で行うものとした。
       
                            鳥インフルエンザにより死亡した子供の家族たち

ジャカルタの動物園閉鎖 鳥インフルエンザ感染で 2005/09/19

 (インドネシアの)首都ジャカルタ南部にあるラグナン動物園で18日までに、鳥類計19羽が鳥インフルエンザに感染して死亡したため、同動物園は19日から3週間閉鎖することになった。

★(特に鳥インフルエンザに対してというわけではないけど)
  インフルエンザ阻止 ウイルス狙撃 「抗体酵素」開発 2005/09/19

  インフルエンザウイルスを狙い撃ちして無力化させる「抗体酵素」を、県立広島大学生命環境学部(広島県庄原市)の宇田泰三教授(生物工学)のグループが十八日までに、人工的に作り出すことに成功した。世界初の成功例という。抗体酵素を使った治療薬の開発をはじめ、エアコンなどを使って空気中のインフルエンザウイルスを撃退することも期待できるという。成果は、十二月に米ホノルル市で開かれるパンパシフィック化学国際会議で発表される。

鳥インフルエンザは今にも世界的流行の恐れ 2005/09/15

  3年前、中国当局の意向に反して重症急性呼吸器症候群(SARS)の広がりぶりを公表してヒーローとなった広州呼吸器疾病研究所の鐘南山(チョン・ナンシャン)所長(写真)は14日、鳥インフルエンザはいつでも地球規模で発生する可能性があると警告した。

違法ワクチン接種説浮上 茨城の鳥インフルエンザ感染源 2005/09/02

  農林水産省は2日、日本国内で使用が認められていないワクチンの接種が感染を招いたとの見方を強めていることを明らかにした。事実とすれば、家畜伝染病予防法に違反する疑いが高い。農水省は刑事告発も視野に入れて感染ルートの解明を進める。
  農水省によると、茨城県で鶏が感染したウイルスは、グアテマラなど中米諸国で95~02年にかけて流行した鳥インフルエンザのウイルスといずれも酷似していた。
  感染ルートについて検討した小委員会は、中米から日本に鳥が飛来することはそもそも考えにくく、自然に感染した可能性は低いと判断。粗悪な違法ワクチンの接種など人為が加わったことによる原因で感染した可能性が高いという見方を強めている。

鳥インフルエンザがロシアの47の村に80の村が監視下 2005/09/01

  ロシア農業省は31日、ロシアの47の村で現在、鳥インフルエンザが発生しており、別に80の村が監視下に置かれていると発表した。


ベトナムで鳥インフルエンザにより希少動物が死亡 2005/08/26

  野生動物を多く飼育しているクック・フォン国立公園のマネジャーはロイターに対し、同園で生まれ同じ檻にいたオーストンジャコウネコ3頭が6月下旬に死亡し、死がいのサンプルを香港の研究所に送ったところ、鳥インフルエンザが確認されたと語った。
  そばの檻で飼育されている他の20頭は健康で、餌に鶏肉は含まれていないため、どういう経路で感染したのかは不明のままだという。
 
鳥インフルエンザが猛威 13万羽を処分 ロシア中部 2005/08/24

  緊急事態省によると、まず7月21日に西シベリアのノボシビルスク州で最初の感染が確認された。オムスク、チュメニなど4州とアルタイ地方に広がり、これまでに約1万1000羽が死んだ。
  感染源は中国方面からきた野生の渡り鳥と見られている。03年にアジアで多くの死者を出したH5N1型ウイルスも死んだ鳥から検出されたが、人への感染は確認されていない。しかし、今まで個人経営の農場だけで発生していたのに、最近オムスク州の大規模家禽(かきん)農場でも感染の疑いが出た。

                        *     *     *

また、鳥インフルエンザではありませんが、他の感染症の流行も伝えられています。

デング熱感染者1万人突破―シンガポール 2005/09/20
  <!>シンガポールだけでなく、インドネシア、マレーシア、ベトナムなど東南アジアの多くの諸国
     で感染者が大幅に増えています。

インドの日本脳炎死者800人近くに=将来に備えワクチン増産へ
  

【参考にどうぞ】
  鳥インフルエンザ流行地域の拡大(その2) 外務省
  感染症(SARS・鳥インフルエンザ等)関連情報について 外務省
  デング熱 Yahoo! ヘルスケア
  日本脳炎 Yahoo! ヘルスケア


アジア「裏」旅行
平間 康人著
彩図社 (2003.7)
通常2-3日以内に発送します。

2005.09.20 | 23:34 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<ツタンカーメンの着物発見! | ホーム | 原油価格高騰につき (BlogPet)>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/63-1b8d437c
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。