旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ロシア内務省、機内でのアルコール提供禁止を検討
タダ酒だ! とばかりにお酒を飲んで、機内で暴れたり、痴漢行為をする人たち…、そういうニュースをたびたび目にしますが、お酒(ウォッカ)の生まれ故郷であるロシアでは、やはり乗客による飲酒がらみの騒動は多いようで、、 ロシア内務省は15日、民間航空便でアルコール類の機内提供を禁止する措置を検討していることを明らかにしました。

しかし、ロシア内務省は、禁止が実施された場合、ビールが機内提供の禁止対象に含まれるのかには触れず、また、空港施設での飲酒は禁止にならないことを示唆したとのことです。


ほろ酔い加減のロシア―ウォッカ迷言集
狩野 亨
東洋書店
売り上げランキング: 215827
ロシアの酒といえばウォッカ。ウォッカにまつわる
面白話、ロシア語表現に頻発する「ウォッカの言
葉」を多数収録。著者自身の留学経験から綴ら
れる実地体験を満載。ウォッカを通してロシアが
より身近に。(Amazon)


はい。

「アルコール類の機内提供を禁止する措置を検討している」が、「ビールが機内提供の禁止対象に含まれるのか」には「触れていない」。…と、わざわざ報道されています。


あのぉ~
ビールだってお酒でしょ??
だったら、禁止なんじゃあ…?

と思うのですが、そこはロシア。


ロシアではアルコールを飲むということはウォッカやウイスキーなどの蒸留酒を飲むことを言っていて、ビールやワインなどはアルコールとみなされていない感覚があります。デートに行ったレストランで「私はアルコールは飲みませんからワインをいただきますわ」エレガントにボトル一本あける女性は珍しくありません。こういうのを日本では大酒のみというのですが、彼女らにすればアルコールを飲んでいる意識はありません。  「Берёза ベリョーザ、ロシア的話題(ウォッカ)」より


アルコール依存症の方が、多いわけですね。。


see also・・
ウォッカ代わりに燃料やサビ止めを飲む?!
USエアウェイズ、お酒を密売?
シベリア鉄道が男女別に


機内のアルコール類サービスの提供禁止を検討、ロシア
乗客による飲酒がらみの騒動が多いことから、ロシア内務省当局
者は15日、民間航空便でアルコール類の
www.cnn.co.jp/business/CNN200702160021.html
2007.02.17 | 15:35 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<エストニア、ソ連兵記念像を撤去へ | ホーム | クレオパトラは美人じゃなかった…?>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/627-922624f9
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。