旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
幻のコーヒー「ブルボン・ポワントゥ」復活
幻のコーヒー「ブルボン・ポワントゥ」復活…!! 

「ブルボン・ポワントゥ」は、ルイ15世や文豪バルザックも愛飲していたという幻のコーヒー品種。フランスの海外県、レユニオン島が、王家の名を取ってブルボン島と呼ばれていた18世紀、幻のコーヒー「ブルボン・ポワントゥ」は発見されました。しかしポワントゥは栽培が難しく、量産も出来ませんでした。そのため生産は細々と続いていたものの、輸出の記録は1942年で途絶えてしまっていたのです。


プロが教えるこだわりの珈琲
田口 護
日本放送出版協会
売り上げランキング: 26888
おすすめ度の平均: 5.0
5 アマチュアとして自家焙煎を始めたい
         方におすすめします
5 道しるべ。



しかし2001年より、フランス政府は技術面でサポートを開始。国立農業研究開発国際協力センター(CIRAD)は栽培指導のために研究員を派遣し、国立研究開発センター(IRD)も遺伝子の研究及び試験栽培を始めました。そして日本からも、UCC上島珈琲(本社・神戸市)の技術者、川島良彰さんらが協力してきたのです! 

その蘇った幻のコーヒー「ブルボン・ポワントゥ」とは…?

収穫されたポワントゥは豆の形状が特徴。縦長で小粒、密度が高く堅い。カフェイン量が他品種の半分以下という点も大きい。試飲したCIRADの研究員は「レモンの花のような甘い香り。軽やかで、アロマを感じる。高品質な独特の味」と太鼓判を押す。


カフェインが他品種の半分以下で、レモンの花のような甘い香り!

どんな風味なのか、とても気になりますね♪
この現代に蘇った幻のコーヒー「ブルボン・ポワントゥ」は、現地で協力を続けてきたUCCによると、春から日本市場向けの販売を始めるとか。しかし… 今年出回るのは約300キロ程度。しばらくはまだ幻のコーヒーとなりそうです。

【追記】
ブルボン・ポワントゥの販売が、200袋限定で始まりました。価格は、100g=7350円(送料無料)。全国のUCC直営店10店舗かインターネット(http://www.ucc-ippin.jp/asp/ItemFile/10000117.html)で予約できます。


幻のコーヒー「ブルボン・ポワントゥ」復活
ルイ15世や文豪バルザックも愛飲していたという幻のコーヒー
品種「ブルボン・ポワントゥ」。
news.goo.ne.jp/article/asahi/world/offbeat/K2007012303060.html
<幻のコーヒー豆>100グラム7350円 12日から販売
UCC上島珈琲(神戸市)は11日、マダガスカル島の東約800
キロのインド洋にあるフランスの海外県レユニオン
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000073-mai-bus_all
2007.01.27 | 21:04 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<イタリア、人身売買捜査で2000人以上を摘発 | ホーム | 「OOPS!」で紹介されました!>>
コメント
失礼いたします。
> 管理人様

かつての大航海時代に匹敵するような高級品になりそうなコーヒーですね。当に、黄金とどちらが貴重なのか?気になるところです。もちろん、風味も気になります。
by:tenjin95 | URL | 2007.01.28 05:41 [編集] |
tenjin95さんへ
大航海時代。なるほど…。
全世界で300kgとなると、本当に幻の高級コーヒーですね。1杯いくらになるのか…。i-271
まぁ、それはともかく、ちょっと試してみたいですね。
by:valvane | URL | 2007.01.28 10:02 [編集] |
これは
あの インドネシアの哺乳類のお尻から出たコーヒーよりは 絶対マシ!ですよね~!

こういう話を読むと 日本って やっぱり豊かな国・・・って 感じます。こういう方面で 頑張って欲しいです。
by:プリシラ | URL | 2007.01.28 20:11 [編集] |
プリシラさんへ
高級コーヒーは高級コーヒーでも、「ブルボン・ポワントゥ」と「お尻からプッ!」は、全然違いますからね~;;i-229
(あれ、「コピ・ルアク」と言うそうですね。)

こうした日本人が頑張っている話や日本の技術が役に立っている話を聞くと、こちらまでうれしくなりますよね。情熱大陸、好きです♪i-236
by:valvane | URL | 2007.01.31 00:22 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/604-d6f1777e
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。