旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
イギリスの裁判所、伝統のカツラを廃止方向で検討
以前、イギリスの裁判官や法廷弁護士が被る【カツラ】について、「カツラ選びの大原則」でお伝えしましたが、イギリス南部のイングランドと西部のウェールズの裁判所を管轄する司法当局が、17世紀以来の伝統の白いカツラについて、民事裁判での着用廃止を検討していることが明らかになりました。

このカツラ着用の是非については、15年前から何度も議論の対象となっていましたが、今回ようやく、このカツラに関する規定の改革が行なわれることになりますが、私としては、なんだか寂しい気がします。改革推進派の首席裁判官、フィリップス卿によりますと、カツラの着用を止めることで、新裁判官にカツラを支給する費用、およそ1万5,000ポンド(約300万円)を節約できると言うのですが…。 
                                         …せっかくの、おもしろい伝統なのに。

Mozart Wig 1
ロンドン市内の、弁護士用品店

とは言え、これでカツラ廃止が決定しても、全然全く法廷でカツラ着用姿が見られなくなるわけではありません。今回カツラ廃止が検討されているのは、イングランドとウェールズを管轄する裁判所(高等法院と控訴院)だけですし、刑事事件を担当する裁判官や弁護士は、これまでどおりカツラの着用が義務付けられていますので。 モーツァルトやヘンデルみたいなカツラを被った方たちに会ってみたい方は、ぜひ裁判を傍聴してみてください。入場(? 入廷?)無料です。

ちなみに…
イギリスの裁判所におけるカツラ着用の伝統は、14世紀のエドワード3世時代に始まった上流社会でのカツラ着用の習慣が、1680年代になって法廷にも導入されたことに始まります。1720年代までは、法曹界のカツラは白い粉で色をつけたものを使用していましたが、1822年に加工が不必要な白や灰色の馬毛を使用したカツラが発明されました。

裁判官が着用するカツラは、白い縮れ毛が垂れ下がった「フルボトム」と呼ばれる儀式用のカツラと、法廷で着用する「ボブウィグ」または「ベンチウィグ」と呼ばれるカツラがあり、「フルボトム」というカツラはおよそ2,000ポンド(約40万円)、「ボブウィグ」や「ベンチウィグ」は800ポンド(約16万円)くらいとのことです。

see also・・
カツラ選びの大原則   イギリスの法廷弁護士さんたちが被るカツラについて
伝統のカツラ着用義務、民事裁判に限り撤廃に   ついに着用【義務】が撤廃され、自由に。

17世紀以来のかつら廃止? 「時代遅れ」と英裁判所
英南部イングランドと西部ウェールズの裁判所を管轄する司法当局
が、17世紀以来、両地方の裁判官らが
news.goo.ne.jp/article/kyodo/world/20070122a3880.html
英国伝統の裁判官用「かつら」、民事事件の裁判では着用を取りやめへ
英国の法廷では裁判官や弁護士などがかつらやローブ(長い上着)
を身につけることが伝統となっている
www.japanjournals.com/dailynews/070112/news070112_1.html
2007.01.26 | 12:23 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<世界遺産候補に富士山など4件を追加掲載 | ホーム | トルコ、アルメニア系編集者殺害される>>
コメント
失礼いたします。
> 管理人様

そうですか。いよいよ廃止ですか。
かつら、色々と思うところはあるのですが、拙僧は常に頭は剃髪状態なので、スースーしております。或る時、風の強い日に坊さんの友人と、「今日の風ならヅラが飛ぶな」とかいっていたところ、前を歩いていたおばさんに爆笑されました。まぁ、拙僧の頭はピカピカでしたので。

しかし、このカツラ、初めて見たら笑って裁判にならなそうです。
by:tenjin95 | URL | 2007.01.26 13:07 [編集] |
tenjin95さんへ
…ひょっとして、時代劇の役者みたいに「ハゲた」ヅラをご使用なさっているとか。って、そんなわけないですよね。i-237

傍聴は無料ですので、ぜひ行ってみて下さい♪i-234
by:valvane | URL | 2007.01.26 13:35 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/601-90fd04c3
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。