旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
トルコ、アルメニア系編集者殺害される
今月19日、トルコのイスタンブール市内において、長年オスマン・トルコ時代の「アルメニア人大虐殺」について執筆してきた、アルメニア系トルコ人のフラント・ディンク氏(52)が殺害されました。事務所をちょうど出たところで頭や首を撃たれ、ほぼ即死だったそうです。

事件現場から逃走するサマスト容疑者 by CNN警察当局の発表によると、警察は首謀者としてオグン・サマスト容疑者(17)を拘束。他にも事件に関与した疑いで、少なくとも12人が拘束されました。犯人の少年は、トルコ北部トラブゾン出身で、過激なトルコ民族主義組織に関係していたとみられています。
…が、オグン・サマスト容疑者は薬物中毒者であり、民族主義的な新聞にも容疑者の若者を支持するような声は出ていないとのことです。しかし、容疑者が何を考えてこのような行動に及んだのか、何も考えていなかったのかは分かりませんが、フラント・ディンク氏殺害事件は、トルコのEU加盟問題はもちろん、5月の大統領選挙と11月の総選挙にも影響を及ぼしそうです。

                         写真 = 事件現場から逃走するサマスト容疑者 by CNN

ちなみに…
フラント・ディンク氏はアルメニア語とトルコ語による週刊紙「アゴス」の編集長として、トルコではタブーとされる、第一次大戦中に起きたオスマン帝国軍による「アルメニア人大虐殺」について、「民族虐殺」だったと主張。民族主義者からの反発はもちろん、2005年には、国家侮辱罪で禁固6ヶ月(執行猶予付き)の有罪判決も受けていました。

『国家侮辱罪』…!

昨年、トルコで初めてノーベル文学賞を受賞した、オルハン・パムク氏もまた、アルメニア人虐殺問題の発言で起訴されていますが、トルコはアルメニア人虐殺を含め、国家を侮辱する言動を法律で禁じています。そのため、トルコの加盟問題を抱えるEUは、トルコ刑法が国家や軍に対する侮辱罪を設けていることについて、言論の自由を阻むものとして改正・廃止を求めています。

アゴス紙の事務所前に到着したディンク氏の棺 by CNNそんなこともあり、このフラント・ディンク氏殺害事件後すぐ、穏健イスラム派のエルドアン首相は「ディンク氏に向けられた銃弾は、われわれすべてに向けられたものだ」と、暗殺を厳しく糾弾。警察も犯人のビデオを公開することで、スピード逮捕にこぎつけました。これについて一橋大大学院教授の内藤正典氏は、「停滞している欧州連合(EU)加盟交渉に与える影響を最小限に食い止めようという意図が感じられる。」と評しています。

写真 = アゴス紙の事務所前に到着したディンク氏の棺 by CNN


フラント・ディンク氏の葬儀は、23日に行われ、数万人の参列者がディンク氏が生前創刊したアルメニア語とトルコ語の2言語の新聞「アゴス」の事務所から、アルメニア正教教会まで行進しました。葬儀では荘厳な音楽が流れる中、白いハトが放たれたとのことです。


トルコ記者暗殺事件、10代少年が犯行自供
トルコのアルメニア系トルコ人ジャーナリスト、フラント・ディンク氏
が19日に暗殺された事件で、当地の警察
www.cnn.co.jp/world/CNN200701210010.html
アルメニア系編集者射殺 極右17歳少年を逮捕
トルコのアルメニア系ジャーナリスト、フラント・ディンク氏(52)が
19日、イスタンブールの事務所前で
news.goo.ne.jp/article/sankei/world/europe/m20070122016.html
暗殺されたトルコ記者の葬儀、大勢の市民が参列
19日に17歳の少年に暗殺されたトルコのアルメニア系トルコ人
ジャーナリスト、フラント・ディンク氏の葬儀
www.cnn.co.jp/world/CNN200701240005.html
2007.01.24 | 23:43 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<イギリスの裁判所、伝統のカツラを廃止方向で検討 | ホーム | ドイツの「鉤十字禁止」拡大方針にヒンドゥー教徒が反発>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/600-1415f337
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。