旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
南京虫被害で賠償金数億円?
「南京虫に食われ、肉体的精神的苦痛を負った」 として数億円の賠償金支払いを求めて提訴したのは、アメリカ、ニューヨークに住む著名な弁護士のシドニー・ブラミング夫妻。昨年5月、会議出席のため、ロンドンの最高級ホテル、マンダリン・オリエンタル・ハイドパークに宿泊した際、南京虫と見られる虫の被害に遭ったという。ブラミング夫妻は「南京虫は荷物に入り込み、ニューヨークの自宅アパートにまで侵入、アパートを消毒せざるを得なくなった。」と主張しているそうですが、

マンダリン・オリエンタル・ハイドパークに、南京虫??

で、 …数億円払え?? 


ロンドン〈2006~2007年版〉
「地球の歩き方」編集室
ダイヤモンドビッグ社
売り上げランキング: 11366

バックパッカーであってもなくても、自由旅行には
欠かせない旅の1冊。安宿満載!
安宿でも、南京虫は… いないと思うけど?



安宿でも、そうそうお目にかかるものではないです。南京虫だなんて。南京虫に食われた話は、ときどき聞きますが、それはトルコやアジアの国での話。イギリスで南京虫にやられた…?? それは、聞いたことがないです。しかも、「マンダリン・オリエンタル・ハイドパーク」で…? 

真実は分かりませんが、…元々ニューヨークのアパートで繁殖していたものだったり、、ってことはないですか? 2006/9/20付けデイリーニューズ紙に載っていたそうですが、ニューヨークでは南京虫(bedbug)が大量発生しているそうじゃないですか。駆除業者によると、「南京虫の件で去年は928件寄せられた苦情が、今年度は4638件に増えている」そうですし…。提訴しておいて、もし、自宅が発生源だった( !)、なんてことにでもなったら、恥ずかしいですね;;

それにしても、…数億円かぁ。
吹っかけているのでしょうが、すごいです。最高級ホテルでの南京虫被害だからだと思いますが、南京虫に食われたことで賠償金が認められるなら、金額は下がるとしても、安宿での被害も、賠償金を払ってもらうことができるということになるんでしょうか…?


see also・・
フランス国鉄、一部寝台車輌を使用中止

南京虫に食われ賠償金数億円? 英最高級ホテルの宿泊客
ロンドンの最高級ホテル、マンダリン・オリエンタル・ハイドパ
ークに宿泊した米国人夫妻が南京虫に食われ
www.asahi.com
え?嘘でしょ、ネズミと南京虫の出るニューヨーク
東南アジアの安宿でもないのに、ニューヨークで南京虫(bedbug)
が大量発生しているというのだ。
news.livedoor.com
2007.01.19 | 11:03 | 世界のちょいネタニュース | Comment (6) Trackback (0)
<<シベリア鉄道が男女別に | ホーム | ドラキュラ城、93億円で売り出し>>
コメント
こんにちは!
 びっくりですね!!と言いつつ、結構欧米のホテルでなら意外にありうるのではと思う自分もいます。アジアも少し高級のホテルの方が、気をつけているような気も・・。私はコルチェスターに友達がいるのでよく泊まりますが、今まで南京虫に出くわしたことはありません・・
それではまた!!
by:Artie | URL | 2007.01.19 13:59 [編集] |
Artieさんへ
私が泊まった、トルコの安宿のおじさんはしょっちゅうマットレスの消毒をしているようでした。意外とArtieさんも言われるように、欧米系のホテルの方が何もしていなくて、もし誰かが「持込み」した場合には、繁殖に向いているのかもしれませんね。
でも、私もイギリスで南京虫にやられたことはないですー!i-237
by:valvane | URL | 2007.01.19 14:20 [編集] |
ポルトガルでやられました
ポルトガル、全体的に清潔でよかったのですが、一軒だけ南京虫かダニが出たところがありましたねー。そこ、飾りなんだろうケド、壁になんとも言えず幽霊のような女性の絵が飾ってありました・・・。一晩だけでよかった宿です。
by:プリシラ | URL | 2007.01.19 17:04 [編集] |
プリシラさんへ
南京虫、ポルトガルに生息していましたか。
安眠できない宿って、嫌ですね。
by:valvane | URL | 2007.01.19 19:54 [編集] |
さすがアメリカ人(笑)
「自分の不幸は責任を果たさなかった企業の所為だ」として直ぐ裁判を始めますからね。そのエネルギーは何か他のことに使えないのかと思ってしまいますが…。
by:只今 | URL | 2007.01.20 06:47 [編集] |
只今さんへ
アメリカ人… 要るところでも要らないところでもエネルギッシュですからね~。特にアメリカの弁護士の感覚からすると、「勝てなくてナンボ。賠償金を勝ち取れれば儲け。」的な気分でやっているのかもしれませんね。なんせ、弁護士費用はかからないわけですし。v-8
by:valvane | URL | 2007.01.21 11:53 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/595-45d7b6f0
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。