旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
コモドドラゴンが「処女懐胎」
コモドドラゴン――。インドネシアに生息する、世界最大のトカゲ(最長3.5m)ですが、そのコモドドラゴンが、交配せずに単為生殖していたことが判明しました。

この単為生殖していたことが判明したのは、イギリス、チェスター動物園で飼育されていたコモドドラゴン「フローラ」。フローラは今年5月、8個の卵を産卵しましたが、これまでオスと交配したこともなければ、オスと同じ空間にいたこともありませんでした。それなのに「産卵したということで、孵化する前に割れた卵3個を調べたところ、単為生殖であったことが判明したそうです。しかも、このコモドドラゴンが単為生殖していたとの報告を受けたロンドン動物園が、今年初めに産卵したコモドドラゴンの子供4匹を調査したところ、なんとそちらのメスも単為生殖していたことがわかりました。オスがいなくても子供が生まれるなんて、びっくりですよね~


英ロンドン動物園で単為生殖の卵からかえったコモドオオトカゲの子。 by 時事通信






写真は英ロンドン動物園で単為生殖の卵からかえったコモドオオトカゲの子。 (時事通信)
(英ネイチャー誌提供)


なお、このチェスター動物園のコモドドラゴン、フローラの卵は、ちょうどクリスマス前後に孵化しそうということもあって、イギリスでは聖母マリアになぞらえて、「処女懐胎 と注目を集めたそうですが、残念ながら(?)子供はクリスマスより早く生まれちゃいました。

それでも、トカゲ類の中には雌単独の単為生殖を行う種もあるものの、コモドドラゴンで確認されたのは初めてだそうで、世紀の大発見には違いないですけどね。


関連エントリー:
コモドドラゴンに咬まれ、8歳男児死亡
ダイビング中に遭難の女性、コモドドラゴンを撃退、生還
コモドドラゴンが生息する公園に無断で立ち入り、漁師死亡
コモドドラゴン、血の凝固を妨げる毒を持っていたことが判明

コモドオオトカゲが「処女受胎」、誕生はクリスマス前後
英国の動物園で飼育されている世界最大のトカゲ、
コモドオオトカゲが、単為生殖
www.cnn.co.jp
2006.12.26 | 13:56 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<ホッキョクグマ、アメリカ政府も絶滅危惧種指定へ | ホーム | 聖山アトスの修道士が修道院を破壊?!>>
コメント
年末のご挨拶に寄りました
来年もよろしくお願いします
by:zerobase | URL | 2006.12.27 09:52 [編集] |
zerobaseさんへ
わざわざご挨拶いただきまして、ありがとうございます。
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。
by:valvane | URL | 2006.12.30 02:24 [編集] |
こんにちわ
これは驚きましたね。
さすが恐竜の仲間というかんじです。
生命の神秘ですね。

今年もお世話になりました。
そして、また来年もよろしくです^^
by:YAN-C | URL | 2006.12.30 11:31 [編集] |
YAN-Cさんへ
オスがいなくても子供を産めるなんて、すごいですよね。また、メスだけで生んだ場合、生まれた子はオスになるそうで、今度はその生まれたオスと交わって種を増やしていくことが出来るようになるそうです。これも驚きでした。

こちらこそ、大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。
by:valvane | URL | 2006.12.30 11:46 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/579-c7035601
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。