旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
トルクメニスタンの独裁者、ニヤゾフ大統領が死去
サパルムラト・ニヤゾフ大統領 by CNNトルクメニスタンの独裁者
ニヤゾフ大統領が
亡くなりました


(写真は在りし日のニヤゾフ大統領 by CNN)

人が亡くなったと言う話を喜んではいけないかもしれませんが、このニヤゾフ大統領に関しては、トルクメニスタンの国を挙げての『祝賀』とされてもおかしくないでしょう… なぜなら、彼、ニヤゾフ大統領の独裁は、常軌を逸したものだったからです! 心不全、万歳!

…と、ここでニヤゾフ大統領の業績(独裁)の数々を振り返ってみましょう。。


ニヤゾフ大統領は、旧ソ連時代の85年、トルクメン共和国の共産党第1書記に就任。90年10月には大統領に就任して、91年にソ連から独立し、国名をトルクメニスタンと改称する。
…は、いいとして

議会が99年に大統領の任期を無期限と定めた後、2002年に国民評議会はニヤゾフ大統領を「終身大統領」と決め、独裁体制を確立させた。
もちろん、議会に圧力をかけて。

そして独裁体制の中で何をやったかと言えば、バカバカしくも迷惑なことばかり。
例えば、

・ ニヤゾフ大統領自身の肖像を、紙幣に採用。
・ 首都内外の各地に自身の銅像を設置。
  多くに金箔が施され、太陽の向きに向かって動く金の銅像も存在する。
・ 神の啓示を受けて書いたと言う、自著「ルフナマ」をコーランに匹敵する書物として美化し、学校
  や職場で聖典として読むことを義務付けた。(拒否したモスクを閉鎖)
・ バレエの上演を禁止。(「白鳥の湖」の男性ダンサーの衣装が、気に入らなかったため。)
・ 女性の金歯は禁止。(女性には金歯が似合わない、という理由。)
・ テレビ司会者の化粧は禁止。(男なのか女なのかわからなくなる、という理由。)
・ 公共行事、テレビ、結婚式での録音された音楽の使用禁止。(トルクメニスタンの文化をネガティ
  ブな影響から守る必要があるため。)
・ 口パクは禁止。(口パクは歌唱や音楽の発展を阻害する、という理由。)
・ タバコは禁止。(ニヤゾフ大統領はガン手術を受けており、禁煙中のため。)
・ 8月15日をメロンの日に制定。(ニヤゾフ大統領の大好物は、メロンであるため。)
・ 若者のひげは禁止。(見苦しい、という理由。)
・ 首都以外の病院を閉鎖。(病人は首都まで行けば良い、という理由。)
・ 首都以外の図書館を閉鎖。(どっちにしろ字が読めないんだから、要らないだろう、という理由。)
・ 1年12ヶ月の「月」の呼び名を、ニヤゾフ大統領自身やその母親らの名前に変更。
・ 「人生サイクル令」公布
  13歳までは「幼年期」、25歳までは「若年期」、37歳までは「青年期」、49歳までは「熟年期」、
  61歳までは「予言期」(?)、大統領自身が属する62歳から73歳までは「霊感期」(??)、
  85歳から「老年期」が始まり、97歳まで生きた人はトルクメン人の始祖の「オグズハーン」の
  称号がもらえるとするもの。


あ~っ!バカバカしい!




関連エントリー :
「インターネットの敵」13ヶ国

独裁体制20年、ニヤゾフ大統領が死去 トルクメニスタン
中央アジア南西部トルクメニスタンのニヤゾフ大統領が21日
未明、心不全のため亡くなった。66歳。
www.cnn.co.jp
2006.12.22 | 05:06 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (1)
<<「トムとジェリー」生みの親、ジョゼフ・バーベラ氏死去 | ホーム | 若い男性を狙ったレイプ事件が続発>>
コメント
バカバカしくも
口パク、タバコ禁止にはこっそり賛成・・・したりして。

いやいや、独裁者って子供なんですか!
by:プリシラ | URL | 2006.12.23 20:21 [編集] |
プリシラさんへ
タバコ禁止は私も賛成ですが、自分が吸う空気を汚すな、って発想はね~。
まったく、大きな(大きすぎる)子供です。i-181
by:valvane | URL | 2006.12.23 21:04 [編集] |
「酒池肉林」という言葉に敏感な年末年始

こんばんは。

独裁かー、ええの~やりたい放題じゃの~。
タバコ禁止にはおおいに反対で。そこだけは受け入れね、つーか無理。

内容見る限り総合的に損してる。うん。上記の内容を見るだけでは。まだ外貨獲得に必死になってもいいかなと。でも賄賂要求は

やめてー

パスポート返してー

やめてー


あっ、わかった。オレ今かなり宴してぇ
by:m | URL | 2006.12.26 04:20 [編集] |
mさんへ
今はどこぞの国でお酒飲まれてますか?
なんだか、酔われているようなコメントですね~。i-229
by:valvane | URL | 2006.12.26 10:47 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/575-12f88735
トルクメニスタンのニヤゾフ終身大統領死去
トルクメニスタンのニヤゾフ大統領が死去しました。

つらつら日暮らし | 2006.12.22 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。